ツイート

 

皆さま、おはようございます。海洋生態系担当の岡田です。

長い人では9日間のお休みとなった今年のゴールデンウィーク。いかがお過ごしでしたか?金曜日ともなれば休みボケもすでに解消されているはずですが、、、長期休暇の後の5日間連続勤務はやはり疲れやすいもの。今日は、その疲れた頭も冴える少々ショッキングな内容を含むレポート『変化の波ータイの遠洋漁業における人権侵害と違法漁業』の紹介です。

このレポートは、グリーンピース・東南アジアの調査チームが、タイの水産業界のサプライチェーンにおける、1年にも及ぶ独自の調査を基に書いたレポート『Turn The Tide』の日本語版です。

漁船運営業者は洋上転載がお好き?

冷蔵機能がついた大型の運搬船、いわゆるリーファーを利用し、海上での漁獲物の積み換えをすることを、洋上転載と言います。リーファーは、同時に漁船に食料などの物資の供給や労働者の補充なども行なっており、これにより漁船は一度も港に戻ることなく、何カ月も何年も操業を続けています。漁船を運営する会社にとっては、このように長い間、帰港せず操業を続けられるので、燃料や時間を大幅に節約でき、ひいては1隻あたりの漁獲効率も上がります。

 

洋上転載で漁船は「大海の孤島」に!

洋上転載により、漁船は監視の目のない広い洋上で長いあいだ孤立します。漁船の乗組員、特に人身売買され過重労働を強制されている漁師にとっては、この環境が何を意味するか誰の目にも明らかでしょう。どんな扱いを受けても逃げ出す事のできない地獄のような大海の中の孤島となってしまう可能性があるのです。

漁師たちの衝撃的証言

漁師A「ここから逃れるために海に飛び込んでも、サメに食べられるかもしれないと思うと恐ろしかった。実際6人のタイ人漁師が過重労働と虐待に耐えられず海に飛び込んだが、4人は捕まって体罰を与えられ、他の2人は嵐の海に姿が見えなくなった。」 
漁師B「消費者には、彼らが食べている魚介類は、我々の過重労働、虐待・苦しみによって得られたものだと伝えたい。魚を食べる時には、我々のことを思い出して欲しい。」 

脚気の集団発生

グリーンピースの調査チームは、漁師の死亡事件を調査し、驚いたことに、死因は遠洋底引き網漁船で集団発生した脚気(かっけ)だったと突きとめました。脚気は21世紀の現代では容易に防ぐことができる病気です。ましてや、何億ドルをも稼ぎ出すマグロ漁船上で集団発生するような病気ではないはずなのです。しかし、不十分で偏った食事による栄養失調(ビタミンB1欠乏)・過重労働・洋上転載に起因する長期の連続勤務が原因で集団発生した脚気により、入院を余儀なくされた人たち、さらには死を伴う犠牲者も出ました。

アオウミガメなどの海洋生物の脆弱な楽園が違法漁業の餌食に

マダガスカル島北端から1,300kmほどの位置にあるサヤ・デ・マルハ・バンク。およそ4万km2の海域です。その10-20%がサンゴで覆われており、それ以外はすべて海草藻場です。この海域は、アオウミガメの餌場であり、シロナガスクジラやザトウクジラの主要な繁殖地でもあります。この脆弱かつ生態系の豊かな海域は実質、無規制海域で、環境や生態系に負荷の高い中層・底引き網漁を中心に操業が行われています。さらには、違法に獲られたサメを洋上転載し、タイの水産拠点に運送していました。

人権問題・IUU漁業に由来するお魚を私たちが食べる可能性

レポート『変化の波ータイの遠洋漁業における人権侵害と違法漁業』では、人権問題やIUU漁業などの違法行為を通して獲られた魚が、「すり身」の原料として使用されています。こうして作られた「すり身」の多くは、日本に輸出され、カニカマなどの練り物やペットフードなどに使用されています。つまり、洋上転載を行なっている限り、人権問題やIUU漁業に由来する魚を口にする可能性をゼロにすることは不可能に近いのです。

スーパーに声を届けよう!!

レポート『変化の波ータイの遠洋漁業における人権侵害と違法漁業』(リンクはこちら)では、タイ遠洋漁業界にはびこる深刻な人権問題、違法(illegal)・無報告(unreported)・無規制(unregulated)漁業、いわゆるIUU漁業は、洋上転載により助長されていることを明らかにしています。

長期にわたり人権侵害を受けている漁師さん達、不必要にダメージを被っている海洋生物やその生息域を守るためにも、“洋上転載に由来する海産物を売らないでほしい”と思った皆さん。消費者がその声を伝えることにより、ペットフードメーカーのネスレやマースは洋上転載を取り締まることを発表しました(リンクはこちら)。

私たち一人ひとりの力が企業を、社会を変えるのです。皆さんもお近くのスーパーに声を届けましょう。 

スーパーに声を届けよう>

 グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や生態系への影響を明らかにしています。寄付という形でも一緒にグリーンピースを応援していただけませんか?

寄付する 

おすすめの読み物
『サプライチェーンの裏側ー世界のマグロ産業にはびこる人権問題(日本語版)
『日本もはじめました!チリの海をサーモン養殖の影響から守る署名』 
『食卓のサーモンが、イルカやクジラの海を汚す』


ツイート

グリーンピース・ジャパン

About the author

グリーンピース・ジャパン
グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。世界中の300万人以上の人々からの寄付に支えられ、企業や政府、一般の人々により良い代替策を求める活動を行っています。ぜひ私たちと一緒に、行動してください。

Comments

あなたの返答を残す