こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。

原子力規制委員会は今日、関西電力高浜原発1,2号機の運転期間延長を認可しました(6月20日)。

また今回も、実質的な議論もなく、規制庁の説明の後、粛々と認可されました。

老朽原発だった東電福島原発の事故の反省から、「原発は40年で廃炉」という原則が法律になってから、はじめての40年超え原発の期間延長。

さぞや大量の”審査書”となるだろうと思ったら、「審査の結果」のペーパーは、30ページちょっとでした。再稼働のときの審査書は400ページ近くあったので、「薄いっ」と思いました。

原発の劣化状況やそれを踏まえての耐震性などに問題なしとする審査結果で、これまでの会合では、いろいろな議論がたくさんあったのに、市民に公開・説明する部分がだんだん少なくなっているのではないかと思ってしまいます。

原発は危険ですが、老朽化するともっと危険です。

  • そもそも設計が古い(1970年代の設計)
  • 金属やコンクリートが劣化して壊れやすくなる
  • 検査できるのは一部分(人間が入れないところ、見れないところあり)

そんなわけもあり、世界で閉鎖した原発の平均寿命は24.7年です。

がっかりだけど、まだ、裁判があります!

がっかりですが、言語同断ですが、でも、

認可はおりたものの、実際の再稼働は、2019年以降です。

東京電力福島原発事故のあとにつくられた新規制基準に対応するためのいろいろな追加工事…防潮堤の建設とか、電源強化とかの工事があるからです。

その工事には、2000億円以上かかり、期間も3年くらいかかります。

もったいない!とは思いませんか?

だから、本格工事が始まる前に、裁判でがんばって、勝って、止めてしまいたいと思います。

(写真は、原子力規制委員会の入っているビルの前でのアピール 6月20日)

がんばって、裁判で、高浜原発 みんなでとめよう

実は、76人の住民が、原子力規制委員会を相手に、認可の取り消しを求めて裁判を起こしています。(グリーンピースのスタッフも原告になっています)

その裁判の第1回口頭弁論が7月13日、名古屋地裁で行われます。

わたしも行きます。

ぜひ、応援してください。今、応援の横断幕を作っています。

あなたの応援を、こちらから、ぜひ、お寄せください。全国から応援が集まっていることを伝えるために、一人でも多くの”顔”が必要です。

facebookをお持ちの方は、クリックするだけで、すぐ参加できます。 ぜひ、お願いします。

Facebookを使って顔写真を送る >


高浜原発1,2号機訴訟について
被告:国(原子力規制委員会)
対象原発:関西電力高浜原発1,2号機
原告:日本国内に住む20歳以上の住民
裁判所:名古屋地方裁判所
提訴日:2016年4月14日
第一回口頭弁論:2016年7月13日
原告に応募するにはこちらをごらんください。
いっしょに、高浜原発1,2号機の運転をとめましょう!



<<関連ブログ>>

20年延長?原発はそんなにもたない

あなたの”顔”を届けます【高浜原発訴訟 応援! フェイスプロジェクト】

老朽原発の運転延長認めちゃっていいの?

原子力規制庁に聞きました。老朽原発の審査、どうなっているの?編その2 審査のズルを問う

原子力規制庁に聞きました。老朽原発の審査、どうなっているの?編 その1

原子力“規制”委員会というより原子力ムラ“応援団” 傍聴してきました: 高浜原発1,2号機 議論ナシで再稼働へのステップ許可

高浜原発1,2号機、引退を求めて。原告として提訴してきました

いま、グリーンピースが福島県沖海洋調査をする理由

わたしたちの思い、届けてきました。「とめよう再稼働」オンライン署名37,503筆、福井県へ提出

電力自由化スタート!あなたの電力会社、もう決めた?

東日本大震災、福島第一原発事故から5年–原発事故は終わっていない

グリーンピースの活動は、おひとりおひとりの個人の寄付で行っております。自然エネルギーをつかう毎日を実現するために、ぜひご寄付でのご支援も、よろしくお願いします。

寄付する

ライターについて

グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。世界中の300万人以上の人々からの寄付に支えられ、企業や政府、一般の人々により良い代替策を求める活動を行っています。ぜひ私たちと一緒に、行動してください。

グリーンピース・ジャパン

最新情報

Comments

あなたの返答を残す

Discussion

Close