こんにちは、広報の関本です。自分にぴったりのジャケットやスカート、ストールを身に着けると、幸せな気分になりますよね。思わず振り向かれるスタイリッシュな服って憧れます。でも、見た目がステキなだけではなく、環境を汚染しないで作られた服ならどうでしょう? もっと幸せな気分になりますよね!

洋服は、染色や防水加工などの製造段階で有害化学物質を使うことが多く、そういった化学物質は多くの場合、土壌汚染や水質汚染を引き起こすのです。このことを数年前に知ったときはショックでした。

『デトックス・キャットウォーク』

7月5日に発表された第3回『デトックス・キャットウォーク』は、ファッションブランドがどれくらい真剣に、有害物質の全廃(=デトックス)に取り組んでいるかがわかるランキングです。環境にやさしく、しかもファッション性の高い洋服を着たいと思っているあなたに参考にしてもらいたいです! ランキングに入っているのは、2020年までに有害な化学物質の全廃をグリーンピースと合意しているブランドです。なかには、本物の「デトックス」を目指して、より大胆な対策を講じている企業もあります。

ファッションブランドは流行や自社の調達先に大きな影響力を持ち、そのブランドが耳を傾けるのがみなさん、つまり「お客様の声」です。2011年からグリーンピースがファッションブランドに対して『デトックス・キャンペーン』を展開できるのは、みなさんのおかげでもあるのです。

グリーンピースの働きかけにより、これまでにグローバルで事業展開している76のブランド、小売店、原料などの供給業者が「2020年までに有害化学物質全廃」の取り組みに合意しており、ヨーロッパやアジアでは公的な政策変更にもつながりつつあります。

それぞれのブランドを見てみると・・・

H&M
有害物質フリーの未来へ道を切り開く「先取り前衛ブランド Avant-Garde」

H&Mは、リーダーシップを取ることをとても重視しています。自社の有害物質全廃に向けての過程をオープンにし、サプライヤーに対しても本腰を入れた対策を求めています。特に中国のサプライヤーなどに対しては、化学物質の使用状況を公表する計画を作成させるなど強い指導力を発揮し、他企業の先を行くブランドです。

ツイッターでH&Mにメッセージを送ってください。
Keep up the good work @HM and lead the textile sector towards toxic-free future. #DetoxCatwalk http://grnpc.org/IgOhI
(英語で今すぐツイート!)

ファーストリテイリング
ユニクロを展開するファーストリテイリングは、第2グループの「進化系ファッションブランドEvolution Mode」にランクイン

有害物質全廃への合意を表明し、これまで一定の成果はあったものの、2020年までの目標達成にはより早い進化が期待されます。

ファーストリテイリングの、2020年までに有害化学物質の使用・排出を全廃する計画には、先進的な項目が多く、有害化学物質に「安全基準はない」と明確に言っています。しかし、目標達成までの期間短縮や、より有害性の低い代替物質を供給するようサプライヤーに強く求めるなど、同社ができることはまだあります。

ファーストリテイリングは、2016年7月を目途にPFCs(フッ素化合物)を使用しない製品100%を目指していましたが、現時点では98%で、100%達成までにはあと1年かかるとのことです。したがって、今、同社がしなければならないことは、どの製品がPFCsを含み、どの製品が使用していないのかを消費者に対して開示することと、有害化学物質全廃への取り組みの進捗状況をサプライヤーに報告させることです。

ツイッターでユニクロにメッセージを送ってください。
#PFC #fashion is so last season. @UNIQLO_JP keep being part of the solution, not a part of the pollution! #DetoxCatwalk http://grnpc.org/IgOhI
(英語で今すぐツイート!)

ナイキ
最下位グループの「NGファッションブランド Faux Pas」にランキング

残念な取り組みの結果、「デトックス・キャットウォーク」の3つの評価基準の全てで不合格はナイキだけでした。

ナイキは、現在使用するPFCsをこれまでに90%削減したものの、全廃には未だ合意していません。またサプライヤーに対し、有害化学物質の排出データの報告を義務付けておらず、報告義務付けにも合意していません。

ナイキは、速攻 “Just Do It” ですね!

ツイッターでナイキにメッセージを送ってください。
#Fashion should not cost the Earth. @Nike it is time to take responsibility and #Detox! #DetoxCatwalk http://grnpc.org/IgOhI
(英語で今すぐツイート!)

美しいファッションは環境を汚しません! そんな信念でつながるファッショニスタ、エコ・フレンドリーな人々、デザイナーやブロガーのグローバル・ムーブメント「デトックス・キャンペーン」にあなたも参加しませんか?

あまり知られてないのですが、実は、グリーンピースは、政府や企業から
お金をもらっていません。独立した立場だからこそできるこうした活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や汚染を明らかにしています。

エコなファッションをトレンドにするために、1日33円の寄付で
グリーンピースを応援してみませんか?

寄付する

■■ デトックス・キャットウォーク ランキング ■■
ランキングはこちらから(英語)

■ 「先取り前衛ブランド Avant-Garde 」: 3ブランド
有害化学物質全廃の取り組みが順調に進み、2020年の期限を達成するためにスピードアップが必要なブランド

インディテックス Inditex (ZARA)
H&M
ベネトン Benetton Group

■ 「進化系ファッションブランド Evolution Mode」: 12ブランド
有害化学物質全廃に向かって具体的な行動と現場での実施を行っている、業界の「デトックス」をリードするブランド

ファーストリテイリング Fast Retailing (ユニクロ、gu)
シー&エー C&A
ジースター・ロゥ G-Star Raw
マンゴー Mango
Miroglio
ヴァレンティノ Valentiono
アディダス Adidas Group
バーバリー
リーバイス Levi Strauss & Co.
プリマーク Primark
プーマ PUMA
マークス&スペンサー M&S

■ 「NGファッションブランド Faux Pas」: 4ブランド
有害化学物質全廃に合意したにもかかわらず、自社サプライチェーンによる化学物質汚染に責任を取らないなど、間違った方向に進んでいるブランド

Victoria’s Secret
エスプリ ESPRIT
ナイキ Nike, Inc.
李寧 LiNing

日本語での詳しい説明はこちらから

<<こちらもおすすめ>>

【関西電力】再稼動は危険なギャンブル

【東京電力】汚染水の海洋放出は禁止を

裁判でがんばる。動かさない。

20年延長?原発はそんなにもたない

「ルール通りの農薬管理」の落とし穴

ハッピー「ワールドオーシャンズデイ」! 世界の海でステキな変化が

生物多様性の日に贈る、地球上のかわいい生きもの7選

ただ今、インド洋をパトロール中!

世界で一番美しいサンゴ礁、グレートバリアリーフが直面しているリアル

調査結果を発表!「有機食品を増やす予定なし」ってどういうことですか?

ライターについて

グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。世界中の300万人以上の人々からの寄付に支えられ、企業や政府、一般の人々により良い代替策を求める活動を行っています。ぜひ私たちと一緒に、行動してください。

グリーンピース・ジャパン

最新情報

Comments

あなたの返答を残す

Discussion

Close