週末は自然の癒しを求めて山にいます。広報担当の土屋です。

今日は自然やアウトドア好きな皆さんとシェアしたい、とてもうれしいお知らせがあります! 

ついに!アウトドア製品のリーダー企業が環境に影響のある有害化学物質(PFCs)廃止を宣言

日本でも、GORE-TEX®(ゴアテックス)と書かれたアウトドア製品、よく目にしますよね?そのメーカーであるゴア社は、ノースフェイスやマムートといった有名ブランドにも防水加工の素材を供給しています。 

そのゴア社が今日、ヨーロッパ最大のアウトドア製品の展示会にてPFCs(フッ素化合物)という有害化学物質の使用廃止」を宣言しました。

 グリーンピース、デトックス・キャンペーン 山の上で有害化学物質の調査
写真:中国の山で、雪と水のサンプルを採取するグリーンピースのチーム

そもそもPFCsってなにが悪いの?

PFCsはフッ素化合物で、主に衣類の防水・はっ水加工に使用される物質です。PFCsは環境に蓄積することから、問題視されています。

グリーンピースがPFCsを使用した製品を販売しているアウトドアショップの空気を採取し検査したところ、PFCsが検出されました。(詳しくは英語のレポートをご確認ください

これまで多くの研究結果から、一部のPFCsの中では、環境だけではなく、生きものの体内に蓄積し、さまざまな機能に悪影響をもたらすことが明らかになってきました。

生きものの生殖能力の阻害腫瘍の拡張ホルモンシステムに影響を与えることなどから、有害とされています。

グリーンピース、北極に暮らすホッキョクグマの家族

写真:ホッキョクグマの家族

一部のPFCsは、山や湖といった環境中に蓄積するだけでなく、北極のホッキョクグマの内臓や、ひとの血液内にも蓄積されているのが見つかっています。グリーンピースでも継続的に、山や河川で有害化学物質の調査を行っています。

 悪天候にも耐えられるアウトドア製品を着て大自然に出かけることが、自然やそこで暮らす生きものたちの暮らしを脅かすことにつながっていたのです。

 グリーンピース、デトックス・キャンペーン 河川で有害化学物質の調査

写真:スイスの湖でも雪と水のサンプルを採取

自然を守りたいという人々の声が大企業を動かした!

グリーンピースは、スポーツ・衣類のブランドに、遅くとも2020年までに有害化学物質の使用・排出をゼロにするよう、「デトックス・キャンペーン」という活動を2011年3月に始めました。

これまでに日本企業のユニクロを含む、世界中の34ブランドがPFCsを全廃する期日を明言しています(2016年時点)。

2015年のグリーンピースの調査で、ほとんど大手のアウトドアブランドが製品を作る過程でPFCsの使用を認めていました。しかし、これまで大きな進展はみられませんでした。 

今回、何万という自然を愛する人々の声が、ゴア社の方針転換を後押ししたのです。

グリーンピース、デトックス・キャンペーン ノースフェイス

写真:ノースフェイスに有害化学物質の使用をやめるよう求める人々。寒そうです!

ゴア社が約束したロードマップはこちらです。

より環境に優しい耐候性・防水技術を開発することで、

2020年までに、全製品の85%にあたるアウトドア製品からPFCsを除外

2023年までに、残りの15%にあたる特殊な防水製品からPFCsを除外

より詳しく、ゴア社のプレスリリースからも確認できます。

どんな悪天候にも耐えうる防水技術を牽引する、ゴア社。マーケットリーダーがエコな技術開発に乗り出すことで、これからアウトドア市場全体へポジティブな変革を与えてくれるでしょう!

グリーンピース

※追記:2月9日に「そもそもPFCsってなにが悪いの?」の段落で、PFCsの影響について、「一部のPFCs」という表記に変更しました。

グリーンピースは、企業や政府から財政支援を受けずに、個人の方の寄付で活動しています。

独立しているからこそできるこうした活動で、緑豊かで平和な未来を実現するため、ぜひご寄付という形で今後の活動へのご支援・ご協力をお願いいたします。

寄付する

 

【グリーンピースのブログ】
アウトドア製品も「デトックス」を!  みんなが選んだアウトドアグッズ、有害化学物質は使われている?

やっぱりなかった!? 本マグロを売らずに守るお店

みんなの声が力に!ついに政府が「農薬の使用規制」の方針を表明しました!

2017年の抱負 グリーンピースが取り組む4つのこと

1607人の応援を心に!高浜裁判傍聴記(第1回口頭弁論)

裁判でがんばる。動かさない。
20年延長?原発はそんなにもたない
原子力規制庁に聞きました。老朽原発の審査、どうなっているの?編その2 審査のズルを問う
原子力規制庁に聞きました。老朽原発の審査、どうなっているの?編 その1
原子力“規制”委員会というより原子力ムラ“応援団” 傍聴してきました: 高浜原発1,2号機 議論ナシで再稼働へのステップ許可
高浜原発1,2号機、引退を求めて。原告として提訴してきました
高浜原発の避難訓練は誰のため? 参加住民はごくわずか  

 

ライターについて

グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。世界中の300万人以上の人々からの寄付に支えられ、企業や政府、一般の人々により良い代替策を求める活動を行っています。ぜひ私たちと一緒に、行動してください。

グリーンピース・ジャパン

Comments

あなたの返答を残す

Discussion

Close