データ不正のスキャンダルで新聞やテレビを騒がせている神戸製鋼は、原発の部品も作っています。

ウラン燃料を入れる管や、原子炉を冷やすための冷却水循環用ポンプなど重要な機器の部品や原子炉を守る格納容器の素材など、原発のあらゆる分野の部品をつくって、日本中の原発で使われています。

また、配管と機器をつなぐ溶接についても、神戸製鋼はトップメーカーです。

(参考:パンフレット「神戸製鋼グループの原子力技術と製品」

原発部品は大丈夫?

品質管理データが数十年にわたり改ざんされていて、神戸製鋼が不正を行った製品の供給先は約500社とされています。

10月13日、東京電力が、神戸製鋼グループの会社から、データ不正があった部品が供給されていたことを明らかにしました。

他の電力会社では、何も問題はないのでしょうか?心配です。

グリーンピースは、24日、他団体にも連名してもらって、緊急に調査をするよう原子力規制委員会に要請書を送付しました。

神戸製鋼が作っている原発部品には安全上重要なものがたくさんあります。

強度不足などの欠陥があれば、放射能の大量放出を含むような過酷事故にもつながりかねません。

2016年には、フランスで使用中の日本製の原発部品にも強度不足が発覚しました。原子力規制委員会は、日本の原発にも同じメーカーの部品が使われているにも

関わらず、独自のくわしい調査を行うことはありませんでした。

(写真:部品のデータ不正が発覚したフランスのフラマンビル原発へ搬入される蒸気発生器 ©Greenpeace)

フランスでは、仏国原子力安全局が今もまだ調査を継続していますが、日本の原子力規制委員会は、説明責任を果たすことなく、昨年、数週間で日本の原発に強度不足の部品が使われている不安はないと結論を出してしまいました。(くわしくはこちら

不正会社からの自己申告待ちの日本

日本の原子力規制委員会は、今回のスキャンダルに関して、電力会社や神戸製鋼へ、神戸製鋼の部品が使われている原発について、文書での調査指示を出していません。

日本では、不正した神戸製鋼による自己申告待ちの状態です。(10月27日現在)

まず、運転とめて、そして調べて

まず、今動いている関西電力高浜原発3、4号機、九州電力川内原発1、2号機については、停止して、調査し、神戸製鋼製品が使われていれば検査をするべきです。

10月27日には、青森県六ケ所村にあるウラン濃縮工場の機器にも不正品が納品されていたことが明らかになりました。

「神戸製鋼の原発部品は大丈夫なの?」という声をあげて、しっかりとした調査・検査をさせましょう。あなたの声が必要です。

—以下の署名は終了しています。10月31日、原子力規制庁に提出しました。ご協力ありがとうございました。—くわしくはこちらのブログをごらんください。

署名をお願いします。

いますぐ署名する >

原発製品不正発覚と原子力規制庁の動き

10月9日の週    原子力規制事務所経由で各事業者に対し、今回の事案に関係した製品が納入又は使用されていることがわかれば原子力規制庁に連絡するよう伝達

10月13日(金) 東京電力が、福島第二原発の在庫品に不正品あったと発表

10月17日(火) 関西電力、九州電力と面談の際、事実関係の確認含め調査を行うように依頼

10月18日(水) 四国電力と面談の際、事実関係の確認含め調査を行うように依頼

10月23日(月) 電力事業連合(電事連)に対し、事業者の調査状況を11月9日の会合で報告するよう依頼(電事連は、検討すると返答)

10月24日(火) 23日の依頼への返答として、会合での報告を確定的な報告は困難と返答した電事連に対し、会合で調査状況を説明するよう依頼(電事連は、検討すると返答)

10月25日(水)神戸製鋼と面談し、同社の不正問題への対応の説明を受ける。規制庁は、原子力関連製品に問題が確認された場合の情報提供を依頼(神戸製鋼は了解したと回答)

10月26日(木) 日本原燃、ウラン濃縮工場に不正品あったと発表

神戸製鋼の原発技術・製品
PWR用上蓋や湿分分離加熱器(MSR)給水加熱器(FWH)等の熱交換器類
原子炉圧力容器上蓋など原子炉容器用部材をはじめ蒸気発生器用コニカルパーツ、チューブ・シート、また、鍛造品、軽水炉用ジルカロイ被覆管、燃料集合体用チャンネル
使用済燃料および放射性廃棄物の輸送・貯蔵容器(キャスク)の設計・製造

低レベル放射性廃棄物処理技術開発施設(LWTF)をはじめとして、気体・液体・固体状の各種廃棄物を対象とした処理設備・プラントの建設、日本原燃(株)六ヶ所再処理工場のチャンネルボックス等の放射性廃棄物の遠隔ハンドリングと処理・貯蔵システム

材料
制御棒駆動用ステンレス鋼管、給水加熱器用ステンレス鋼管、蒸気タービンブレード材、チタン製冷却管、原子炉・炉内構造物や冷却水循環用ポンプ部品、各種熱交換器伝熱管用のフェロコチューブ、各種の原子炉機器に使用される厚鋼板、溶接材料

 


グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で人のくらしや自然を壊す原発をなくしていきます。ぜひご寄付でわたしたちの活動を支えてくださいませんか?

寄付する 

こちらおオススメ

「消費者と一緒なら、水田でのネオニコ系農薬はやめられます」

消費者も農家も声をあげよう:必要もなく農薬を使わせるしくみはもう終わりに!

福島のお母さんが国連に訴えた 原発事故被害者への人権侵害

40,000羽のペンギンから生き残ったヒナは、たったの2羽。南極で何が起きている?

核兵器と”核の平和利用”は切っても切り離せない

3分の1が違法か無報告!輸入シーフードのリスクが明らかに

ライターについて

グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。世界中の300万人以上の人々からの寄付に支えられ、企業や政府、一般の人々により良い代替策を求める活動を行っています。ぜひ私たちと一緒に、行動してください。

グリーンピース・ジャパン

最新情報

Comments

あなたの返答を残す

Discussion

Close