#食と農業

お肉を減らして心も体も健康に

参加する

こんにちは。グリーンピース・ジャパンのボランティアで作る、チームプランツのメンバーRinaです。

8月7日(水)、お肉を減らした野菜中心の食事「レスミート」の良さを紹介するために開催したチームプランツMeet Upの後半レポートです。

クイズで環境と工業型畜産の関連性について学んだあとは…

レスミートをどう実践する?ディスカッション

ディスカッション中 © Greenpeace

工業型畜産の食品を減らす工夫について、みんなでディスカッションしました。一般的な食生活をしている「ビギナー」・レスミート生活をしている「実践者」・レスミートを広める活動をしている「伝道者」の3つにカテゴライズし、これからそれぞれにあったスタイルでできるアクションを話し合い、グループの代表者が発表しました。ここにお集まりのみなさんは、ビギナー、実践者、伝道者同じくらいの人数でした。

ビギナーの意見

まだ工業型畜産と環境問題についてよく知らなかった人たちは、今回のセッションで初めて知ったことが多かったようです。参加してみて、環境インパクトなどをわかりやすく数字などで知らせていくことが大事だと話してくれました。他には、

  • お肉を食べる頻度を減らし、ヴィーガンのレストランに行ってみる
  • 身近な人にレスミートについて話す
  • 牛乳ではなく植物性食品であるアーモンドミルクを飲む
  • 健康に良く環境負荷の少ない有機野菜をたくさん食べる
  • 和食はお肉が少ないので、和食やマクロビ料理を食べる

という意見も出ました。

実践者チーム © Greenpeace

実践者の意見

レスミートの食生活をしている人は、家族の中で自分だけがレスミートで、ほかの人は全員お肉を食べている家庭が多いようです。そのため、

  • 家族にはお肉を買うけど、少しでも環境に優しい選択をするため、自分は食べない
  • 家族にレスミート料理を振舞う
  • 一緒に工業型畜産に関する動画を見る

このような意見が出ました。ただ、最近は周りに理解してくれる人がふえたそうで、興味を持って聞いてくれる友人もいるなど、ベジタリアンのお店にも行きやすいそうです。少しずつ世論が受け入れてくれる傾向にあるようです。

伝道者の意見

レスミートの良さを世の中に広めている人たちです。ビーガン料理MeetUpの開催、YouTubeやSNSの利用、NGOでの活動など、各自の特性を生かして発信しています。

みなさん共通の意見として、まずは何よりおいしく楽しいレスミート生活をして、その姿をみんなに見せることだそうです。例えば、

  • プラントベースの食事を見てもらって、レスミートに興味を持ってもらう
  • 今回のイベントのような、オーガニックで新鮮な食材を使った安心安全な料理を作って食事会を開き、プラントベースの食事の美味しさを知ってもらう
  • 深刻な問題を真面目に伝えるよりも、ベースは楽しく明るくことを心がける

などの意見が。

そしてレスミートを実践している人は誰しもきっかけがあり、その自分のストーリー(病気の克服など)を伝えてくれました。また、40年植物性だけの80歳の元気なおばあちゃんを紹介したり、アスリートの話題や、明るいニュース(バーガーキングが植物性のパティを導入など)の話題を伝えているそうです。大事なことは、決して押し付けないこと。相手が自発的に知ろうとするまで待つ姿勢が大切だとみなさんおっしゃっていました。

今回のディスカッションも大いに盛り上がりました!意見がたくさん出ましたネ(*^_^*)

ミートアップで多様な意見を聴きたい

今回いろんな人が参加してくださって、中にはレスミートに慎重な人もいました。「プラントベースの食事が健康にいいという情報もあるが、動物性食品が健康にいいという研究結果も世の中にはあり、動物性が悪いとは一概に言えない」「どちらもいいところと悪いところはあるし、極端に走らないほうがいい」という意見もありました。このような意見も大歓迎! みんな考えは多様性があって自由でいいんです(^^)!

違う意見があるからMeet Upの意味があります。今回のイベントでも皆さん自分の考えをしっかり発言していたと思います。1番大切なことは「否定しない」こと。相手の意見を受け入れて、できる限りお互いが歩み寄ることがイベントの目的です。

現代人の食生活はサステナブルな方法をとっているか、地球を守るには何を選択すればいいのか。みなさん今回のイベントを通して、工業型畜産が地球に及ぼす影響と、今後の取り組みについて、新しい気づきを得たり、みんなと話すことでより考えが深まったのではないでしょうか。

美味しい食事に仲間との交流。楽しい夏のイベントでした\(^o^)/

ご参加くださったみなさん、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

私たちがチームプランツです! © Greenpeace

寄稿:チームプランツジャパン Rina

 

チームプランツのロゴができました! インスタもフォローしてね。

 「@teamplantsjapan」で検索!