#プラスチック #海洋生態系

使い捨てプラスチックで海がいっぱいになる前に

政府や企業に伝えよう「いっしょに、プラスチック汚染…

参加する

イギリスの大手スーパー、セインズベリーズ(Sainsburys)は13日、2025年までにプラスチック包装を半分に削減する事を表明しました!

セインズベリーズは1869年創業、イギリス国内シェアNO.3を誇る最大手のスーパーマケット*1で、2018年にグリーンピースUKが行なったスーパーマーケット調査「Checking out on plastics*2では、使い捨てプラスチックへの取り組みに関して英国大手スーパーの中で最下位に位置付けられていました。取り組みが遅れていたセインズベリーズの今回の決断は、、グリーンピースと一緒に働きかけをした何万人もの人々にとっての勝利です。

今回特に注目すべきは、プラスチック包装削減への取り組みだけではなく、再利用、詰め替え可能容器などを大規模に導入していくことの必要性を強調している点にあります。対象は広く、自社ブランド商品のみでなく、その他のブランド商品も含まれていることから、サプライヤーや政府なども含む様々なステークホルダーと積極的に協力し、革新的なソリューションの開発や実行をしていく方針です。特に力を注ぐのは、牛乳の容器、果物や野菜の包装、炭酸飲料や水の容器、フルーツジュースのパッケージで、目標達成のためにグリーンピースとも引き続き協働をし、取り組みの進捗状況を半年毎に公表していく予定です。

単にプラスチックでない素材に切り替えるなどではなく、ここまで大きな方針を最大手のスーパーが掲げる事は初めての事! 

 

今回のセインズベリーズの決断は、今後小売業界にとってグローバルスタンダードになっていくことも期待できます。これをきっかけに世界、そして日本の大手小売にも大きな一歩を踏み出して欲しいですね! また、今回の動きはメーカー側にとってもぜひ注目して欲しい内容。小売業界だけでなく、メーカー各社の今後の動きにも注目していきましょう!

*1 The Guardian

*2 Greenpeace supermarket survey