グリーンピースは政府や企業からの援助をうけず、独立…

参加する

新型コロナウイルスが急激に世界中に広がって、私たちの健康や暮らしを直接脅かし、経済に打撃を与えています。

この危機がいつまでどう続くか見通せなくて、憂鬱な気分になりがちですね。でも、モンシロチョウの飛ぶ春キャベツから、このあと夏野菜づくりへと移っていくであろう畑の風景は、自然のもとで作物が変わらず育ち、恵みをもたらしてくれるという安心感を与えてくれます。

心配なニュースといいニュース

新型コロナウィルス感染症は、人畜共通感染症、つまり動物から人間に伝染する可能性のある病気の一つです。今世紀に入ってからだけでもSARSやMERS、鳥インフルエンザなどいくつもの人畜共通感染症が新たに発生しており、森林破壊などに伴って、今後も頻繁に発生する可能性があります。

でもそれは、私たちは、農業の方法や食べ物をより安全な方向に変えていくことで、その発生の可能性を減らしていくことができる、ということも意味しています。

農業を健康にすることは感染症のリスクを下げること

野生の森を切り開く食肉生産

未知のウイルスに人が遭遇し、感染の発端となる機会は、人間による野生生物の生息地や森林の破壊とともに増加します。これには、今日の食料生産、とくに工業型の食肉生産のモデルとも深く関わっています。

たとえば、パーム油や、カカオ、コーヒーのプランテーションのために自然の森林が大規模に破壊されることは、そこに存在していたウイルスに人が遭遇してしまうリスクの一つです。また、森林を伐採して広大な家畜飼料(遺伝子組み換え大豆など)を栽培したり、森林を開拓して肉牛などの放牧地にする、という工業型畜産モデルは、未知のウイルスに遭遇する危険だけでなく、食料生産に由来する二酸化炭素の排出量の増大にもつながっています。

>>気候変動と感染症についてもっと読む

地球の気温上昇によって、ウイルスを媒介する昆虫等の生息域が広がっていくリスクは、国連の科学機関のひとつ、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)も指摘しています。食肉生産を減らし、安全な生産に切りかえることは、気候危機への対策と相まって、将来のウイルス蔓延のリスクを下げることにつながります。

写真:ブラジルのマトグロッソ地域で行われる飼料生産。森林や野生生物の生息地の破壊を引き起こしている

過密な飼育の工業型畜産

畜産で「生産性を上げる」ために、狭いスペースに家畜が過密に飼育することも、ウイルスリスクの原因の一つとされています。養鶏を例にとってみましょう。

いま、鶏肉の消費は世界全体で急激に伸びています(1975-2015の40年間で3倍以上に)。その背景には、1カ所の養鶏場に何万羽もの鶏を集める工業型の畜産システムがあります。

遺伝的に近い生き物を過密に飼育すると、ウイルスの繁殖と変異の温床となりやすく、その結果、それらの中から人にも危険なウイルスが発生するリスクが高まります。 そうしたウイルスが人間に伝染すると、感染症の蔓延などを引き起こす危険性があります。

ドイツ北部の養鶏場。日本の肉用鶏の過密飼育では、EUの規制の1.4倍〜1.7倍もの密度という

いま、新型コロナウイルスの治療薬として期待を集めている「アビガン」も、2003年2013年にニワトリから人への感染した鳥インフルエンザの治療薬として備蓄されていたものです。

こうしたリスクを下げるには、工業型畜産による大量飼育・大量消費のモデルをやめて、肉の利用を減らし、生態系に則した畜産へとシフトしていくことが有効です。それは同時に、私たちの食生活そのものを健康に、安全にすることでもあります。

気候と健康を守り、経済の回復へ続く道

新型コロナウイルスの危機に直面しているいま、自身と、大切な人やコミュニティを守り、私たちのこの社会が崩壊しないように手を尽くすことがまず第一です。そして、(長い時間がかかるかもしれませんが)危機を乗り越えて、経済を回復させるときには、再びウイルス危機を招かないような方法を選ぶ必要があります。

4月7日に出された政府の緊急経済対策には、長期的な経済回復の対策が示されましたが、それは気候危機を食い止める施策と一貫性をもって実行されなければなりません。食料生産システムを生態系に根ざしたものへとシフトさせる方策も、その一環と位置づける必要があります。

皆さんが、無事にこの危機を乗り越えていけることを願っています。そして一緒にその先の未来を描いていけるよう発信を続けます。

Stay safe!


グリーンピースの活動をサポートする

独自の科学的調査によって、目に見えにくい事実を明らかにし、その事実をもとに政府や企業、国際社会にはたらきかけることで、あらゆる環境問題を解決に導いてきました。私たちの活動の全ては個人からの寄付だけで成り立っています。

未来の世代に美しい環境を残したい。誰もが安心して暮らせる平和な世界を。今日のあなたのご寄付が、自然にも環境にもやさしい社会を実現します。

寄付でサポートする >