Want to do more?
#グリーンピースについて #寄付する グリーンピースに寄付する

グリーンピースは政府や企業からの援助をうけず、独立…

参加する ×

10月8日、東京電力福島原発にたまる放射能汚染水の処分について、政府が福島県の水産加工業者と全国の漁業者の代表の意見を聞く場がもたれ、双方とも、反対の意見を述べました。(放射能汚染水についてはこちら

「魚屋」として当たり前の商売をさせてください 

福島県水産加工業連合会代表の小野利仁さんは、意見表明で、”漁業者の「船」に対して自分たちは「魚屋」。風評の最前線にいる。” と。そして「国の資料も東電の資料も見て検討したけれど、やっぱり納得いかない部分は….」と言いよどんだあと、「皆さん、納得いってません」ときっぱりと言いました。最後に「あたり前のことをさせて下さい。当たり前の商売を、経済活動をさせてください。そういう環境作りに一日でも早くお願いしたいというのが正直なところです」と締めくくりました。

全国の業者を代表して、絶対反対です

全国漁業協同組合連合会会長の岸宏さんは、これまで、原子炉建屋等に流入する前の地下水をくみ上げて浄化処理した後の水の放出を認める苦渋の決断を強いられてきたこと、国及び東電からは処理水を放出しない方針を継続すると聞いていること、今なお多くの業者が水産物の売り先を失った状況が続いている現状について話しました。

そして、海洋放出が決定されれば、今までの漁業者の努力が水泡に帰するとして、「全国の漁業者を代表し絶対反対であります」と訴えました。

多くの意見表明者が「反対」を表明

これまで、関係者の意見を聞く場は、今回をあわせて7回開かれています。

いずれもコロナ禍の中で、一般傍聴も許されず、テレビ会議の形でおこなわれてきました。

そして、以下の通り、出席者の多くが、「反対」を表明してきました。

2020年4月6日 第1回

福島県知事、福島県町村会会長、相馬市長、南相馬市長、新地町長、飯舘村長、福島県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長、福島県商工会議所連合会会長、福島県森林組合連合会会長、福島県漁業協同組合連合会会長が意見表明。

・福島県漁連と福島県森林組合が海洋放出反対を明確に表明しました。

2020年4月13日 第2回

福島県農業協同組合中央会会長、いわき市長、双葉町長、 富岡町長、広野町長、 葛尾村長、 楢葉町長、川内村長、 大熊町長、浪江町長が意見表明。

・福島県農業協同組合中央会が明確に反対したほか、多くの首長が懸念を表明しました。

2020年5月11日 第3回

日本経済団体連合会専務理事、日本旅行業協会理事長、 全国旅行業協会専務理事、 日本スーパーマーケット協会専務理事、日本チェーンストア協会専務理事が意見表明。

・海洋放出を支持する意見もありましたが、すべての参加者が風評被害について懸念を述べました。

2020年6月30日 第4回 

全国商工会連合会 事務局長、日本ボランタリーチェーン協会常務理事、全国消費者団体連絡会事務局長が意見表明 

・すべての参加者が風評被害について懸念を述べました。理解なしに処分を決めるべきでないとの意見もありました。

2020年7月17日 第5回

福島県議会議長、 福島県青果市場連合会会長、 福島県水産市場連合会会長、福島県内住民が意見表明

・国に慎重な対応を求める声のほか、住民からは反対の意見が表明されました。

2020年9月9日   第6回

日本商工会議所常務理事、 千葉県副知事、 宮城県副知事、 茨城県知事が意見表明

・日本政府に対してこれまでの説明不足を批判したり、「結論ありきでは」という批判や、「国民的な議論の上で方針を決定を」という注文も出ました。

2020年10月8日 第7回

福島県水産加工業連合会代表、全国漁業協同組合連合会会長が意見表明 

・2団体とも、「断固反対」「絶対反対」を訴えました。

パブリックコメントに4.000件〜 

また、2020年4月6日からは、「パブリックコメント」もおこなわれ、4,000件を超える意見が集まったと報道されています。

パブリックコメントは、当初締切とされた5月15日から、6月15日、7月15日、7月31日へと、3回にわたり延長される、異例の経緯をたどりました。

そして、そのパブリックコメントの結果について、どこで議論するのか、いつ議論するのかについては、経済産業省に問い合わせても「未定」との回答がかえってくるばかりです。

にもかかわらず、報道を見ると、汚染水をどうするかについては、「早く結論を」という政府の姿勢ばかりが目立ちます。

今回の「ご意見を伺う場」でも明らかになったように、水産関係者も、漁業者も、

(魚屋も船も)海洋放出について、断固、絶対反対しています。

全国から「海洋放出断固反対」の声を

汚染水処分の問題は、「福島県だけの問題」ではありません。

どうか、全国から「海洋放出断固反対」の声をお寄せください。署名にこちらからご参加ください。