最新情報

Publications

気候変動対策における日本の役割 G20で有言実行を示せるか?

6月 2019

2018年、日本は世界の気候変動問題をめぐる談話で注目を集め…

『不確実で有害 インドネシアにおける 日本の石炭火力発電所事業への投資』

12月 2018

本日12月6日、新報告書『不確実で有害 インドネシアにおける日本の石炭火力発電事業』を発表し、日本企業がインドネシアで進める石炭火力発電事業は、パリ協定に合致していないだけでなく、出資者や事業主にとっての経営リスクが高いと警告しました。

Uncertain and Harmful: Japanese Coal Investments in Indonesia

12月 2018

Ongoing Japanese investment in coal-fired power in Indonesia carries increasing financial and political risk to banks and investors and is not in line with global efforts to limit the worst impacts of climate change, warns…

『全国1000人に対する異常気象と気候変動、石炭火力発電に関する意識調査調査』

8月 2018

国際環境 NGO グリーンピース・ジャパンは、西日本豪雨や最高気温の更新と猛暑など、この夏の日本の気象と地球温暖化との関連、また地球温暖化の主要な原因である石炭火力発電について国内1000人を対象に意識調査を行い、本日8月21日、その結果を発表しました。

「グリーンピース・ジャパン ブリーフィング・ペーパー第5次エネルギー基本計画(案)についての評価と提言」

7月 2018

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、政府が本日7月3日、中長期的なエネルギー政策の方向性を示す「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定したことを受け、以下のブリーフィング・ペーパーを発表しました。

投資家に警鐘:石炭火力への投資を続ける日本の金融機関による気候リスク

4月 2018

グリーンピース、投資家向けブリーフィング・ペーパー『潮流に逆境する日本の銀行:石炭投資と気候変動』を発表