自然エネルギーを増やす

自然エネルギーを増やす

グリーンピースは、従来のエネルギー政策の大変革(Revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(Evolution)を実現する「自然エネルギー革命」(Energy [R]evolution) を世界中で呼びかけています。

「自然エネルギー革命」(Energy [R]evolution)は

  • 脱原発、脱化石燃料(石油・石炭・天然ガス)
  • エネルギー効率アップと自然エネルギー利用の推進拡大
  • 大規模集中型ではなく地域分散型のエネルギー利用の推進

を目指しています。

自然エネルギー推進について詳しく見る >>

最新情報

 

自然エネルギー現場紀行 小水力 in 山梨 編

ブログインターン(黒田・佐久間) | 2013-12-30

みなさんこんにちは!  グリーンピース・ジャパンのインターン、黒田と佐久間です。 「自然エネルギー現場紀行」は自然エネルギーの現場を実際に訪ね、その仕組みや成果、課題などを直接伺って、参加者が見聞きしたことや感じたことをブログにまとめ、発信するシリーズです。 このブログを通して自然エネルギーについて、関心をもって頂ければ幸いです。 今回は、2013年9月に私たち2名とグリーンピースのボランティアの水野さんが山梨県の都留市(つるし)にある家中川(かちゅうがわ)小水...

でんきのほんと でんきのこれから2(2012年12月発行)

出版物|2012-12-05 11:00

2011年03月に発行された でんきのほんと でんきのこれからをリニューアルしました。

電気をたくさん使っているのは誰?

出版物|2012-11-16 14:00

電力消費の内訳を明らかにし、大口消費者である経済界と、電力消費が今後急増すると予想されるIT・携帯電話などの情報通信分野に着目し、積極的な「省エネ」と「電源責任」を求めるレポートです。

2012/5/18 アップル社、データセンターの自然エネルギー利用を増やすと発表――グリーンピースコメント

プレスリリース|2012-05-18 16:00

アップル社、データセンターの自然エネルギー利用を増やすと発表――グリーンピースコメント

でんきのほんと でんきのこれからQ&A改訂版(2012年1月発行)

出版物|2012-01-23 0:00

でんきのほんと でんきのこれからQ&A改訂版(2012年1月発行)

2011/12/16 フェイスブック社、使用電力すべてで自然エネルギー利用を目指すと発表 ――グリーンピースと共同プレスリリース――

プレスリリース|2011-12-16 14:30

グリーンピースと世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を提供するフェイスブック社(本社:アメリカ・カリフォルニア州パロアルト)は12月15日(アムステルダム時間15時)、自然エネルギー利用を推進する共同プレスリリース(注1)を発表しました。

自然エネルギー革命を実現するためには?

ビデオ|2011-09-20 14:39

レポート『自然エネルギー革命シナリオ――2012年、すべての原発停止で日本がよみがえる』について、主著者であるグリーンピース・インターナショナルの自然エネルギー担当部長、スベン・テスケが、このシナリオの重要な4つのポイントを解説。 レポートのダウンロードはこちら(PDF 2MB) >>

要約版『自然エネルギー革命シナリオ』

出版物|2011-09-12 11:00

要約版『自然エネルギー革命シナリオ』

再生可能エネルギー法、全会一致で可決。 1万6300のつぶやき、ありがとうございます

ブログ| 高田(気候変動/エネルギー担当) | 2011-08-26

こんにちは、気候変動・エネルギー担当の高田です。 8月26日、参議院本会議での 全会一致を受けて、ついに、再生可能エネルギー促進法が成立しました。 より安全で、雇用やエネルギー自給率の面でも改善が期待できる自然エネルギー普及の第一歩として、グリーンピースはこの決定を歓迎します。 法案の成立をめざして、グリーンピースのウェブサイトで呼びかけた 「ツイッターで政治を変えよう」プロジェクト には、たくさんの参加をいただきました。 その数なんと1万6300リツイート...

今週がヤマ場です。再生可能エネルギー促進法案

ブログ| 高田(気候変動/エネルギー担当) | 2011-08-10

こんにちは、気候変動・エネルギー担当の高田です。 再生可能エネルギー促進法の審議が佳境を迎えています。 風力や太陽光や地熱などの自然のちからでエネルギーをまかなえる未来に踏み出せるかどうか、今週がヤマ場になります。 退陣2条件 攻防ヤマ場 公債特例法案 再生エネ法案(東京新聞、8日) 審議はいま、衆議院の経済産業委員会で行われており、法案の成立には、このあと衆議院本会議、参議院経済産業委員会と続き、今月末までに参議院本会議で可決されなければなりません。 ...

1 - 1035の結果。

トピックス