自然エネルギーを増やす

自然エネルギーを増やす

グリーンピースは、従来のエネルギー政策の大変革(Revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(Evolution)を実現する「自然エネルギー革命」(Energy [R]evolution) を世界中で呼びかけています。

「自然エネルギー革命」(Energy [R]evolution)は

 

  • 脱原発、脱化石燃料(石油・石炭・天然ガス)
  • エネルギー効率アップと自然エネルギー利用の推進拡大
  • 大規模集中型ではなく地域分散型のエネルギー利用の推進

 

を目指しています。

自然エネルギー推進について詳しく見る >>

最新情報

 

Investors warned of climate risk from Japanese banks’ financing of coal power

出版物|2018-04-25 18:00

Greenpeace Briefing: Swimming Against the Tide, Japanese Banks and Climate Change

投資家に警鐘:石炭火力への投資を続ける日本の金融機関による気候リスク

出版物|2018-04-25 18:00

グリーンピース、投資家向けブリーフィング・ペーパー『潮流に逆境する日本の銀行:石炭投資と気候変動』を発表

でんきのほんと でんきのこれから 2017改訂版できました!

出版物|2018-01-24 14:56

[無料ダウンロード&配布]でんこれ2017年改訂版できました!

2016/11/22 グリーンピース声明:規制委は強度不足問題を矮小化と批判ーー 日本の原発に「規格超える炭素濃度のおそれなし」との評価を受けて

プレスリリース|2016-11-22 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、第45回原子力規制委員会において、フランスの原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る調査の結果について、規制委が日本の原発について「製品中に規格で定められた炭素濃度を超えるような部分が残っているおそれはないと評価できる」としたことを受けて、以下の声明を発表しました。

2016/11/21 グリーンピース声明:COP22、各国の新たな決意のもと閉幕、強いリーダーシップを示した国も

プレスリリース|2016-11-21 10:00

国際環境NGOグリーンピースは、11月7日から18日までモロッコ・マラケシュで開催された国連気候変動枠組み条約第22回締約国会議(COP22)の閉幕を受けて、下記の声明を発表しました。

2016/11/04 グリーンピース声明:歴史的な「パリ協定」発効、出遅れた日本政府は野心的な取り組みで挽回を

プレスリリース|2016-11-04 17:00

国際環境NGOグリーンピースは、気候変動対策の国際的枠組みである「パリ協定」が本日発効したことを受け、以下の声明を発表しました。来週7日から18日までモロッコのマラケシュで開催されるCOP22(第22回国連気候変動枠組み条約締約国会議)は、パリ協定発効後初の締約国会議となります。

2016/04/21 グリーンピース、『電力会社クリーン乗り換えガイド』を発表 ーー地域ごとの電力会社を紹介、電源構成が明らかになった電力会社は34社のみ

プレスリリース|2016-04-21 15:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日4月21日、『電力会社クリーン乗り換えガイド」をグリーンピースのウェブサイト上で発表しました。電力自由化や日本の自然エネルギーの成長についての基本的な説明や、地域ごとの電力会社の紹介などのコンテンツが特徴です。紹介している小売電力会社111社(注1)のうち、電源構成が明らかになったのは34社、うち自社ホームページ上で公表しているのは22社のみです。本ガイドは、グリーンピースが展開中のオンラインアクション「iSwitch(アイスイッチ)–今だから...

原発を再稼働したら、電気料金が安くなる?

ブログエネルギー担当 柏木 | 2016-03-09

こんにちは。エネルギー担当の柏木です。 もうすぐ始まる電力自由化。各電力会社から料金プランが発表され、申し込みもスタートしていますね。 関西電力は原発を再稼働したあと5月にも、電気料金の値下げ予定であると発表していました。 歴史的な高浜原発3、4号機の稼働をとめる仮処分が決定されたことによって、その予定は見合わせということになりましたが、このような発表を目にすると、「原発はやっぱり安いの?」と思いますよね。 ...

1 - 1051の結果。

トピックス