国際環境NGOグリーンピースとは


© NASA

グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。
問題意識を共有し、社会を共に変えるため、政府や企業から資金援助を受けずに独立したキャンペーン活動を展開しています。

本部(グリーンピース・インターナショナル 事務局長 クミ・ナイドゥ)はオランダのアムステルダムにあり、世界に280万の個人サポーターに支えられています。
世界40カ以上の国と地域で活動し、国内だけでは解決が難しい地球規模で起こる環境問題に、グローバルで連携して解決に挑戦することが私たちの強みです。

国連の総合協議資格


「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」で海洋生態系の保護を訴えるグリーンピース・ジャパンのスタッフ

また、国連では国際的なNGOに与えられる最も高い地位の1つである「総合協議資格」が認められていて、総会を含むほとんどの会議にオブザーバーの資格で出席しています。

このようにグリーンピースは、国際的に認められたNGOですが、環境破壊をする企業や政府に正面切って「No」を突きつけるその姿勢から批判の対象となることも多く、特に目立たない事をよしとする日本においては誤解されることが多いのも事実です。

なお、グリーンピースは、シーシェパードとは関係のない別の団体です。

グリーンピースの誕生

グリーンピースの誕生から約40年。
1971年に、アメリカの地下核実験に反対し、「船で実験場の近くまで行って抗議しよう」と集まった人々が、環境を守る「グリーン」と反核・反戦・平和の「ピース」を結びつけ「グリーンピース」と名乗ったのが、私たちグリーンピースの名前の由来です。


アフリカ・カメルーンの熱帯雨林にかかる虹。コンゴ盆地の自然林は生物多様性の宝庫で住民にも生活の糧を提供しているが、近年では大規模なパーム油農園開発の危機に瀕している。

この時、非暴力的な方法で環境破壊の現場に立会い、一般市民の目の届かないところで起こる環境破壊を多くの人に知らせて世論を動かし、ついには核実験を終了させることに成功したのが、グリーンピースの最初の功績です。
活動をともにしてきた船もいまでは3隻に増え、世界中を航行しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合があります。
これはその対象企業や団体そのものやそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

活動方針の「非暴力直接行動」とは?


©Masaya Noda/Greenpeace

「グリーンピース」と聞くと、日本では多くの方が過激な団体と連想されますが、それは、活動で用いる「非暴力行動」が、誤解されているからかもしれません。

環境破壊を行っている当事者に、いくら理路整然と「環境破壊をやめてください」と伝えても、動いてもらえないことがほとんどです。

グリーンピースの活動のステップは

  1. 環境破壊の現場での調査
  2. 科学的な分析結果に基づいたレポートや代替案の作成
  3. 国連「総合協議資格」を利用して国際会議での働きかけ
  4. 政府・企業に対して問題点と代替案の提案

ですが、環境破壊の速度があまりに速く、政府や企業の対応が追い付いていない場合は、迅速に広く、人々に問題を伝えるため、 さまざまな行動(非暴力行動)を呼びかけます。

非暴力行動には、オンラインで署名を集めるものから、デモやパレード、さらには座り込みなど幅広い活動が含まれます。

※「INGO Accountability Charter (INGO説明責任憲章)」について

グリーンピースは、国際的な非政府組織(International Non-Governmental Organizations、以下 INGO)が組織運営において果たすべき責任を定めた「INGO Accountability Charter (INGO説明責任憲章)」を採択しています。

グリーンピース・ジャパンはこの憲章に則り下記のポリシーを定めて活動をしています。

  • 「情報公開ポリシー」 (年次報告書等を通じて活動内容、ガバナンスストラクチャー、財務状況などを公開することを定めたもの)
  • 「内部告発者保護ポリシー」 (組織内における不正などを告発した職員を保護することを定めたもの)
  • 「汚職防止ポリシー」 (職員が職務を通じて金銭的な賄賂等を受けることを禁じるもの)
  • 「多様性ポリシー」 (あらゆる人を人種、出身、年齢、ジェンダー、婚姻状況、性的指向、ジェンダーアイデンティティ、宗教、そして身体的特徴などに関係なく平等に扱うことを定めたもの)

グリーンピースの船について


© Greenpeace / Gavin Newman

グリーンピースの最大の特徴の1つに、一般の人々が行けない所へ船で行き、目の届かないところで起こる環境破壊の現場に立ち会う活動があります。

その活動に欠かせないのが、3隻の船:虹の戦士号、アークティックサンライズ(北極の日の出)号、エスペランサ(希望)号です。

虹の戦士(Rainbow Warrior)号

北米先住民族の伝説「虹の戦士」からその名を取った、環境保護活動を支えてきた世界で最も有名な船です。

過去21年間に渡り、数多くの知られざる環境問題に光を当て、人々をつなぐ掛け橋としてグリーンピースと一緒に世界中を航海、活躍してきました。

2004年にはフランス映画「スパイバウンド」(モニカ・ベルッチ主演)でも題材にされ、話題になりました。

現在の虹の戦士号は、3代目(虹の戦士号Ⅲ世)です。
III世建造にあたりご寄付を頂いたみなさま、誠にありがとうございました。

グリーンピースの最近の活動成果について

(グリーンピースでは、活動のことを「キャンペーン」と呼んでいます。)

  • 福井アクションセンター(2012年)
  • グリーンピース放射能測定室 シルベク(2011年10月~)
  • 化学物質による水汚染をなくしていく"デトックス・ウォーター"キャンペーン(2011年~)
  • 遺伝子組み換え食品食べてませんか?(2006年)
  • ノンフロン冷蔵庫(1993年~2001年)
  • ペットボトルビール>
  • Green My Apple(2007年)
  • 日本海への核廃棄物投棄阻止(1993年)

みなさんのご支援が活動の支えです

企業や政府から寄付を受けることがない私たちの活動は、みなさんからの寄付で支えられています
環境・平和問題が待ったなしの今、「グリーン」で「ピース」な社会実現には、みなさんのご寄付が不可欠です。

最新情報

 

【年末のご挨拶に代えて】19年間守り続けてくれて、ありがとう

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2015-12-24

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 虹の戦士号の来沖を振り返って 10月31日、グリーンピースのキャンペーン船「虹の戦士号」が那覇港に入港しました。乗組員の入国を拒否されたり、辺野古・大浦湾への航行申請が却下されるなど困難が続く中、地元の方々と交流し、ここで起こっている矛盾を世界に発信することができました。 沖縄の方々にも「勇気をもらった」「ほんとうにありがとう」など、あたたかいお言葉を数々いただきました。その時、乗組員たちは「その言葉は私たちに向けら...

グリーンピース・ジャパンの新事務局長の公募を開始

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2015-11-20

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 来年3月末にて、グリーンピース・ジャパンの事務局長を退任 私佐藤は、来年3月末日をもちまして、グリーンピース・ジャパンの事務局長を退任することとなりました。グリーンピースでは事務局長の任期を4年程度と推奨していますが、2010年に事務局長となり5年が経過し、就任時と比較しグリーンピース・ジャパンの活動基盤が整ってきたこと、またグリーンピースの職員として働きはじめ14年が経過することなどから、決して容易な決断ではありませ...

命の海、辺野古ー悠久の時がつくった海を5年で壊すのですか

ブログ事務局長 佐藤潤一 | 2015-10-29

今朝、沖縄防衛局が辺野古の新基地建設の工事を再開したと発表。その工事の再開を止めようと多くの市民が集り、現場は騒然とした。 しかし、実際に工事が始まったのは護岸工事に必要な仮設工事の一つだけで、まだ海の埋立工事がはじまったわけではない。 その工事の工期は、今日2015年10月29日から、2020年10月末までの5年間だという。 何千年・何万年の時を経て築きあげられてきた辺野古・大浦湾の生態系をたった5年で壊してしまうのか。 ...

沖縄のジュゴンを守ろうー「虹の戦士号」、辺野古に向けて出航!

ブログ高田 | 2015-10-28

こんにちは、急遽エネルギー担当から「虹の戦士」に転身した高田です。 私はいま、グリーンピースが所有する帆船「虹の戦士号」に乗るために、韓国にきています。 自然と平和を守りたいと行動を続ける沖縄のみなさんの活動に加わるために、「虹の戦士号」は今日、韓国の仁川港を出港し、沖縄に向けて航海をはじめました。 3週間滞在した韓国で「虹の戦士号」は、日本にも程近い釜山にあるコリ原発での原子炉増設の危険性を知ってもらい、計画の撤回を求めて抗議行動を実施。その様...

辺野古スキャンダル発覚、金にまみれた事業にNOを!

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2015-10-19

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 今朝、朝日新聞の一面トップ記事で、沖縄県辺野古・大浦湾沖の米軍基地建設に関連して、金にまつわるスキャンダルが報道された(1)。 国が進める新基地建設工事を環境面から監視する専門委員会の委員3人が、就任決定後の約1年間に、移設事業を受注した業者から計1,100万円の寄付金を受けていたというのだ。 すでに、そのうちの委員一人は、受領が不適切だとして委員辞任を検討しているという。 ...

1 - 5179の結果。