Japan Staff Blog

グリーンピース日本事務所のスタッフがつづるブログです。
日々の裏話や苦労話から、最新情報まで、豊富な話題でお届けします!

  • 海洋生態系担当 Willie Mackenzie
    国際環境NGOグリーンピース・インターナショナル

    ブラジルで開かれていた国際捕鯨委員会(IWC)総会が、クジラ保護推進のための内容を含む「フロリアノポリス宣言」を採択して閉幕しました。

    IWC はいままでにも加盟国間の分断や離脱を繰り返してきましたが、今回の会議も変わらず、同じようなことが繰り広げられていました。今年もグリーンピースはIWC総会にオブザーバーとして参加してきましたので、ここに報告します。

    もっとみる >詳細を読む

  • こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。

    ジュネーブで開かれている第39回国連人権理事会で、同理事会が任命した「特別報告者」のバスクト・トゥンカックさんが福島の除染労働者について、日本政府は全力で被ばく労働者を守り、ICRP(国際放射線防護委員会)の正当化原則に基づいて労働者を被ばくさせ続ける政策を見直すべきだと発言しました。

    もっとみる >詳細を読む

  • こんにちは。グリーンピース・ジャパン広報の河津です。

    2018年8月30日に、カナダ連邦裁判所でトランスマウンテン・パイプライン拡張計画の承認を全会一致で否決するという判決のニュースが入ってきました!。

    グリーンピース・カナダも、このパイプライン拡張計画の反対を長年訴えていたので、グリーンピースの一員としてとても嬉しいニュースでした!

    この勝利は、先住民の方のリーダーシップがあったからこそ掴めたものです。今年の3月には先住民族のリーダーと一緒に、10,000人もの人が、先住民族の神聖な土地と...

    >詳細を読む
  • ツイート
     

    国連人権理事会で演説する森松明希子さん

    こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。(写真は国連での森松さんです)


    2018年9月22日(土)の午後埼玉県川越市で、原発事故避難者の森松明希子さんと一緒にお話させていただくことになりました。

    今年の3月、東電福島原発事故避難者の森松明希子さんは国連人権理事会で、演説をしました。

    森松さんは、7年前の東京電力福島原発事故以降、7年間、母子避難を続けています。

    国連では、福島原発事故直後に、情報を知らされず、無用な被ばくを重ねたこと、汚染された水を飲むし... >詳細を読む

  •  

    ツイート
     

    国際環境NGOグリーンピースが、東京電力福島第一原発事故の影響についての最初の放射能調査は、2011年3月27日に開始。東京電力福島第一原発事故が発生してから約2週間後でした。

    事故発生直後、チェルノブイリの放射能汚染の調査を行ってきたグリーンピースの専門家などを海外から招き、国際チームを編成しました。

    以降、グリーンピースは、毎年継続して東電福島原発による放射能汚染の調査を行っています。

    8年目の調査をクラウドファンディング... >詳細を読む

1 - 51184の結果。