原発フリーの明日

2011年3月に起きた東日本大震災と東京電力福島第一原発事故は、私たちの生活のあり方や考え方を根本から変えました。福島原発事故は、日本政府、規制機関、そして原子力産業の失敗によって起きた「人災」といえます。世界各国の政府は、福島やチェルノブイリで起きた悲劇を二度と繰り返さないため、原子力産業の利益よりも人々の健康と安全を優先するべきです。

グリーンピースは、原子力発電という根本的に危険な技術を出来るだけ早く廃止し、安全で経済的にも将来性のある自然エネルギー中心の明日へシフトするため、下記のような具体的な活動を行っています。

原発フリーの明日に関するコンテンツ

 

活動及びレポートなどの関連資料は『ブログ』や『出版物』のボタンをクリックしてご覧ください。

最新情報

 

おかげさまで福島放射能調査を始めることができました。

ブログ鈴木かずえ | 2018-10-15

エネルギーチームの鈴木かずえです。 今、福島県に来ています。 福島県での放射能調査クラウドファンディングにご参加いただいたみなさま、 そして、グリーンピースのサポーターのみなさまからのご寄付と、 グリーンピース・フランス、グリーンピース・ドイツ、グリーンピース・ベルギーからの支援を受けて第29回目の放射能調査を始めることができました。 ありがとうございます。 もっと読む

子どもたちの生涯被ばく線量を考えなくていいの?

ブログ鈴木かずえ | 2018-10-02

子どもは放射能の影響をおとなより受けやすい グリーンピース・ジャパンで毎年行っている放射能調査に参加していて、いつも思うのは、「ここ、避難指示解除ってことは、子どもも含めて避難指示解除ってことなんだよな」ということです。 子どもは、おとな男性の2〜3倍くらい、放射能の影響を受けやすいと言われています。 なのに、子どものそうした事情が考慮されることなく、避難指示が解除されています。 グリーンピース・ジャパンでは、国連 子どもの権...

国連に原発事故被害者の声を届けようーー国連人権メカニズムと市民関与のタイミング

ブログ鈴木かずえ | 2018-09-26

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 9月22日、埼玉県の川越で、第37回国連人権理事会でスピーチをした福島からの母子避難者である森松明希子さんといっしょに、国連で何をしたか、これから何ができるかについて、お話ししました。エッセンスをお伝えします。主催してくださいました「ここカフェ@川越・ぽろろん」「原発避難者と歩む@川越」にあらためてお礼を申し上げます。 70人入るお部屋がいっぱいになりました。たくさんの原発事故被害当事者の方、そして支援者の方...

福島の除染作業の被ばくは正当化できるのか? 国連特別報告者からの問い

ブログ鈴木かずえ | 2018-09-14

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 ジュネーブで開かれている第39回国連人権理事会で、同理事会が任命した「特別報告者」のバスクト・トゥンカックさんが福島の除染労働者について、日本政府は全力で被ばく労働者を守り、ICRP(国際放射線防護委員会)の正当化原則に基づいて労働者を被ばくさせ続ける政策を見直すべきだと発言しました。 もっとみる

お話し会のお知らせ(川越):国内避難民と人権について〜国連人権理事会へ報告までの道のり~

ブログ鈴木かずえ | 2018-09-07

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。(写真は国連での森松さんです) 2018年9月22日(土)の午後埼玉県川越市で、原発事故避難者の森松明希子さんと一緒にお話させていただくことになりました。 今年の3月、東電福島原発事故避難者の森松明希子さんは国連人権理事会で、演説をしました。 森松さんは、7年前の東京電力福島原発事故以降、7年間、母子避難を続けています。 国連では、福島原発事故直後に、情報を知らされず、無用な被ばくを重ねたこと、汚...

グリーンピースよる放射能調査が必要な3つの理由

ブログ鈴木かずえ | 2018-09-04

// // ]]>     国際環境NGOグリーンピースが、東京電力福島第一原発事故の影響についての最初の放射能調査は、2011年3月27日に開始。東京電力福島第一原発事故が発生してから約2週間後でした。 事故発生直後、チェルノブイリの放射能汚染の調査を行ってきたグリーンピースの専門家などを海外から招き、国際チームを編成しました。 以降、グリーンピースは、毎年継続して東電福島原発による放射能汚染の調査を行っています。 ...

グリーンピース 放射能・放射線・東電福島原発事故関連調査報告書

ブログ鈴木かずえ | 2018-08-22

『原発事故の写像ー浪江町と飯舘村における放射線調査』 2018年3月発行 本報告書は、グリーンピース・ジャパンが2017年9月から10月にかけて、飯舘村、浪江町の避難指示が解除された地域、および浪江町の帰還困難区域で行った放射線調査結果をまとめたものです。民家や森、道路などで、合計数万カ所もの地点を測定しました。 『遠い日常:福島・飯舘村の民家における放射線の状況と潜在的生涯被ばく線量』 出版物 2017年2月発行 本報告書は、2016年11月に...

東海第二原発を二度と動かしてはならない4つの理由--パブコメを出そう

ブログ鈴木 | 2018-07-25

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 東海村のパンフレット「東海村の原子力」より。右上の建物群が東海第二原発。 茨城県にある東海第二原発(日本原子力発電株式会社)の再稼働をめぐって、パブリックコメントが始まっています。 ぜひ、クーラーのある部屋でパブコメを書きませんか? (ちなみに私の家にはクーラーがないので、近くの図書館で書きます) なぜ、パブコメを書いてほしいかといいますと、東海第二原発は、もっとも動かしてはいけない原発の一...

利用者にも、株主にも、せめて誠意を-関西電力株主総会に参加しました。

ブログ金海 | 2018-07-25

グリーンピース・ジャパン サポーター窓口の金海です。 先月6月27日、関西電力の株主総会に株主として出席してきました(注1)。   市民にも社会にも閉じた会場で 今年の会場はATCホールという大阪南港に面した商業施設の中のイベントスペース。 大阪駅からだと電車を二度乗り継いで40分ほどかかる場所です。前回は神戸市のポートアイランドでアクセスの悪さが不評だったそうですが、より不便な場所に変わったようです。 ...

環境に優しいことをした満足感【電力会社スイッチ体験談#3】

ブログエネルギー担当 石川せり | 2018-07-20

耐えられないほどの気温になるこの時期、熱中症にならないためにも適切に冷房をつかうことが必要ですよね。でも、エアコンを使うことで電気料金があがったり、電気を使いすぎてしまったら・・・と気になりませんか? 今回の電力会社スイッチ体験談は、年間のピーク時の電気料金をもとにクリーンな電力会社にスイッチした、グリーンピース・ジャパンでファンドレイジング部に所属するスタッフ、山本の体験談をお届けします(オフィスの外では自然農で家庭菜園もしているマルチなグリーンパーソン!)。 ...

1 - 10817の結果。

xx

トピックス