ブログ

スタッフブログ

グリーンピース日本事務所のスタッフがつづるブログです。
日々の裏話や苦労話から、最新情報まで、豊富な話題でお届けします! ブログを見る>>

事務局長ブログ

グリーンピース・ジャパン事務局長 佐藤潤一のブログです。
事務局長としての意見の他、普段の活動報告では伝えきれないグリーンピースの考え方、活動の裏側をご紹介していきます。 ブログを見る>>

2010年までの旧ブログはこちら

最新情報

 

【パブコメ4/3〆切】グリーンピースも出しました。SPEEDIを使わないことにする原発事故避難ガイドへの改悪をとめよう

ブログ鈴木かずえ | 2015-03-27

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 原発事故が起きたとき、どう逃げるかが書かれた「原子力災害対策指針」の改訂案へのパブリックコメント(政府の意見公募)が、4月3日〆切です。   今回の改訂案、はっきり言って悪くなっています(><)。 もともと問題の多い「原子力災害対策指針」ですが( 詳しくはこちら )、改訂案では、よりひどくなっています。というのも↓ ・SPEEDI (放射能がどのように拡散するかを見える化した図)の...

でんきをえらぶ・選挙でえらぶ。統一地方選(4/12、4/26)から、原発のない明日を。

ブログ鈴木かずえ | 2015-03-26

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 もうすぐ統一地方選ですね。投票日は4月12日と26日。 原発のない明日にとっても、大事な選挙。 例えば、 福井県:関西電力・高浜原発再稼働の地元の判断を選挙後に行うとされ、全部で14基の原発を抱えています。 北海道:北海道電力・泊原発の再稼働問題に揺れています。 島根県:建設進捗率9割を超えた中国電力・島根原発3号機があります。 …など。 ...

こどもやミツバチのことを考えた規制になっていますか?「農薬ありき」より「食と環境の安全ありき」へ:農林水産省への署名提出報告

ブログ食と農業問題 | 2015-03-21

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と残留基準の規制緩和の撤回を求める署名は、皆さんの熱意により9,235筆が集まりました。ご協力ありがとうございました。今日、この署名を農林水産省に提出し、要請と意見交換をしました。     [写真]署名は、グリーンピース・ジャパン事務局長佐藤潤一より、農林水産省農薬対策室の瀬川雅裕室長に提出するとともに、ネオニコチノイド系農薬の使用規制、残留基準の緩和の撤回、有機農業の...

コレでホントに再稼働とまるかも!?【もうすぐ司法判断】川内原発差止裁判の論点

ブログ鈴木かずえ | 2015-03-19

(c) Masaya Noda / Greenpeace こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 もうすぐ、九州電力・川内原発(鹿児島県)再稼働差し止め仮処分裁判の司法判断が下されます! グリーンピースも、証拠提出に協力しました。 良い結果が出ることを期待しています。 差し止めの決定が出たら、九州電力は再稼働ができません。 九州電力は意義申し立てをできますが、それで裁判所の決定が覆えされない限り、再稼働はできません。 ...

世界からのメッセージ:2011年3月11日、あなたはどこにいましたか?

ブログエネルギーチーム | 2015-03-09

こんにちは。 グリーンピース・ジャパンのエネルギーチームです。 今日は、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から4年目を迎えるにあたっての特別企画をおとどけします。 写真:エネルギーチームの面々 4年前の3月11日、巨大な地震に大地は揺れ津波が東日本沿岸を襲いました。 翌日、東京電力福島第一原発の1号機が爆発、さらに14日、15日と連続して2〜4号機が次々に爆発、煙が上がるその光景に、日本中に戦慄が駆け抜けました。 ...

住友化学からの回答がとどきました〜農薬メーカーもぜひ食べる消費者の声に耳を傾けてください

ブログ食と農業問題 | 2015-03-06

みなさん、こんにちは。 2月10日にグリーンピースから住友化学株式会社へ送った公開質問書(注1)に対して、2月27日に 回答をいただきました 。(注2) 同社の、市民団体と対話をする姿勢を歓迎したいと思います。 グリーンピースからは6つ質問をし、すべてに回答がありました。ここでは、主な点をまとめてご紹介します。     (1) 消費者の意見を聞いていますか? グリーンピースからは、農薬の使用の量や範囲を増やす申請をするま...

沖縄を”ブロックの下敷き”にしてはいけない〜辺野古・県民集会に参加してきました

ブログ広報 関本幸 | 2015-03-03

広報の関本です。2月22日、沖縄県辺野古の新基地建設に反対する「止めよう辺野古基地建設! 県民集会」を取材・参加するため、グリーンピースのスタッフ4名とビデオグラファーさんとで名護市辺野古を訪れました。 県民集会の様子。ゲート奥はキャンプシュワブ(2015年2月22日撮影)   「沖縄が”コンクリートブロックの下敷き”に」   辺野古の大浦湾では、基地建設を進めようとする沖縄防衛局が海底に設置した巨大なコンクリートブロ...

虫たちの活躍するWin-Win な農業〜高知県の天敵農法の現地を訪ねました

ブログ食と農業問題 | 2015-03-03

こんにちは、関根です。 食と農業チームでは昨年、化学農薬の代わりに天敵昆虫の利用が全国一進んでいる高知県を訪ねました。 黒潮の海と山に囲まれたの高知県では、昔から施設園芸(温室での栽培)が盛んです。狭い平地面積を最大限活用して、全国一の生産を誇る野菜がいくつもあります。 ナス、米なす、みょうが、しょうが、ししとう、 にら。 この中にも、天敵となる昆虫を活用することにより、化学農薬をほとんど使わずに生産されている野菜があります。 ...

日本基準<世界基準 !?  グリーンピースが明らかにした『世界最高水準』の実態 〜マモさんの、はじめてでも分かる川内原発の火山灰問題(その2)〜

ブログ関口守 | 2015-03-03

こんにちは。マモさんこと、エネルギー担当 関口です。 気がつけばもう3月。早いものですね。3月14日はホワイトデー。昨年はどんなだったっけと思い振り返ると、朝日新聞が「川内原発、今夏にも再稼働」なんて報じてたんですね。 夏が秋へ、冬へとずれ込みまた春が巡る・・・このまま動かないでいて欲しいなと思う春。 てなわけで、今日は先週に引き続き、グリーンピース委託レポート『川内原発と火山灰のリスク』(執筆:ジョン・ラージ博士)の気になる内容についてお伝えします...

ネオニコ農薬のメーカー住友化学に質問書を出しました。「どうして残留基準値を上げるのですか」

ブログ食と農業問題 | 2015-02-13

みなさん、こんにちは。 ただいまパブコメ募集中のネオニコ農薬のクロチアニジン。残留基準値が大幅に緩和されようとしていますが、もうパブコメは書きましたか? ところでこの緩和の動き、そもそもどうして始まったのでしょうか? それは農薬メーカーから、この農薬クロチアニジンを使う範囲を広げたり使い方を変更したりする申請が農林水産省へ提出されたことに始まります。 そこで、今回グリーンピースでは、残留基準値緩和の大元にいる、クロチアニジンのメーカー、住友化学...

1 - 10413の結果。