ブログ

スタッフブログ

グリーンピース日本事務所のスタッフがつづるブログです。
日々の裏話や苦労話から、最新情報まで、豊富な話題でお届けします! ブログを見る>>

事務局長ブログ

グリーンピース・ジャパン事務局長 佐藤潤一のブログです。
事務局長としての意見の他、普段の活動報告では伝えきれないグリーンピースの考え方、活動の裏側をご紹介していきます。 ブログを見る>>

2010年までの旧ブログはこちら

最新情報

 

川内原発再稼働を止めている人たちにあってきました

ブログ鈴木かずえ | 2014-08-28

こんにちは。核・エネルギー担当の鈴木かずえです。 「原子力防災計画」は命を守れるか 8月24日(日)に行われた「原発と避難問題を考える集いinかごしま」に参加してきました。 原子力発電所から30キロ圏内の自治体には、原子力防災計画の策定が義務付けられ、現在多くの自治体で策定・改訂作業中です。 今、自治体が机上で作成した計画を、市民が歩いて、あるいは避難する市民の受け入れとなる自治体に話しを聞くなどして計画の実効性を問う作業が行われてい...

ネットワークを広げて自然エネルギーをつくる~行政と協働したまちづくり「宝塚すみれ発電」

ブロググリーン・ウィメンズ・ネットワーク | 2014-08-26

こんにちは。女性がつながり変えていく――グリーンピースのプロジェクト「 グリーン・ウィメンズ・ネットワーク 」担当の金繁(かなしげ)です。 日本でも市民がつくる発電所が各地で始まっているのをご存知でしょうか? 今年5月には地域主導で自然エネルギーを広めていく「 全国ご当地エネルギー協会 」が発足しています。その近畿地区の幹事もつとめていらっしゃる「宝塚すみれ発電」(兵庫県宝塚市)の代表取締役 井上保子さんに、お話を伺ってきました。 ...

愛媛・今治市を訪ねて~その(2)TPPでも国産有機なら勝てます

ブログ食と農業 | 2014-08-25

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 前回に続いて、愛媛県今治市での有機・地産地消の給食と地域づくりについて、今治市玉川支所長、安井さんのインタビューをお送りします。 輸入農産物に負けないためには「有機農業と地域のつながり」が大事という安井さん。詳しく聞いてみましょう。 【有機・無農薬の将来性】 日本では7割以上の人が国産は安全だと感じているそうです。ネオニコチノイド系農薬の残留基準はEUと比べると日本がずっと高いですが。 ...

エネルギー問題の最先端で、地球を救うチェンジメーカーになる。【スタッフインタビュー:気候変動・エネルギー担当 高田】

ブログ柏木アイ | 2014-08-23

こんにちは。広報の柏木です。 今、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンでは 「エネルギー・キャンペーナー」を募集 しています。 ( 8月23日追記 :、キャンペーナーの一日ってどんななの?の声にこたえて、「高田の一日」をインタビューの後に追加しました。ぜひご覧ください!) あまり聞きなれない「キャンペーナー」の仕事の魅力や、やりがいとは? ライターの小林みちたかさんによる、現在、気候変動・エネルギーを担当する高田久代へのインタビュー、ぜひご覧ください。...

愛媛県今治市を訪ねて~その(1)有機の給食はこうして始まった

ブログ食と農業 | 2014-08-21

こんにちは。食と農業問題担当の関根です。 みなさんの給食の思い出は何ですか? 愛媛県今治市は地産地消、有機農産物の給食を通して、子どもたちの食育や地元でお金が回る仕組みづくりを進めていて、いま注目されている地域の一つです。現地を訪ねてのインタビューを3回にわたってお届けします。 今治で地元の有機農産物を給食に取り入れるきっかけは、小学生の子どものいるお母さんたちの運動だったといいます。それを市役所側で受けとめ、市内のさまざまな人や資源を結びつけてきた...

【8/24開催】原発と避難問題を考える集い in かごしま

ブログ鈴木かずえ | 2014-08-12

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 8月24日(日) 、「原発と避難問題を考える集いinかごしま」が開催されます。 鹿児島、水俣、佐賀、福井・関西から、これまで原発事故避難問題に取り組んできた方々からの報告を聞いて学びあい、今後の取り組みに生かします。 また、ドキュメンタリー映画「逃げ遅れた人々~東日本大震災と障害者」にも出演され、自らの体験を語られた福島県田村市の鈴木絹江さんもかけつけてくださいます。 ...

【8/15〆切まぢか】川内原発パブコメ 福島のお母さんも書きました

ブログ鈴木かずえ | 2014-08-10

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 原子力規制委員会が鹿児島県の九州電力川内原発の再稼働申請に対して、「審査書案」をつくり、 その「案」に対しての、意見公募(パブコメ)が募集されています。 (提出方法などは こちらのブログ をご覧ください) 今日は、福島から京都に、お子さんと避難されている宇野朗子(さえこ)さんが書かれたパブコメを2通、ご紹介します。 〆切は8月15日(金)。どうぞお早目に。 ...

川内原発 パブコメ 〆切まぢか グリーンピースも書きました

ブログ鈴木かずえ | 2014-08-09

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 今、国の原子力規制委員会が、九州にある川内原発1,2号機について、再稼働の審査をしています。その審査書案が8月15日まで、パブリックコメント(意見公募)にかけられています。 国の再稼働審査について、意見を言える機会です。 ぜひ、パブリックコメントを出してください。 グリーンピースも、以下のパブコメを提出しました。   1)パブリックコメントは公開し、検討し、その結果を最終の...

鹿児島で上映会あり 映画「逃げ遅れる人々~東日本大震災と障害者」

ブログ鈴木かずえ | 2014-07-25

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 「逃げ遅れる人々~東日本大震災と障害者」(監督:飯田基晴氏)というドキュメンタリーを見ました。 地震や津波だけでも、障害を持った方々にとって、たいへんな避難。東日本大震災では、放射能からも逃げなければなりませんでした。 このドキュメンタリーを見て、これはぜひ、たくさんの方々に見ていただきたい、とくに、この秋にも再稼働か、と言われている鹿児島県の川内原発の地元と周辺市町村の方には...

これでいいの?農薬の空中散布の効果と健康被害--長野県の集会に参加して

ブログ食と農業 | 2014-07-18

みなさん、こんにちは。 小型飛行機が農薬をまいて飛ぶ様子を見たことありますか? これはブラジルの大豆畑の写真ですが、日本でも、飛行機やラジコンの小型のヘリコプターで森林や農地への農薬散布が行われています。 最近は、ネオニコチノイド系農薬を山に空中散布するケースも増えてきているそうです。 7月16日、長野県庁で、松枯れ対策のための農薬(殺虫剤)の空中散布と農薬被害について、長野県の住民の方たちの行政との集会(交渉)があり、グリーンピース...

1 - 10383の結果。