Japan Staff Blog

グリーンピース日本事務所のスタッフがつづるブログです。
日々の裏話や苦労話から、最新情報まで、豊富な話題でお届けします!

  • 海洋生態系問題担当の花岡和佳男です。

    電車でぶら下がっている主要週刊誌の中づり広告などからも見られるように、いま海洋の放射能汚染に関する問題は特に注目を集めています。水産庁が海藻や貝類の調査に乗り出すなど、少しずつではありますがようやくその対応に動きがみられつつあります。議員会館の中でも、この問題についてよく話題になるようになりました。

    明日6月23日に議員会館で、「福島原発震災から海洋の放射能汚染を考える」というテーマでの院内集会が開かれます。「上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために... >詳細を読む


  • こんにちは、エネルギー・核問題を担当している鈴木かずえです。


    このところ、福島県福島市の大気中の放射線量は、文部科学省の発表でも毎時1.5マイクロシーベルト前後で推移しています。

    毎時0.6マイクロシーベルト以上の放射線が計測される場所は、「放射線管理区域」として、みだりに立ち入ってはならない場所です。

    また、福島市内のそこここに数十マイクロシーベルト以上の場所が散在することは、以前ブログ「子どもや妊婦は、避難を」でご報告した通りです。

    原子力利用を守る立場の国際機関である国際放射線防護委員会(ICRP)... >詳細を読む

  • (写真: (c)Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace)

    こんにちは、エネルギー・核問題を担当している鈴木です。

    福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、グリーンアクション、そしてグリーンピース・ジャパンは、「福島の子どもたちを守る署名」第3弾を始めました。


    オンライン署名はこちらから。ぜひご参加ください。
    (この署名は、上記5団体による共同署名です。収集とデータ管理はFoEジャパンが... >詳細を読む

  • (写真:福島市内の保育施設にて(c)Noriko Hayashi / Panos / Greenpeace)


    こんにちは、エネルギー・核問題を担当している鈴木です。

    6月16日午後3時、福島の子どもたちを守るNGO共同署名第2弾を文部科学省へ提出しました。

    署名の数は、27,217筆にもなりました。ご協力ありがとうございました。

    この署名は、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、グリーンアクション、そしてグリーン... >詳細を読む

  • みなさん、こんにちは。

    ボランティアキャンペーンサポート担当の宮地です。

     6月11日を迎え多くの尊い命が奪われた東日本大震災から3か月が経過しました。この間に福島第一原発は、原発事故最悪と言われるメルトスルーまでに至りました。

     僕たちは、東日本大震災で亡くなられた人々への祈り、そして現在に至るまで多くの人々の生活や未来に恐怖を与え続けている原発ではなく、安心できるエネルギーへのシフトを求めて東京・渋谷にてエネルギーシフトパレードを行いました。

     このエネルギーシフトパレードは今回で3回... >詳細を読む

1066 - 10701171の結果。