グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業からの資金援助を受けていません。

これまでの成果は世界280万人、日本5,000人の個人のパワーが生み出した大きな財産。あなたのご参加を、お待ちしております。

グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。 寄付はこちらから >>

湯川れい子さんからのメッセージ

湯川れい子さん「私はグリーンピースのサポート・メンバーです」と言うと、意外そうな顔をされることがあります。
あるいはもっとハッキリと、大丈夫?ずいぶんラジカルな団体なんじゃないの?と口に出す人もいます。

そうなると、意外に思うのは私のほうです。
どうしてそんな風に思うのでしょうか。

誤解がないように申しますが、グリーンピースは思想団体でも政治団体でもなければ、左翼でも右翼でもありません。
ただひたすら環境を守るためだけに行動している中翼(なかよく)のボランティア集団なのです。

オンボロ船、虹の戦士号にまたがって、まるでドン・キホーテのように、環境のため、次世代のためなら七つの海を越えて地の果てまでも突き進むグリーンピースを、どうぞ暖かい目で見守って、サポートしてあげてください。私たち皆の幸せな未来のために。

音楽評論、作詞
湯川 れい子

グリーンピースの最近の活動の成果について

グリーンピースでは、活動のことを「キャンペーン」と呼んでいます。
これらの活動は、みなさまのご支援がなければ決して実現しませんでした。
そして解決しなければならない問題は、今も私たちの目の前に山積みになっています。
みなさまのご支援により成功させることができた、最近の活動例をご紹介します。

 

サポーターのみなさまからのメッセージ

40代女性 埼玉県
サポーターさんサポーターになる前は正直、捕鯨のことで、グリーンピースに対してマイナスイメージを持っていました。
一方で、反核活動はすごく評価していました。
最近 は、特に捕鯨に関して、情報が官庁とか日本国内のメディアにコントロールされている、という事実に気付きはっとすることがあります。
グリーンピースの、国 にも企業にも果敢に環境保護の観点から問題点をついていく姿勢は素晴らしいし、こうした活動の存在意義はとても大きいものだと実感しています。
困っている 人を助ける団体も偉いし応援していますが、グリーンピースはそういう人たちを直接助けることに主眼を置いているわけではない。
むしろ、人類全体や人類の未来、孫とかその孫の命に関わるところの環境保護をやっている。
だから、直接人を助けることよりもっとすごいと思うし、そこに寄付しているということは、孫に寄付しているのとおんなじ、と思っています。
ぜひ、グリーンピースに参加して、イベントがあったらぜひ一度来てみてください!

20代女性 東京都
サポーターさん 地方の中学生だった頃に知って以来、身を粉にして環境を守るグリーンピースは私にとってヒーローでした。
私も何か環境のため、グリーンピースのために力になりたいと思い、東京の大学に進学してからはボランティアで毎週オフィスのお手伝いをさせてもらっています。
サポーターとして情報を得るだけでなく、ボランティアとして自ら活動することで環境破壊そのものは勿論、政策や国際関係を学ぶ事ができ、とても良い経験に なっています。
私個人は小さなことしか出来ませんが、グリーンピースの一部となって環境保護に貢献出来ることに、とても誇りに思っています。

70代男性 静岡県
サポーターさん 近年のグリーンピース・ジャパンの活躍には目を見張るものがあります。
今後期待する活動は「エネルギー政策の啓蒙」。地球温暖化問題で最も重要なエネルギー供給面、自然エネルギーの増強、原子力発電のリスクについて、日本の主要メディアは完全に腰が引けています。
環境問題の解決は政治の選択によりますが、そのためには環境問題の世界最強のプレッシャー・グループ、グリーンピースの存在が必要です。
先進諸国ではグ リーンピースは市民に広く受け入れられ、行政に健全な影響力をもっています。
日本市民の資金協力によって、日本政府から独立した組織、グリーンピース・ ジャパンが発展することを期待しています。
(2008年12月に故人となられました。グリーンピース・ジャパンスタッフ一同、環境と平和へのご遺志を引き継いで活動を続けてまいります。)

30代女性 東京都
6歳の娘の将来の夢は「いるかのトレーナー」です。
人間と生き物(植物)が会話ができると信じています。
便利なだけ簡単なだけ世の中よりもすこしくらいの不便も乗り切れるように育てていきたいし、モノは簡単に手に入らなくてもいいと思っています。
たくさんの自然のものと触れ合って気持ちも大らかに成長していって欲しい。
グリーンピースの活動されている様子も近い場所で見せてあげたいと思います。親子で応援します。

20代男性 愛知県
今日初めてグリーンピースのことを知りました。
グリーンピースのような環境保護団体が存在して本当に良かったです。
ネガティブで悪いニュースが多い今の世の中で、ホッとするのと同時に、やっぱり人間も捨てたもんじゃないな、と思い直しました。
応援しています!

グリーンピースを応援して下さる団体もご紹介します。
みんなで楽しんで、グリーンでピースな活動を広めましょう!
グリーンピースサポーターズクラブ 熊本 >>
http://gpj-sc-kumamo.jugem.jp/

最新情報

 

ブレグジット、トランプ政権に続きハンガリーでも

ブログ米田祐子 | 2017-04-21

「不可能と思える変化も人々が立ち上がれば達成できる。世界はきっと良い方向に向かっていく」 1989年の東欧で起きた市民の力によって、共産圏の独裁政権が倒れていくニュースを、中学校の宿題で新聞の切り抜きをしながら追っていた私は興奮を覚えました。1989年から1990年の冷戦終結の流れは、私の中に深い印象を残し、将来の方向性を決める大きな転換点にもなりました。   弾圧に屈することなく通りに溢れる人の波。頑強に見えた共産圏の独裁政権が次々と倒...

2016年 年次報告書

出版物|2017-03-29 12:00

「国際環境NGOグリーンピースの取り組み」2016年度の活動報告と財務報告です。

話そう、女性と環境 ー 福島、キルギス 女性たちの強い意志

ブログ広報 関本 | 2017-03-28

みなさん、こんにちは。グリーンピース・ジャパン広報の関本です。 国際女性デーの翌日、 3 月 9 日に「みんなで話そう、女性と環境」トークイベントを開催しました。 環境汚染や開発の現場から女性の人権について考えるために開催したこのイベント。フォトジャーナリストとして世界で取材を続ける林典子さんを迎え、グリーンピース事務局長の米田祐子が話をうかがいました。都内の会場には女性だけでなく、男性の参加者も含めて約 30 人が参加してくださいました。   ...

6年目の3.11 - たたかいは続いている

ブログ事務局長 米田祐子 | 2017-03-10

2011 年 3 月 11 日。東日本大地震の発生、海岸沿いの街に大きな被害をもたらした大津波。そのショックの最中に舞いこんだ、東京電力福島第一原発が制御不能になったというニュースーー。震災から 6 年が経過する本日、犠牲になられた方々に哀悼の意を表します。 忘れないでいること 多くの方の運命が、この日、永遠に変わってしまいました。家族、友達、同僚、知り合いを亡くし、住む場所を失い、土地や仕事や財産を失い、慣れ親しんだ街や地域社会は面影もなく、あ...

『壁ではなく橋を』米大統領就任、思いを一つに

ブログ米田祐子 | 2017-01-26

こんにちは。グリーンピース・ジャパン事務局長の米田祐子です。 メキシコとの国境に壁を築くと公約したトランプ大統領。 就任式が行われた1月20日には、祝う人もいれば、悲嘆にくれる人も、怒りを表す人もあり、社会の深い分断を改めて印象付けました。 翌日、トランプ氏の就任に反対し、女性の権利を訴えたデモには、全米で500万人が参加したと報道されています。 1月25日、トランプ大統領がメキシコとの国境に壁を建設すると大統領令に署名したのと同じ日...

2017年の抱負 グリーンピースが取り組む4つのこと

ブログ米田祐子 | 2017-01-13

新春のお慶びを申し上げます。グリーンピース・ジャパン事務局長の米田祐子です。日頃、グリーンピースの活動に関心を寄せ、署名活動やイベントに参加・協力していただき、ありがとうございます。 新しいスタートは、わくわくするものです。新年の目標を立てられた方も多いのではないでしょうか。 私は、年末沖縄へ行き、勉強も兼ねて辺野古にも足を運びました。改めて、沖縄の視点から戦後の歴史を学び直したいと思いました。 また、冬でも温暖な気候、海の青さ、独特の文化に新しい活力...

オスプレイに揺れる中、署名2万筆を提出

ブログ沖縄プロジェクト 石井 | 2016-12-19

こんにちは。沖縄プロジェクトリーダーの石井です。 思わず目を疑うニュースが飛び込んできました。12月13日夜に沖縄県名護市安部(あぶ)沿岸で起きたオスプレイの事故から、わずか数日しか経っていないにもかかわらず、 米軍は、飛行再開を決定した とのことです。 事故原因究明前であるにもかかわらず、本日14時には飛行再開し、日本政府も容認したと報道されています。 高江と辺野古を想う20,086筆の署名を提出 ...

生きものハカセ・アキノ隊員と楽園やんばるを歩く

ブログ沖縄チーム | 2016-10-14

雨に恵まれた沖縄本島北部のやんばるは、そのほとんどがスダジイなどの木々に覆われた亜熱帯の照葉樹林。一歩山に入れば、そこはみずみずしい緑が美しい、命の楽園です。   たくさんの命を育むだけなく、その種類もバラエティに富んでいるのがやんばるの森の魅力。たとえば日本にいる鳥類の約半分の種が、そして在来種のカエルの4分の1の種が、やんばるでみつかっています。 天然記念物のヤンバルクイナもこの森の住民。やんばるの森のなかにある高江では、飛べない鳥とし...

「やんばるを守る」未来につながるたたかい

ブログ沖縄チーム | 2016-09-30

「反対したい 一番の理由はここで戦争の訓練をしている、ということ です。 やんばるの森をそういう場所にしたくない んですよね。 訓練を受けた兵士が戦争に行って、人を殺すわけですよね。それを見て見ぬふりをするのは、 僕らも戦争に加担しているという気持ちになります 。 この豊かな森を戦争の道具にしないで、様々な命があるんだから、 命が生まれて巡っていく、そういう森にしたい んです」 こう話してくれたのは、沖縄県東村高江に住む木工...

楽園「高江」という場所を知っていますか?

ブログ沖縄チーム 石井 | 2016-09-21

こんにちは、Ocean Lovers沖縄チームの石井です。 高江という場所を知っていますか? 沖縄県の北部、東村(ひがしそん)高江。 150人あまりが暮らす、小さな集落です。 子どもたちは自然の中を走り回る。 大人が集まれば笑い声と音楽が自然の中に響く。 村全体が、一つの大きな庭に暮らす家族のようです。 「天国のような場所なんです」 そこに住む人々は言います。 ...

1 - 10226の結果。