グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業からの資金援助を受けていません。

これまでの成果は世界280万人、日本5,000人の個人のパワーが生み出した大きな財産。あなたのご参加を、お待ちしております。

グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。 寄付はこちらから >>

湯川れい子さんからのメッセージ

湯川れい子さん「私はグリーンピースのサポート・メンバーです」と言うと、意外そうな顔をされることがあります。
あるいはもっとハッキリと、大丈夫?ずいぶんラジカルな団体なんじゃないの?と口に出す人もいます。

そうなると、意外に思うのは私のほうです。
どうしてそんな風に思うのでしょうか。

誤解がないように申しますが、グリーンピースは思想団体でも政治団体でもなければ、左翼でも右翼でもありません。
ただひたすら環境を守るためだけに行動している中翼(なかよく)のボランティア集団なのです。

オンボロ船、虹の戦士号にまたがって、まるでドン・キホーテのように、環境のため、次世代のためなら七つの海を越えて地の果てまでも突き進むグリーンピースを、どうぞ暖かい目で見守って、サポートしてあげてください。私たち皆の幸せな未来のために。

音楽評論、作詞
湯川 れい子

グリーンピースの最近の活動の成果について

グリーンピースでは、活動のことを「キャンペーン」と呼んでいます。
これらの活動は、みなさまのご支援がなければ決して実現しませんでした。
そして解決しなければならない問題は、今も私たちの目の前に山積みになっています。
みなさまのご支援により成功させることができた、最近の活動例をご紹介します。

 

サポーターのみなさまからのメッセージ

40代女性 埼玉県
サポーターさんサポーターになる前は正直、捕鯨のことで、グリーンピースに対してマイナスイメージを持っていました。
一方で、反核活動はすごく評価していました。
最近 は、特に捕鯨に関して、情報が官庁とか日本国内のメディアにコントロールされている、という事実に気付きはっとすることがあります。
グリーンピースの、国 にも企業にも果敢に環境保護の観点から問題点をついていく姿勢は素晴らしいし、こうした活動の存在意義はとても大きいものだと実感しています。
困っている 人を助ける団体も偉いし応援していますが、グリーンピースはそういう人たちを直接助けることに主眼を置いているわけではない。
むしろ、人類全体や人類の未来、孫とかその孫の命に関わるところの環境保護をやっている。
だから、直接人を助けることよりもっとすごいと思うし、そこに寄付しているということは、孫に寄付しているのとおんなじ、と思っています。
ぜひ、グリーンピースに参加して、イベントがあったらぜひ一度来てみてください!

20代女性 東京都
サポーターさん 地方の中学生だった頃に知って以来、身を粉にして環境を守るグリーンピースは私にとってヒーローでした。
私も何か環境のため、グリーンピースのために力になりたいと思い、東京の大学に進学してからはボランティアで毎週オフィスのお手伝いをさせてもらっています。
サポーターとして情報を得るだけでなく、ボランティアとして自ら活動することで環境破壊そのものは勿論、政策や国際関係を学ぶ事ができ、とても良い経験に なっています。
私個人は小さなことしか出来ませんが、グリーンピースの一部となって環境保護に貢献出来ることに、とても誇りに思っています。

70代男性 静岡県
サポーターさん 近年のグリーンピース・ジャパンの活躍には目を見張るものがあります。
今後期待する活動は「エネルギー政策の啓蒙」。地球温暖化問題で最も重要なエネルギー供給面、自然エネルギーの増強、原子力発電のリスクについて、日本の主要メディアは完全に腰が引けています。
環境問題の解決は政治の選択によりますが、そのためには環境問題の世界最強のプレッシャー・グループ、グリーンピースの存在が必要です。
先進諸国ではグ リーンピースは市民に広く受け入れられ、行政に健全な影響力をもっています。
日本市民の資金協力によって、日本政府から独立した組織、グリーンピース・ ジャパンが発展することを期待しています。
(2008年12月に故人となられました。グリーンピース・ジャパンスタッフ一同、環境と平和へのご遺志を引き継いで活動を続けてまいります。)

30代女性 東京都
6歳の娘の将来の夢は「いるかのトレーナー」です。
人間と生き物(植物)が会話ができると信じています。
便利なだけ簡単なだけ世の中よりもすこしくらいの不便も乗り切れるように育てていきたいし、モノは簡単に手に入らなくてもいいと思っています。
たくさんの自然のものと触れ合って気持ちも大らかに成長していって欲しい。
グリーンピースの活動されている様子も近い場所で見せてあげたいと思います。親子で応援します。

20代男性 愛知県
今日初めてグリーンピースのことを知りました。
グリーンピースのような環境保護団体が存在して本当に良かったです。
ネガティブで悪いニュースが多い今の世の中で、ホッとするのと同時に、やっぱり人間も捨てたもんじゃないな、と思い直しました。
応援しています!

グリーンピースを応援して下さる団体もご紹介します。
みんなで楽しんで、グリーンでピースな活動を広めましょう!
グリーンピースサポーターズクラブ 熊本 >>
http://gpj-sc-kumamo.jugem.jp/

最新情報

 

エコ&アートなひととき…短編映画祭に行ってきました

ブログ広報担当 松本 | 2018-06-15

グリーンピース・ジャパン広報担当の松本です。   映画といえば先日、是枝裕和監督がカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドール賞を受賞したニュースが世間を騒がせましたね! 今回は、1999年に始まり今年で20周年を迎える「 ショートショート フィルム&アジア 」という短編映画祭の様子をレポートします。   表参道ヒルズ前の並木でも「ショートショート フィルム&アジア」の告知が!   ...

自由は永遠に死なない

ブロググリーンピース・ジャパン | 2018-06-15

1年前のきょう、共謀罪が参議院本会議で可決、成立しました。   写真:強行採決された日の国会議事堂前 ©Greenpeace     共謀罪とは、組織犯罪を計画段階から処罰するための法律。 なので日本政府はあくまで取締りの対象は組織的犯罪集団としていますが、その定義が明確でなく、適用される罪が277にも及ぶことから、政府や捜査機関などの法執行機関が恣意的に運用できてしまう危険性が高く、多くの市民が成立に...

ベテラン環境記者と、グリーンピース・ジャパン元事務局長が語る、日本の環境問題の本質!(前編)

ブログcjono | 2018-06-04

グリーンピース・ジャパン広報担当の城野です。 4月28日、初夏の爽やかなお天気の日、ヤマナシ・ヘムスロイド・ミモザギャラリーという青山の素敵なギャラリーで、 「スペシャル・トークベント あなたの暮らしと環境問題はどうつながっている?」 を行いました! 30数年の経験を持つベテランの環境ジャーナリスト、 共同通信編集委員・論説委員の井田徹治さん 。そして、 グリーンピース・ジャパン元事務局長 で、いまはパタゴニア・ジャパンで環境・社会部門ディレクターを...

丁寧な暮らしのためのヒントを学びませんか?4月14日から5月5日はGreenweek!

ブログ渉外担当 吉野 | 2018-03-16

日々の暮らしの中でできる環境にも優しいこと。手作りを取り入れた暮らしなら、きっともっと循環型の社会に近づけるはず。自然にもやさしい「丁寧な暮らし」のためのヒントをグリーンピースと一緒に学びませんか?  クラフトx環境保護  「丁寧に暮らす」をモットーに、温かみのある手作りで生活を彩ることを伝えているNPO ヤマナシヘムスロイド と、美しい地球環境を未来に残すためにグローバルに活動を続けている グリーンピース・ジャパン 。 ...

奄美大島に漂着した油を見てきました

ブログ広報担当 土屋 | 2018-02-16

油の漂着が起きている島の内外から、影響を気にする声を多くいただき、グリーンピースは2月12日から14日にかけて #奄美大島  に行ってきました。油の漂着の状況確認と、住民の方への聞き取り調査を行うためです。 これは、グリーンピースの基本的な活動のひとつである、「ベアリングウィットネス(bearing witness)」ーー環境破壊の現場をこの目で確かめ、その事実を国内外へ発信することを目的としています。二回にわけてその結果をお伝えしたいと思います。 ...

自由を手に入れるには、恐怖に正面から立ち向かうこと。

ブログ広報担当 土屋 | 2018-02-09

こんにちは、広報担当の土屋です。日本ではまだまだ寒さに震える日々ですが、とても嬉しいニュースがアフリカから舞い込んできました! 1月30日、グリーンピース・アフリカの事務局長を務めるンジェリ・カベベリが、長年の人権活動への功績を認められ、ケニアで栄誉ある 『2017年度ムニール・マツルイ生涯人権擁護功労賞』 *1を受賞したのです!     写真:ケニア・ナイロビにあるオランダ王国大使館で開催された全国人権擁護者連合(NCHRD-K)主催による式典に出席したンジ...

福島、共謀罪、サステナブル・シーフード。2017年を写真で振り返る

ブログ広報担当 土屋 | 2017-12-21

こんにちは、広報担当の土屋です。 2017年も残すところあと数日になりましたね。皆さんはどんな一年を過ごされましたか? 今年もグリーンピース・ジャパンは、緑豊かで平和な世界の実現のため、市民の皆さまと共にキャンペーン活動を行ってきました。この1年間を写真で振り返っていきたいと思います。 2月:いま福島に帰ると、生涯でどれだけ被ばくするの? グリーンピースは、飯館村での生涯被ばく線量の調査結果を今年の2月に発表しました。最大183ミ...

就職目前の僕が考える、理想の企業 x NGO連携のカタチ

ブログ丸山貴平 | 2017-12-17

グリーンピース・ジャパン ボランティアチーム所属の丸山です。   僕は大学4年生で学業のかたわら、グリーンピース・ジャパンでインターンとしても働いています。 どこで働くにしろ、そこで何をするにしろ、これから働き始めるみなさんと一緒に”ビジネス”を考えたいと思い、ブログにしました。 (グリーンピース主催イベントでの一幕)   「 2017 ビジネスとヒューマンライツに関する国際会議 in ...

やんばるの森の世界自然遺産登録を喜べない理由

ブログ沖縄プロジェクトアシスタント 山本真知子 | 2017-11-17

沖縄北部の森「やんばる」の森が、世界自然遺産の候補になっています。もし登録されれば、知床、白神山地、屋久島、小笠原諸島につづく国内の世界自然遺産になります。でも、素直に喜べない事情があります。(文:沖縄プロジェクトアシスタント山本)  1. やんばるの自然 やんばるの森 高江という集落は、「やんばる」と呼ばれる豊かな自然に囲まれた地域です。世界で唯一の湿潤な熱帯照葉樹林を棲み処として生息している動植物が数多くいます。そこには、教科書等でも...

大学生からみたSDGsをめざす日本の立ち位置

ブログVolunteer Shirato | 2017-10-20

こんにちは、ボランティアの白土です。 SATREPS という、 JICA と JST の共同事業についてのシンポジウム 「科学と開発をつなぐブリッジ・ ワークショップ」に参加してきました。 若者世代として、このシンポジウムに参加して考えた事をブログに書く機会をいただいたので、よろしければお付き合いください。  (場所はJICA研究所。この椅子、格好良くないですか…?)    ...

1 - 10236の結果。