グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

2014年、年末のご挨拶にかえて

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2014-12-27

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 皆様からのあたたかいご支援、ご協力のおかげで、2014年もグリーンピース・ジャパンは皆さまとともに重大な環境問題に取り組むことができました。 特に、今年から開始したミツバチなどの激減の原因とされるネオニコチノイド系農薬の国内規制を目指したキャンペーンや、原発の再稼働を止めるための活動には、多くの方にご参加いただきました。おかげさまで、ネオニコ系農薬の規制緩和、原発の再稼働の両方において、世論の高まりをうけてをその動きを遅らせ...

2014年、年末のご挨拶にかえて

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2014-12-27

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 皆様からのあたたかいご支援、ご協力のおかげで、2014年もグリーンピース・ジャパンは皆さまとともに重大な環境問題に取り組むことができました。 特に、今年から開始したミツバチなどの激減の原因とされるネオニコチノイド系農薬の国内規制を目指したキャンペーンや、原発の再稼働を止めるための活動には、多くの方にご参加いただきました。おかげさまで、政府が目指しているネオニコ系農薬の規制緩和、原発の再稼働の両方において、世論の高まりをうけて...

福袋だけじゃない。電気だって、その「なかみ」が知りたい!〜東電エリアの500人に電気料金請求書について意識調査を実施

ブログエネルギー担当 柏木 | 2014-12-26

こんにちは。 いまどきは、中身の見える福袋が販売されていると知って、とってもびっくりしたエネルギー担当の柏木です。 福袋だけではなくて、買い物のときには商品に貼られているラベルを見てその「中身・成分」を必ずチェックする、という方も多いのでは? 「電気の成分」ってどうなってるの? ご存知の通り、電気は様々な電源から発電されています。 自然エネルギー発電であれば太陽光、風力や地熱、 火力発電であれば石炭やガス、石油、 ...

「高すぎる」ネオニコ系農薬の残留基準〜厚生労働省の案が明らかに!

ブログ食と農業 | 2014-12-25

みなさんこんにちは。冬至を過ぎ、学校もお休み入り、年の瀬の雰囲気になってきました。 そんな折、農薬などの残留基準を審議している厚生労働省の部会(注1)では、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジンの食品への残留基準を決める検討が再開されました。グリーンピースの食と農業問題チームも傍聴に行ってきました。 この日(12月24日)の部会で出されたネオニコの残留基準の案には、委員の方からも思わず「ずば抜けて高い」(ほうれん草について)との意見が。   ...

アメリカ、ハワイなど野生生物の保護区でもネオニコ禁止に〜オバマ大統領令につづくアメリカの動き(2)

ブログ食と農業 | 2014-12-20

みなさん、こんにちは。食と農業問題担当の関根です。 ヨーロッパでネオニコチノイド系農薬の規制が始まって一年がたちました。 アメリカでも、ハワイなど太平洋側の野生生物の保護区でネオニコチノイド系農薬の使用を2015年末までに全廃することが決まりました。 「太平洋地域では、国立野生生物保護区の野生生物のため、農作物の栽培でのネオニコチノイド系農薬の使用を効果的に、速やかに、廃止するための段階的アプローチに着手する」(魚類・野生生物保護局...

2014/12/18 「電源構成」などの表示を求める消費者が50.8% −− グリーンピース、電力自由化を前に電力料金請求書項目表示について意識調査

プレスリリース|2014-12-18 16:10

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、12月18日、東京電力管内に住む消費者500名に対して行った電力料金請求書の表示項目に関する意識調査の結果を発表しました(注1)。毎月届く請求書(「電気ご使用量のお知らせ」)に、電源別の発電電力量構成比(電源構成)、二酸化炭素排出量、放射性廃棄物排出量が表示されていたほうがよいと思うか聞いたところ、「はい」の回答が50.8%を占め、「いいえ」の9.0%を大きく上回る結果となりました。グリーンピースは、電源構成や発電に伴う二酸化炭素排出量・放射性廃棄...

1500万人の飲料水を守れ!高浜原発再稼働パブコメ、政府が国民の意見を募集中。あなたも書きませんか?たとえば、こんなことを。

ブログ鈴木かずえ | 2014-12-18

こんにちは。核・エネルギー担当の鈴木かずえです。 全国で原発に再稼働に反対されている方々のチカラで、今、日本の原発のすべてがとまっています。原発なしのお正月を迎えることができるって、とっても、おめでたいですね! ところで、12月17日、原子力規制委員会は、 関西電力高浜原発3,4号機の再稼働適合審査書案 を公表しました。再稼働に向けて、の最初のステップです。 この案に対するパブリックコメントが始まっています。 ぜひ、あなたに、パブリックコメント...

2014/12/17 グリーンピース声明:規制委は「人と環境を守る」自らの理念に立ち返れ ——高浜原発再稼働、適合審査書案の原子力規制委員会による公表を受けて

プレスリリース|2014-12-17 12:10

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、12月17日、原子力規制委員会が、九州電力の川内原発1,2号機につづいて2例目となる関西電力高浜原発(福井県)3,4号機の再稼働適合審査書案を公表したことを受けて、下記の声明を発表しました。

「べつの道」は、あなたを待っている:イタリアの小さな村が農薬全廃を決定~日本でも各地で農薬に頼らない試み

ブログ食と農業 | 2014-12-16

皆さんこんにちは。食と農業問題担当の関根です。 衆議院選挙で「この道しかない」と叫んでいた自民党が291議席を獲得しました。「この道」って?原発の再稼働、武器輸出、特定秘密保護法、そして集団的自衛権…? 農薬のもたらす被害を告発した『沈黙の春』の著者、レイチェル・カーソンは、本の終章「べつの道」で、こんな風に書いています。 「私たちは、いま分かれ道に立っている。 長いあいだ旅してきた道は、一見、快適な高速道路で、超スピードで進むことができるけれど、...

1 - 101233の結果。