グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

原発メルトダウンまで20分--避難時間は2日半!?

ブログ鈴木かずえ | 2014-04-24

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。   アメリカだったら、原発停止? アメリカでは、原発事故に対して、有効な防災計画がなければ、原子力規制委員会が、原発の運転を止めさせることができます。 日本の原子力規制委員会は自治体がつくる原子力防災計画が有効かどうかも、見てくれません。   メルトダウンまで20 分、避難時間は2 日半!? メルトダウンまで20分(※)しかないのに、避難指示が出るのは「全面緊急事態...

2014/04/22 共同声明:すべての調査捕鯨の停止を ~北西太平洋鯨類捕獲調査開始発表を受けて~

プレスリリース|2014-04-22 16:00

イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク 国際環境 NGO グリーンピース・ジャパン

【小売拠点紹介】熊本県菊池市の渡辺義文さん

ビデオ|2014-04-22 11:00

熊本県菊池市で無農薬栽培米・無農薬野菜を始めとするオーガニックフードの製造・販売­を営み、菊池で採れた無農薬のオーガニック野菜、無添加の調味料を使った自然食レスト­ラン「郷乃恵」の経営者。

夏の土用丑の日まであと100日

ブログ海洋生態系担当 花岡和佳男 | 2014-04-21

みなさん、こんにちは。海洋生態系担当の花岡和佳男です。 今日は、夏の土用丑の日まであとちょうど100日という節目です。 100日後に子どもたちと一緒にきちんと夏の土用丑を迎えることができるために、この節目を機にウナギの問題についてまとめます。 1.日本で消費されているウナギの99%は絶滅危惧種 古くから夏の土用丑の定番食として専門店で親しまれてきたウナギは、スーパーなどで薄利多売されるようになると生存数が一気に激減しました。 ...

2014/04/18 水産庁、南極海での2015年度「調査捕鯨」再開の発表を受けて――日本は「調査捕鯨」を完全に中止し、生態系の包括的な調査を

プレスリリース|2014-04-18 22:00

水産庁が2015年度の南極海での調査捕鯨再開を本日18日に発表したことを受けて、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一は以下のとおり声明を発表しました。同時に水産庁は、北西太平洋での調査捕鯨も捕獲頭数を減らして4月26日から実施すると公表しています。

レポート「消えるハチ」日本語版。まとめてみました。

ブログ食と農業 | 2014-04-18 1コメント

消えるハチ    “国連食糧農業機関(FAO)の試算によれば、世界の食糧の90%を占める作物約100種のうち約2/3以上がミツバチの花粉交配に頼っている。” ※出典:レポート「消えるハチ」日本語版(2014年4月18日)   “米国では 2006年以降、飼育ミツバチの巣の30~40%が失われた。” ※出典:レポート「消えるハチ」日本語版(2014年4月18日)   “世界的に、虫による授粉に頼る農作物の作付けは増加してい...

2014/04/18 レポート「消えるハチ」日本語版発表 ―ネオニコチノイド系農薬の影響で大量死が続いているミツバチの実態について

プレスリリース|2014-04-18 13:30

国際環境NGO グリーンピース・ジャパンは18日、新レポート「消えるハチ」を発表しました(注1)。

レポート「消えるハチ」日本語版

出版物|2014-04-18 13:30

ネオニコチノイド系農薬の影響で大量死が続いているミツバチの実態について

【学校訪問】海の問題について考えてみよう

ブログ海洋生態系担当 田中真帆 | 2014-04-17

こんにちは、海洋生態系担当の田中真帆です。 今週、海洋生態系チームは清泉インターナショナルスクールの7歳から8歳のクラスで出張授業を行いました。 まず、海洋生態系担当の花岡和佳男から、海で起きている問題についてお話しました。 その後、問題を理解し、解決策について考えるために、フィッシング・ゲームを行いました。   <フィッシング・ゲームのルール> ● 各チームがそれぞれの漁船に乗って漁に出ます。 ●...

農薬が気になる野菜は何ですか? アンケートを実施します!

ブログ食と農業 | 2014-04-16

こんにちは。 春野菜のおいしい季節になってきましたね。 みなさんは、野菜や果物にどれくらい農薬がついているんだろう、と考えてみたことありますか? 【意外と知らない残留農薬】 自治体や農林水産省などでは、定期的に残留農薬の調査結果を発表しています。 でも大抵の場合、農薬の残留基準(農産物に残っていてもいいと政府が決めている量)を超えていなければ、「超えていない」ということしか発表されません。 「どれくらいの農薬が残っているのか」(数値)は、ほとんど公表されていな...

1 - 101084の結果。