グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

土用の丑の日 – EEL DEAL-

ブログ海洋生態系担当 田中真帆 | 2014-07-29

こんにちは。海洋生態系担当の田中真帆です。 ついにやってきました土用の丑の日! 世界のウナギ生産量の70%を消費する日本。 そのうちの4割が今日1日で食べられています。 毎日毎日蒸し暑い。夏休みの子どもがうらやましい。会社に行きたくない・・。 今日は、夏バテ気味の企業戦士がこぞってウナギを食べる日です。 ところで、目の前の「蒲焼」についてあなたはどこまで知っていますか? 日本で消費されてきたウナギの99%は絶滅危惧種!   ...

鹿児島で上映会あり 映画「逃げ遅れる人々~東日本大震災と障害者」

ブログ鈴木かずえ | 2014-07-25

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 「逃げ遅れる人々~東日本大震災と障害者」(監督:飯田基晴氏)というドキュメンタリーを見ました。 地震や津波だけでも、障害を持った方々にとって、たいへんな避難。東日本大震災では、放射能からも逃げなければなりませんでした。 このドキュメンタリーを見て、これはぜひ、たくさんの方々に見ていただきたい、とくに、この秋にも再稼働か、と言われている鹿児島県の川内原発の地元と周辺市町村の方には...

気になる!「代替ウナギ」って何?

ブログ花岡和佳男(海洋生態系担当) | 2014-07-24

こんにちは。海洋生態系担当の花岡和佳男です。 土用の丑の日までいよいよあと一週間です。 今年は二ホンウナギが国際的に絶滅危惧種に指定されたり、国際貿易が規制されているヨーロッパウナギがワシントン条約の網の目を抜けて日本市場に流れたりと、「うなぎのぼり」ならぬ「うなぎくだり」な現状が次々と報じられていますね。 でも、絶滅危惧種に指定されるほど自然界からいなくなっているはずなのに、少し高価になったとはいえ今でもスーパーマーケット等に行けば手軽にウナギが手...

ネオニコ残留農薬の基準、またもや規制緩和か? パブコメ出そう!締切は7月31日17時

ブログ食と農業問題 | 2014-07-23

みなさんこんにちは。 食と農業問題「bee my friend」を担当しています関根です。 ネオニコチノイド系農薬の一種で、EUでは使用規制が始まっているクロチアニジン。日本では食品中における大幅な残留農薬の基準緩和が進められようとしています。再審議となったあと、またパブコメ募集が始まっています。締切は7月31日17時。 募集詳細はこちら。 実はこのクロチアニジン、去年から大幅な基準緩和が提案されていました。2000倍の緩和!

2014/07/23 グリーンピース新現地調査レポート「代替ウナギも赤信号」発表 ―第3のウナギ、インドネシア・ビカーラ種も絶滅の恐れ―

プレスリリース|2014-07-23 11:15

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、「代替ウナギ」として注目されるビカーラウナギの流通実態を把握するため、2014年6月13日から22日にかけてインドネシアでフィールド調査を行い、調査結果を本日23日に発表しました。(注1)本調査結果から、資源管理なきままに日本からの需要増によって同種が乱獲状態にあることが明らかとなりました。土用の丑の日に向けてウナギ商品を多く扱う大手スーパーマーケット15社(注2)の中で、同種の取り扱いが唯一あるイオンには、絶滅を回避するための積極的取り組みを求めます。

【生産者紹介】愛媛県中島の岡田義之さん

ビデオ|2014-07-23 11:00

愛媛県の中島で有機農家をしている岡田義之さん。レモンを含む柑橘類12種を育ててい­る。

これでいいの?農薬の空中散布の効果と健康被害--長野県の集会に参加して

ブログ食と農業 | 2014-07-18

みなさん、こんにちは。 小型飛行機が農薬をまいて飛ぶ様子を見たことありますか? これはブラジルの大豆畑の写真ですが、日本でも、飛行機やラジコンの小型のヘリコプターで森林や農地への農薬散布が行われています。 最近は、ネオニコチノイド系農薬を山に空中散布するケースも増えてきているそうです。 7月16日、長野県庁で、松枯れ対策のための農薬(殺虫剤)の空中散布と農薬被害について、長野県の住民の方たちの行政との集会(交渉)があり、グリーンピース...

パブコメ出そう、川内原発とまるほど

ブログ鈴木かずえ | 2014-07-17

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 今、日本全国の原発はすべて止まっています。 このまま止め続けておくために、この夏、あなたにできることがあります。 川内原発の再稼働適合審査書案へのパブリックコメントを出すことです。 締切は8月15日 。国の原子力規制委員会が募集しています。  募集するのは「科学的・技術的なご意見」とありますが、ひるむことなく、ふつうに意見を出しましょう。   ...

【生産者紹介】愛媛県中島の泉精一さん

ビデオ|2014-07-16 11:00

愛媛県の中島で有機農家をしている泉精一さん。レモンを含む柑橘類5種や、しょうが、­ごまなどを栽培している。

【生産者紹介】石川県能登の養蜂家の井上治子さん

ビデオ|2014-07-14 11:00

石川県能登で100%国産はちみつを育てている養蜂家の井上治子さん。

1 - 101133の結果。