グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

2030年原発比率は、今と同じでゼロがいい。日本政府のエネルギーミックス リアリティチェック!

ブログ鈴木かずえ | 2015-05-04

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 2030年の日本のエネルギーミックス案が出ましたね。   原発  20~22% 自然エネルギー   22~24% 石炭    26% 液化天然ガス     27% 石油    3% 自然エネルギー、控えめですね~。低いですね~。 「低い目標はそれ自体が失敗である」という名言を思い出します。 それにひきかえ、原発のほうは、野心的ですね。...

「ケネディ大使、沖縄・辺野古のジュゴンのこと、もっと知ってください―米国大使館へミーティングに行ってきました!」

ブログ関本 幸 | 2015-05-01

ゴールデンウィーク中の4月30日、東京・虎ノ門の駐日米国大使館に行ってきました。キャロライン・ケネディ大使に提出予定の「沖縄・辺野古のジュゴンを守ろう!」署名に関連して、大使館担当者と意見交換をするためです。  大使館からは、科学・技術・環境、広報、軍事政策の担当者が出席。グリーンピースからはプログラム部長のチア、広報の関本、キャンペーナーの関根が参加しました。セキュリティを通過してものものしい雰囲気の中、30分のミーティングが行われました。 ...

ホントはどうなの!? 地震と原発 〜専門家に聞く原発の耐震安全性〜

ブログ関口 守(エネルギー担当) | 2015-04-29

(写真:川内原発をバックに)©  Masaya Noda / Greenpeace みなさんこんにちは。マモさんことエネルギー担当関口です。 お待たせしました!今日は久々に「初めてでもわかるマモさんの解説シリーズ」です! (写真:マニラ出張を機にヒゲ生やしました。どうですか?) 巨大地震がいつ起こっても不思議でない と言われている日本。巨大地震が起こった時、原発は大丈夫なのか? 気になって夜も眠れない感じの私です。 ...

ネオニコ農薬の影響、証拠つぎつぎと~国会でも取り上げられています

ブログ食と農業問題 | 2015-04-27

みなさんこんにちは、食と農業問題担当の関根です。 桜前線は北海道へ届き、もう様々な生き物たちが夏に向かって活発に動き出していますね。 一方、ここ数年、カエルをあまり見かけなくなった、虫やミミズが少ない、夏秋にトンボの姿が減った...といったことを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 自然の生態系にネオニコチノイド系農薬が与える影響が深刻だ、ということを示す新しい研究が最近相次いででてきています。   ...

原子爆弾6,000発分のプルトニウムを持つ国。この問題をほっといて、再稼働させられる?

ブログ鈴木かずえ | 2015-04-27

こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 原子爆弾6000発分のプルトニウム持つ日本 今日から5月22日まで、ニューヨークでNPT(核不拡散条約)再検討会議が開かれます。 NPTは核兵器を開発すること、つくること、持つことを規制して、核兵器保有国を増やさないことを目的とした国際条約です。 日本も1976年に批准、今では世界の190か国が参加しています。 NPTのもと、核兵器の材料の製造や移動(輸出入)、量が監視されています。 ...

4月25日は、ハッピー! 世界ペンギンの日!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-04-23

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 突然ですが、今週の土曜日、4月25日は世界ペンギンの日です! というわけで、今日は魚の獲りすぎ(過剰漁業)のお話しはお休みして、みんな大好きペンギンに焦点をあててみようと思います。   みなさん、ペンギンってどこに住んでるか知ってますか?寒いところ?北極?南極? よくペンギンとシロクマが一緒にいるイラストなんかを目にしますが、ペンギンは北極にはいないので、自然界において彼らが出会...

川内原発差し止めならず。でも今、日本の原発はぜんぶ停止中。各地の裁判を応援して、止めたままにしよう、1炉でも多く。

ブログ鈴木かずえ | 2015-04-22

(写真:GreenAction)   こんにちは。核・エネルギー担当の鈴木かずえです。 九州電力川内原発(鹿児島県)の再稼働差し止めならずーー 今日朝10時、鹿児島地方裁判所は、住民の訴えを退ける判決をだしました。 グリーンピースも 意見書 を出すなど協力しただけに、がっかりしています。 でも、たった今、日本の原発はぜんぶ止まっています。 原発のある市町村と道県だけでなく、もっと合意範囲を広げよという運動...

「ネオニコやめます」CSR報告書にも登場—アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系農薬を含む商品の取り扱いをやめると約束

ブログ食と農業問題 | 2015-04-18

皆さん、こんにちは。  食と農業問題担当の関根です。 最近、アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系の農薬を使った(入った)商品の取り扱いを段階的に廃止していくという方針をCSR報告書で公表しました。 企業は持続可能な社会との関係があってこそ存続でき、そのためには本来の事業活動を通して環境配慮・対策を行う社会への責任があります。この「企業の社会的責任」(CSR)を果たす行動の一つとしてネオニコチノイド系農薬を使った製品の取り扱いを段階的に廃止する...

こいのち × グリーンピース。トークイベント参加報告(オーシャン編)

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-04-17

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 先週末 4月11日(土)、世田谷こどもいのちのネットワーク(通称:こいのち)とのコラボイベント「おさかなクンだいじょうぶ?」にゲストスピーカーとして食と農業担当の関根と一緒に参加してきました。(農産物編は こちら ) ご参加下さったみなさま、この場をお借りしまして、改めてありがとうございました。   オーシャンチームは、過去の放射能汚染についての活動紹介と過剰漁業の問題についてお話しをしました...

こいのち × グリーンピース トークイベント参加報告(農産物編)

ブログ食と農業 | 2015-04-16

皆さんこんにちは。 食と農業担当の関根です。 4月11日、世田谷区こどもいのちのネットワークさん(通称:こいのち)とのコラボイベント「おさかなクンだいじょうぶ?」にゲストスピーカーとして海洋生態系担当の小松原と一緒に参加してきました。   食と農業問題の分野からは ネオニコチノイド系農薬をめぐっては、いま新しく始まっている署名運動と、それがなぜいま必要なの?という話をしました。ここでは、そのときお話ししたトピックを一つご紹介しま...

1 - 101288の結果。