グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

コレで再稼働、止まるかも?! 川内原発の再稼働差し止め裁判に、全国から期待上昇中

ブログ鈴木かずえ | 2014-11-26

写真提供:原発なくそう!九州川内訴訟原告団 こんにちは。核/エネルギー担当の鈴木かずえです。 今、九州電力川内原発を止めようと、二つの裁判があるのをご存じですか? 一つは、操業差止を求める「川内原発操業差止」、もう一つが、再稼働の差止を求める「川内原発再稼働差止仮処分」の裁判です。   川内原発再稼働に「待った」! 操業差止の裁判は、 2012 年 5 月から続いているのですが、結論がでない...

2014/11/26 ブリーフィングペーパー『司法判断への期待:川内原発再稼働をめぐる2つの訴訟』発表 ~命と環境を守る判決を、11/28川内原発再稼働差止仮処分...

プレスリリース|2014-11-26 13:40

国際環境NGOグリーンピースは、本日26日、九州電力の川内原発(鹿児島県)1,2号機の再稼働差止仮処分裁判の第4回目の審尋が11月28日に開催されることを受けて、ブリーフィングペーパー『司法判断への期待:川内原発再稼働をめぐる2つの訴訟』を発表しました(注1)。

2014/11/25 共同声明:ラムサール条約にもとづく辺野古・大浦湾沿岸域の保全について

プレスリリース|2014-11-25 17:00

ラムサール条約事務局は、2014年10月29日付けで環境省自然環境局野生生物課長宛に書簡を送り、「国際的に重要な湿地」であり、軍事基地建設が進みつつある「大浦湾の辺野古沖」について、環境アセスメントや環境影響の低減措置、基地建設とその運用によりダメージを受ける陸域や沿岸域の修復などについて情報提供を依頼する書簡を送付した。書簡は、サンゴ礁生態系や絶滅危惧種のジュゴンの保護にも触れている。

米シアトルでも、ネオニコ系農薬が禁止に。 世界と逆行する日本

ブログ食と農業問題 | 2014-11-20

米シアトルでも、ネオニコ系農薬が禁止に。 ミツバチや人間への影響が懸念され、世界中で規制が進むネオニコチノイド系農薬ですが、米国ワシントン州の中心都市シアトルでも、禁止が発表されました(注1)。 9月下旬に開催されたシアトル市議会で、同市内や、市が保有する土地で、ネオニコチノイド系農薬の使用について禁止令を制定する決議が全会一致で採択されました。 また、この決議ではネオニコ系農薬の全国的な一時使用中止を要求するとともに、対策を取るようにホワイトハウスの花粉媒...

太平洋クロマグロ、ついに絶滅危惧種に

ブログ海洋生態系担当 小松原和恵 | 2014-11-18

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 太平洋クロマグロが絶滅危惧種II類に指定されたことは、ニュースなどでも大きく取り上げられていますね。 グリーンピースは、適切な資源管理や持続可能な調達方針の導入を急がなければ、太平洋クロマグロを絶滅の危機から救うことはできないと訴えかけてきました。 行政も小売り等も少しずつ重い腰は上げ始めたものの、残念ながらそのペースは激減のペースに全く追いついていないもの。 絶滅危惧種指定は、とっても悲しいお知らせですが、太平洋...

2014/11/18 グリーンピース声明:水産庁が新たな鯨類調査計画案を発表 ――日本は新計画を撤回し、生態系の包括的な調査を

プレスリリース|2014-11-18 12:30

本日、水産庁が南極海における新たな鯨類調査計画案「新南極海鯨類科学調査」を発表した(注1)件について、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一は以下のとおりコメントしました。

「もう勘弁してください」は誰が言うべきか、沖縄県知事選と解散総選挙 

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2014-11-17

「もう勘弁してください」は誰が言うべきか。 昨日の沖縄県知事選挙で、沖縄県辺野古への基地移設反対を訴えた翁長雄志氏が、現職候補に約10万票の差をつけて圧勝した。 あの綺麗な海を泳ぐジュゴンやウミガメ、そして海底で物言わず棲み続けるサンゴたちもこの結果を喜んでいるにちがいない。 当選確定後、翁長氏は「『もう勘弁してください』との(沖縄県民の)切実な思いが今回の選挙にはあったと思う」と語った。しかし、本来「もう勘弁してください」と素直に負けを認め、基地...

第23回目放射線調査 ~福島県福島市・田村市・川内村・飯舘村~

記事|2014-11-14 18:00

東京電力福島第一原発事故により拡散した放射性物質の汚染状況調査報告(2014年10月24~27日実施)

署名する

とめよう再稼働オンライン署名にご参加ください

「集団的自衛権にNO!」みなさんの賛同署名を提出しました!

ブログ平和をまもる | 2014-11-12

本日東京都議会に、「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の見直し」を求める陳情書に賛同してくださったみなさんの署名を届けてきました。 この署名は、東京都の規定により直筆に限られていたため、いつもグリーンピースがお願いしているオンラインとは違い郵送、手渡しなどみなさまにはお手数をおかけしましたが、 10月10日の署名開始から約1か月で、792筆も集まりました。 ご署名をしてくださったみなさま、周りの方に署名を呼びかけたり、実際に集めてくださったみなさ...

2014/11/12 グリーンピース、地方議会から「集団的自衛権にNO!」 ――東京都議会に、集団的自衛権行使容認の閣議決定見直しを国に求める...

プレスリリース|2014-11-12 16:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)は、本日11月12日、東京都議会に、「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の見直し」に賛同する792筆の直筆署名簿を提出しました。グリーンピースは都議会に対し、集団的自衛権行使容認の閣議決定を国に見直すよう求める陳情書(注)を10月1日に提出しています。グリーンピースは、安倍内閣が憲法解釈を変更し、7月1日の同閣議決定が民主的な手続きを踏んでいないことを批判し、都議会をはじめとする地方議会から国に見直しを求めるよう、市民とともに活動して...

1 - 101220の結果。