グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

農薬ではなく生きものの力を借りた農業を

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-07-01

【特別インタビュー】石川県 楽園果実石橋農園 石橋英朗さん こんにちは、食と農業担当の石原です。 ネオニコ系農薬をはじめとした、化学農薬 は、ハチにも子どもたちの脳や神経にも危険。 だから減らしたい。 だけど、 農薬の効果に助けられている農家さんにとって、大きな負担になってしまうんじゃないの? みなさんから、よく聞かれる質問です。食と農業担当として勉強中のわたし自身にとっても、実は少し気がかりになっていたことでした。 ...

【関西電力】再稼動は危険なギャンブル

ブログエネルギー担当 柏木 | 2016-06-29

こんにちは。エネルギー担当の柏木です。 昨日は、神戸まで行ってきました。 関西電力の株主総会 に出席するためです。 株主総会は、株主として会社に対する提案や意見をしたり、経営陣に直接質問ができる機会。グリーンピースは、2012年から東京電力と関西電力の必要最低限の株式を購入し、毎年の株主総会に参加しています。 28日には、全国で大手電力会社の株主総会が開催され、エネルギーチームのリーダー高田は東京電力の総会に、わたしは関西電力の総会に、出...

【東京電力】汚染水の海洋放出は禁止を

ブログエネルギーチームリーダー 高田 | 2016-06-29

こんにちは、エネルギーチームリーダーの高田です。昨日6月28日、東京電力の株主総会に参加してきました。 グリーンピース・ジャパンは、 脱原発と一刻も早い自然エネルギーへの移行を求め 、株主総会に参加し、会社へ株主提案をしたり、議決権を行使するためために、東京電力と関西電力の株式を最小単位で(100株)購入しています。 株主総会では、経営陣の目を見ながら提案し、提案理由を述べることができ、会場に参加している株主や報道関係者にも直接伝えることができます。今回...

2016/06/28 グリーンピース、関西電力の株主総会でアピール行動 〜原発再稼動は「危険なギャンブル」と批判〜

プレスリリース|2016-06-28 14:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは6月28日、関西電力株式会社の第92回定時株主総会にて関電株主行動の会に参加し、同社に原発の廃炉の速やかな決定と安全な廃炉のために検証委員会を設置することを提案しました(注1)。同時に、会場前で株主に向けてアピールをしました。

世界を創る私たちひとりひとりの声

ブログエネルギー担当 関口 | 2016-06-24

みなさん、こんにちは。マモさんことエネルギー担当関口です。   2013年11月25日から2016年2月24日まで、グリーンピースでは、「とめよう再稼働」署名を集めていました。 最終的に日本全国、そして海外からの署名もあわせて、その数は 37,503筆 に上りました。署名は、募集開始時点で原子力規制委員会に再稼働審査を申請していた12の自治体の知事、そして内閣総理大臣を連名で受取人としています。 その署名を、6月21日付で鹿児島県伊藤知事、...

脱ネオニコに、あなたの一票を。

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-21

こんにちは、食と農業担当の石原です。 みなさん、いま、世界中からミツバチが減っていること、ご存知ですか?   日本だけ、世界の流れに逆行 via GIPHY 作物の受粉を助けるミツバチへの影響が次々と報告されているネオニコチノイド系農薬は、 ヨーロッパをはじめ、韓国、台湾、アメリカでも、どんどん使用規制 が進んでいます。   その流れに逆らうように、 日本では、新種のネオニコ系農薬が使用可能になったり、使ってい...

ダムからアマゾンの森をまもるために、知っておきたい6つのこと

ブログ高田久代 | 2016-06-21

こんにちは。プログラム副部長の高田久代です。 アマゾンの雄大な大自然。日本の人も大好きですよね! 今日は、アマゾンの”心臓部”ともいえる、アマゾンの森をまもる国際キャンペーンの紹介です。日本のみなさんに参加してもらいたい理由をブログにまとめました。 1. タパジョス川について知っておきたいこと タパジョス川はアマゾンの支流の一つ。ブラジル政府は、この流域に43基のダムを建設する計画です。 これらのダム建設は: ...

2016/06/21 住友化学はネオニコチノイド系農薬から撤退を 株主総会で発言・会場前アピール「脱ネオニコにあなたの一票を!」

プレスリリース|2016-06-21 14:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、住友化学株式会社の第135期定時株主総会会場前で、ミツバチなど生態系に影響があるネオニコチノイド系農薬の製造・販売を継続することはビジネスリスクだと指摘し、その製造中止と生態系農業の推進にビジネスモデルを転換するように求めました(注1)。グリーンピーススタッフとボランティア計13名が会場前に集まり、「脱ネオニコにあなたの一票を! Save The Bees」と書かれたプラカードを掲げ、株主に向けてアピールをしました。また株主に対して、住友化学の...

「ルール通りの農薬管理」の落とし穴

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-20

こんにちは、食と農業担当の石原です。 スーパーさんへのアンケートで、 消費者の食の安全のために「独自の農薬基準を持っていますか?」 と質問すると、多くの企業さんがこう回答しました。 「国のルールに則って農薬を使用しているので、独自の基準はない」 でも、 国が決めたルールに従うだけでは、消費者を農薬のリスクから守りきれない という事実があきらかになりました。 なぜなら…そもそも農家さんが購入する...

裁判でがんばる。動かさない。

ブログ鈴木かずえ | 2016-06-20

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 原子力規制委員会は今日、関西電力高浜原発1,2号機の運転期間延長を認可しました(6月20日)。 また今回も、実質的な議論もなく、規制庁の説明の後、粛々と認可されました。 老朽原発だった東電福島原発の事故の反省から、「原発は40年で廃炉」という原則が法律になってから、はじめての40年超え原発の期間延長。 さぞや大量の”審査書”となるだろうと思ったら、「審査の結果」のペーパーは、30ページ...

1 - 101637の結果。