グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

2015/08/31 太平洋クロマグロ資源回復のため管理強化を漁業国に呼びかけ ーグリーンピース、WCPFC北小委員会開催に合わせ要請ー

プレスリリース|2015-08-31 9:20

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)第11回北小委員会の開幕に合わせ、委員会及びその加盟国・地域に向けて、太平洋クロマグロに対して緊急的な保全措置を取る必要性を訴える下記の声明を発表しました。

一歩前進!ミツバチと子どもをまもる有機農業ー署名の一次提出をしました

ブログ食と農業問題 | 2015-08-28

みなさんこんにちは、食と農業問題担当の関根です。 「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」 へのご協力ありがとうございます。これまでにお寄せいただいた第一次集約分、10,118筆の署名をこのたび国会議員に提出しました。 今回の提出先は、有機農業に造詣の深い、超党派の有機農業推進議員連盟会長、宮腰光寛衆議院議員です(写真右から二人目)。     受粉で農業の実りをささえてくれるミツバチや、こどもに安全な食を守って欲しいというこ...

2015/8/28 共同声明 希少なアイスランド産ナガスクジラの鯨肉輸入を憂慮する(イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)

プレスリリース|2015-08-28 13:00

大阪港使用状況によると、今月30日にアイスランドからナガスクジラの肉1815トンを積んだ船(WINTER BAY)が大阪港に到着します。昨年、アイスランドで捕獲された137頭すべてです。ナガスクジラは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの絶滅危惧種に分類され、ワシントン条約では付属書Iに掲載をされているため商業取引を禁止されていますが、アイスランド国内では食習慣がなく、もっぱら日本向けに捕獲しており、アイスランドも日本も、「留保」という手段によって取引しています。

2015/08/27 グリーンピース声明、ミツバチに危険な農薬への規制強化を 欧州食品安全機関によるネオニコチノイド系農薬の最新リスク評価発表を受けて

プレスリリース|2015-08-27 18:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、現在ネオニコチノイド系農薬(注1)の使用規制が行われているヨーロッパで昨日、欧州食品安全委員会(EFSA)による同農薬の種子コーティングと粒剤以外の全用途に関するリスク評価(注2)が発表されたことを受け、下記の声明を発表しました。

虹の戦士号がゆく。マグロ産業に革命を!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-08-26

こんばんは。海洋生態系担当の小松原です。 相も変わらずテーマはマグロですが、今日は日本の近くを離れ、遥か遠く太平洋の南側で起きていることをお伝えします。ナビゲートしてくれるのは、私たちオーシャンチームのシンボルでもあるグリーンピースの船の一隻、虹の戦士号と私の同僚のクルーたち。 彼女らは、7月31日にニュージーランドのオークランドを出発し、今この瞬間も太平洋を航行中です! 世界最大かつ最深の海、太平洋は世界最大のマグロ漁場でもあります。今回が6度目とな...

ソーラー修行の旅その2 ソーラーの力でとことん遊ぶ!

ブログエネルギーチーム | 2015-08-24

こんにちは!グリーンピースジャパンのインターン、菊間です。現在、大学の夏休みを利用して、インターンシップをしています。 実は僕もそうだったのですが、太陽光(発電)というと最近では「固定買取制度」、「電力自由化」などの堅苦しいイメージを持っている人もいるかもしれません。 でもこの夏、「もっとソーラーについて知りたい!」というグリーンピースのエネルギーチームと一緒に、ソーラーワークショップに参加して、その考え方が変わったんです。 ...

行政が支えるオーガニック給食 サンパウロ市の挑戦!!

ブログ食と農業 石原 | 2015-08-21

こんにちは。食と農業担当の石原です。 今回は、アルゼンチン出身でグリーンピース・ジャパンにて短期ボランティアをしてくださっているレアンドロ・バルビエリさんからの寄稿をご紹介いたします。 尚、このブログは、バルビエリさんがブラジルの給食についてポルトガル語で調査したものを英語でまとめ、その文章を石原が日本語に訳しています。   ブラジルの都市、サンパウロ市で有機給食が実現! サンパウロ市は、1000万人以上の人口をかかえる南半球最...

ソーラー修行の旅その1 ソーラークッキングのプロに弟子入り

ブログエネルギーチーム 柏木愛 | 2015-08-20

「太陽って本当に、ありがたい。自然の恵みで生きています」 そうおっしゃるのは、日本ソーラークッキング協会の会長、鳥居ヤス子さん。 もっと自然エネルギーの可能性を知りたい!と思ったわたし柏木と、エネルギーチームのメンバーは、20年以上ソーラークッカーの普及活動を続けている鳥居さんに弟子入り(?)し、ソーラークッキングの魅力を体験してまいりました! 写真:ソーラークッカーで焼き芋をつくる鳥居さん。サングラスはソーラークッ...

天津爆発:グリーンピース、有害物質調査の緊急対応チームを派遣

ブログ事務局長|佐藤潤一 | 2015-08-20

中国の天津港近くで発生した大規模な爆発の犠牲になられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。 (更新:8月25日) 中国天津において化学物質保管倉庫が爆発した事故の発生を受けて、グリーンピースは8月14日に、緊急対応チームを現地に派遣しました。 今回の緊急対応チームは有害化学物質の担当やフォトグラファーなどの記録係からなり、事故現場において独立した立場で有害化学物質の汚染状況の科学的調査を行ったり、被害状況の記録を行っています。また中国の現地当...

戦後70年、次世代に「不戦」のバトンを

ブログ事務局長| 佐藤潤一 | 2015-08-14

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 今年、私たちは70年目の終戦記念の日を、平和憲法の危機という状況のもとで迎えている。 今、参議院の特別委員会で審議されている集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案は、違憲であり、昨年施行された特定秘密保護法と相まって、民主主義と国民主権を揺るがしている。この法案は、日本が他国の戦争に参加できる具体的な道を用意する戦争法案にほかならず、ただちに廃案とすべきである。 ...

1 - 101341の結果。