グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

グリーンピースもG7へ!その目的は…

ブログエネルギーチームリーダー 高田久代 | 2016-05-27

こんにちは、G7伊勢志摩サミットに行ってきました、エネルギーチームリーダーの高田です。会場にはたくさんの報道関係者とともに、市民団体(NGO)も詰め掛けました。グリーンピースも、海外のスタッフ、日本のスタッフのチームで、サミット初日の26日から現地に駆けつけました。現地の様子を報告します。   グリーンピースが参加した目的は? G7のような世界各地で行われる国際会議、国連の総合競技資格ももつグリーンピースはたびたび参加しています。そ...

【特別寄稿】ノーモア!オバマ大統領、広島で被爆者の声を聞いてください

ブログ宮地大祐 | 2016-05-27

「ピカドン(原爆)の朝、女学校で叔母は散った。その一日は、捜し歩いたお祖父ちゃんには一生だった」 これは、ある被爆2世の方が残した“コトバ”です。 オバマ大統領がG7伊勢志摩サミット後に広島を訪問すると聞いて、私は被爆した人々の“コトバ”を思い出しました。   祖父母の被爆体験と転機 私は現在、ヒロシマ・ナガサキで被爆された方々の被爆体験の聞き取り、そして継承することをライフワークとしています。始まりは幼少期に聞いた祖父母の被爆体験でした。...

2016/05/27 グリーンピース声明:G7伊勢志摩サミット首脳宣言・ 気候変動/エネルギーを受けて

プレスリリース|2016-05-27 15:00

国際環境NGOグリーンピースは、G7伊勢志摩サミットの首脳宣言を受けて、下記の声明を発表しました。

2016/05/26 グリーンピース、オバマ大統領の「核兵器のない世界」 ダブルスタンダードを批判〜オバマ氏の広島訪問を受けて〜

プレスリリース|2016-05-26 14:00

国際環境NGOグリーンピースは、本日26日、オバマ米大統領が27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)終了後に広島の平和記念公園を訪問することを受けて、在任中のアメリカ大統領が初めて広島を訪れる歴史的な訪問として歓迎します。しかしながら、その一方で核保有を拡大するオバマ大統領の姿勢は“ダブルスタンダード”であると批判し、米国が「核兵器のない世界」実現のために大胆に取り組むことを求めます。

2016/05/25 G7首脳は世界経済の脱炭素化に向けて早急な合意を

プレスリリース|2016-05-25 17:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、5月26日、27日に三重県伊勢市で開催されるG7伊勢志摩サミットの開幕に関して、以下の声明を発表しました。

生物多様性の日に贈る、地球上のかわいい生きもの7選

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-05-20

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 5月22日は、国際生物多様性の日です。 そこで、グリーンピースが世界で活動するなか出会った、ふだん簡単にはお目にかかれないかわいい生きものたちをご紹介しちゃいます!  スヴァールバル諸島で雪とたわむれる北極アザラシの赤ちゃん    アイスランドで夏毛をまとった北極キツネの子ども     ブラジル・アマゾン熱帯雨林にくらす、ティティモン...

2016/05/17 石炭火力発電所の新規建設による大気汚染・健康影響 東京・千葉/大阪兵庫エリアの調査最新レポート発表

プレスリリース|2016-05-17 11:00

本日5月17日、気候ネットワーク及びグリーンピース・ジャパンは、新レポート「新規石炭火力発電所による大気環境および健康への影響~東京 ・千葉エリアと大阪・兵庫エリアのケースタディ~」を発表した。 現在、日本では全国47ヶ所で石炭火力発電所の新設計画があり、その計画の多くが人口過密地域に近く、健康被害の影響も大きくなる可能性が高い。そこで、本調査では、東京の200km圏内にある10件の計画と、大阪・兵庫エリアの15件の計画を対象にして、その計画がすべて稼働した場合を想定して、大気汚染や健康...

原子力規制庁に聞きました。老朽原発の審査、どうなっているの?編その2 審査のズルを問う

ブログ鈴木かずえ | 2016-05-11

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。   © 2016高浜原発行政訴訟弁護団 高浜原発1,2号機は40歳を超える老朽原発であり、廃炉にするのが原則ですが、関西電力が運転期間延長を申請していて、現在、原子力規制委員会が審査中です。 4月25日、九州、関西などの市民団体*とともに、原子力規制庁に直接、質問をしました。呼びかけを見た市民など50人が集まりました。 このブログでは、審査でズルが行われていることを指摘した「原子力規制を監視す...

この類まれな憲法が日本にあることを心から祝う

ブログタマラ・スターク | 2016-05-03

ゴールデンウィーク、楽しんでいらっしゃいますか?   今日は、この国の憲法が施行されてから69年目を祝う国民の祝日です。 わたしは、カナダで生まれ、今、日本に住んでいる者として、今日が祝うべき日である理由に、思いを馳せずにはいられません。   第二次世界大戦後の1947年、日本は、平和憲法を選んだことにより、世界で特別な存在となりました。 平和憲法は、第9条で、戦争に反対し、周辺国であろうと地球の裏側であろうと、他国との争いの解...

ただ今、インド洋をパトロール中!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-04-29

おはようございます! 海洋生態系担当の小松原です。 今日は、グリーンピースの船、エスペランサ号がインド洋で行っている調査のお話です。 昨年の夏に、虹の戦士号が南太平洋をパトロールしていたことを覚えていらっしゃいますでしょうか? 今回は、まだまだ監視の目が行き届いていないインド洋が目的地です。 インド洋を旅する船の名は、エスペランサ。スペイン語で希望という意味の名を冠する船です。ステキ! さて、そんなエスペランサが、どん...

1 - 101609の結果。