グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

今からはじめよう オーガニックな暮らし!

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-07-26

こんにちは。食と農業の石原です。 7月23日土曜日、グリーンピース・ジャパンはオーガニックイベント、 「都会でできるオーガニックな暮らし」 を開催しました。 都会に暮らしながら、オーガニックな暮らし をするためにはどうすればいいのか? しばしば自然を求めて都会から脱出したくなる私にとっても、すごく気になるテーマです。 今回のスペシャルゲストは、 食と暮らしと環境をまるごと学ぶ「タカコナカムラWhole...

【2016年最新版】放射能調査の結果報告

ブログエネルギー担当 柏木 | 2016-07-22

こんにちは。エネルギー担当の柏木です。 グリーンピースが支持される最たる理由のひとつが、政府や企業から独立した国際機関としての独自調査です。今日は、独立した科学者の先行研究の結果と、福島県沖・河川と滋賀県・琵琶湖の放射能調査の最新結果をまとめたレポート、 『水に沈む放射能』 を21日に発表しましたので、みなさんにお知らせします。 東京電力福島第一原発事故からまる5年を迎えた2016年。2月から3月にかけて、グリーンピースのフラッグシップ船「虹の戦士号」とと...

2016/07/21 放射線調査結果:福島の川岸の汚染、琵琶湖の最大2千倍—— 福島から関西への教訓、『水に沈む放射能』レポート発表

プレスリリース|2016-07-21 14:10

国際環境 NGO グリーンピース・ジャパンは本日、宮城県の阿武隈川河口および福島県の沿岸と複数の河川の流域で2月21日から3月11日に実施した放射線測定と堆積物サンプリング調査の結果を発表しました。比較のために、3月22日から24日には関西電力の複数の原発から数十キロに位置する琵琶湖の堆積物も調査しました。その結果、阿武隈川(源流と主な集水域は福島県、河口は宮城県)、新田川、太田川の川岸は放射性セシウムによって高濃度に汚染され、最大で琵琶湖沿岸の堆積物の約2,000倍も汚染されていることが...

小売店からオーガニックのエネルギーが動きだす!

ブログ食と農業 石原 | 2016-07-21

こんにちは、食と農業担当の石原です。 アメリカやフランス、オランダなど、同じくらいの所得の国と比べて、 日本のオーガニック食品購入金額は最低レベル 。 同じアジアの 韓国や中国と比べてもオーガニックの作付面積が少ない … 数値で見てもやっぱり伸び悩んでいる日本のオーガニック業界。 どうして日本のオーガニックは伸び悩んでいるんでしょう?問題はどこにあって、どうしたら加速していくんでしょう? ...

1日800万トンのプラスチックが、世界の海に流れ出ている

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-07-20

こんにちは。海洋生態系担当の小松原和恵です。 きょうは、海をとりまく環境問題の中でも、とても身近な「マイクロビーズ」のお話をします。     マイクロビーズとは? 歯磨き粉やスクラブなどのパーソナルケア製品に含まれる、あのつぶつぶです。実はあれ、プラスチックの一種なんです。 製品表示で、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタラート(PET)、ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)...

同時にOK!電力会社スイッチとソーラーパネル設置:じぶん電力【電力会社レポート】

ブログエネルギー担当 柏木 | 2016-07-16

こんにちは。エネルギー担当の柏木です。 4月から始まった電力自由化で、どれくらいの人が電力会社を乗り換えたでしょう? その数、2%。 50世帯に1世帯 が乗り換えていることになりますね。 生活の基盤となる電気だからこそ、新しい電力会社に乗り換えるのはちょっと不安・・という方も多いと思います。 そんなみなさんにかわって、直接電力会社に会って、お話を聞いてくる 電力会社レポート をスタートします。 ...

「マグロがいる海がいい」ですよね?

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-07-15

こんばんは。海洋生態系担当の小松原です。 7月13日に、産卵期の太平洋クロマグロを守るキャンペーンを開始しました。 その名も 「マグロがいる海がいい」 です! 太平洋クロマグロの産卵場所があるのは日本の海だけ。 乱獲によって、今やもう残り 2.6% (*) しかいなくなってしまったマグロたち。産卵に帰ってきたマグロたちを守って、マグロがたくさん泳ぐ海に戻そうという願いを込めました。 * 大規模な漁業が始まる前の個体数と比較して ...

1607人の応援を心に!高浜裁判傍聴記

ブログ鈴木かずえ | 2016-07-14

こんにちは! エネルギーチームの鈴木かずえです。 「関西電力の高浜原発1、2号機(福井県)古すぎです。廃炉にしてください」と求める裁判を、グリーンピース・ジャパのシニア・グローバル・エネルギー担当のケンドラ・ウルリッチとともに傍聴してきました。ケンドラも私も、裁判の原告になっています。 初めての口頭弁論であるこの日のために、約3週間にわたって全国からの応援の”顔”を集めてきました。集まった応援の”顔”は、1607。この裁判の原告は76名ですが、こ...

2016/07/13 産卵期太平洋クロマグロの販売を半数以上の企業が問題視 資源回復のため、産卵期の保護ルールが急務 ーースーパー・生協・デパート・回転ずしの20社にアンケ...

プレスリリース|2016-07-13 14:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、国内大手のスーパーマーケット・生協5社、デパート5社、回転ずしチェーン10社を対象とした「産卵期の太平洋クロマグロの取り扱いアンケート調査」の結果を発表しました(注)。回答のあった16社のうち、半数以上の11社が産卵期の太平洋クロマグロの取り扱いは資源量減少に影響すると認識しつつも、販売を中止すると答えた企業はありませんでした。主な調査結果は以下の通りです。

1 - 101643の結果。