全国のエコラベル、調べてみました

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

ナスカの地上絵付近での活動に関するグリーンピース・ジャパンの声明>>

最新情報

 

Ocean Lovers 大躍進! 国連、公海の多様性協定に向けて歴史的一歩

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-01-29

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 先週(1/20〜1/23)、ニューヨークで開かれていた国連海洋法条約のワーキング・グループに参加していたグリーンピースのメンバーたちから嬉しいニュースが届きました。今日は、その内容をかいつまんでお伝えします。 (抜粋翻訳) 何年にもわたる交渉の末、ついに世界各国の政府が領海外の海洋生物を保護するために、法的効力のある協定を制定することが合意されました。この歴史的な決定によって、海洋保護区や公海...

2015/01/29 環境保全型農業のマークは、農薬の有無の明示を——全国47都道府県アンケート調査実施。エコラベル一覧発表

プレスリリース|2015-01-29 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは29日、全国47都道府県に対し、環境保全型農業の農産物を表すマーク等について行ったアンケート調査、および消費者への意識調査の結果を発表し(注1)、同時に一般消費者が農産物購入の参考にできるよう、都道府県別エコラベル一覧をウェブサイトに公開しました(注2)。

きのう農薬をまいたホウレンソウ、食べる? 意見を送ろう、ネオニコ残留基準のパブコメ募集開始

ブログ食と農業問題;関根 | 2015-01-28

みなさんこんにちは。 食と農業問題を担当している関根です。 ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品への残留基準を決める再検討が、昨年暮れに厚生労働省で再開(注1)され、新たな残留基準案に対して再びパブリックコメントの募集がはじまりました。締め切りは 2 月 21 日(土)です。 新たな基準案は、どう見ても、前回の1600通を超すパブリックコメントの意見を反映していません。実際、厚生労働省の説明も、食品安全委員会の検討結果を踏まえて、厚生労働省で...

電力会社の言い分を「ありのまま」反映?【結果追記】「原発すべて動かします」? 自然エネルギー普及目指す法律のルール改正がピンチ!

ブログ高田(気候変動・エネルギー担当) | 2015-01-27

(写真:氷に閉ざされた「ありのまま」が美しい北極圏) こんにちは、エネルギー担当の高田です。 先日、下記ブログ「『原発すべて動かします』?自然エネルギー普及目指す法律のルール改正がピンチ!」で、政府による意見公募(パブリックコメント、パブコメ)にコメントを送ってください、とみなさんに呼びかけました。 1月9日の締め切りまでに、全国から2025通のパブコメが管轄の経済産業省に寄せられたとのこと。パブコメしたみなさん、お疲れさまでした! ...

葛西臨海水族園だけじゃない?!海の中のミナミマグロもピンチ!パブコメに参加しよう!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-01-23

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 葛西臨海公園のマグロたちが大量死のニュース見ましたか? 水族園によると、69匹いたクロマグロは1月20日には3匹になってしまったそう。ガラーンとした水槽の映像を見ると、なんともいたたまれないキモチになりますね。 この物悲しい水槽ですが、海の中のマグロたちもまさに同じ状態。水槽のマグロたちの死因にはウィルスが関係しているかもしれないと、一部報道されていますが、海からマグロたちがいなくなっているのは、...

1 - 52205の結果。