オンライン署名

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 沖縄・辺野古のジュゴンをまもる
  • 原発再稼働をとめる
  • 食と農をまもる
  • 海をまもる

最新情報

 

4月25日は、ハッピー! 世界ペンギンの日!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-04-23

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 突然ですが、今週の土曜日、4月25日は世界ペンギンの日です! というわけで、今日は魚の獲りすぎ(過剰漁業)のお話しはお休みして、みんな大好きペンギンに焦点をあててみようと思います。   みなさん、ペンギンってどこに住んでるか知ってますか?寒いところ?北極?南極? よくペンギンとシロクマが一緒にいるイラストなんかを目にしますが、ペンギンは北極にはいないので、自然界において彼らが出会...

川内原発差し止めならず。でも今、日本の原発はぜんぶ停止中。各地の裁判を応援して、止めたままにしよう、1炉でも多く。

ブログ鈴木かずえ | 2015-04-22

(写真:GreenAction)   こんにちは。核・エネルギー担当の鈴木かずえです。 九州電力川内原発(鹿児島県)の再稼働差し止めならずーー 今日朝10時、鹿児島地方裁判所は、住民の訴えを退ける判決をだしました。 グリーンピースも 意見書 を出すなど協力しただけに、がっかりしています。 でも、たった今、日本の原発はぜんぶ止まっています。 原発のある市町村と道県だけでなく、もっと合意範囲を広げよという運動...

「ネオニコやめます」CSR報告書にも登場—アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系農薬を含む商品の取り扱いをやめると約束

ブログ食と農業問題 | 2015-04-18

皆さん、こんにちは。  食と農業問題担当の関根です。 最近、アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系の農薬を使った(入った)商品の取り扱いを段階的に廃止していくという方針をCSR報告書で公表しました。 企業は持続可能な社会との関係があってこそ存続でき、そのためには本来の事業活動を通して環境配慮・対策を行う社会への責任があります。この「企業の社会的責任」(CSR)を果たす行動の一つとしてネオニコチノイド系農薬を使った製品の取り扱いを段階的に廃止する...

こいのち × グリーンピース。トークイベント参加報告(オーシャン編)

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-04-17

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 先週末 4月11日(土)、世田谷こどもいのちのネットワーク(通称:こいのち)とのコラボイベント「おさかなクンだいじょうぶ?」にゲストスピーカーとして食と農業担当の関根と一緒に参加してきました。(農産物編は こちら ) ご参加下さったみなさま、この場をお借りしまして、改めてありがとうございました。   オーシャンチームは、過去の放射能汚染についての活動紹介と過剰漁業の問題についてお話しをしました...

こいのち × グリーンピース トークイベント参加報告(農産物編)

ブログ食と農業 | 2015-04-16

皆さんこんにちは。 食と農業担当の関根です。 4月11日、世田谷区こどもいのちのネットワークさん(通称:こいのち)とのコラボイベント「おさかなクンだいじょうぶ?」にゲストスピーカーとして海洋生態系担当の小松原と一緒に参加してきました。   食と農業問題の分野からは ネオニコチノイド系農薬をめぐっては、いま新しく始まっている署名運動と、それがなぜいま必要なの?という話をしました。ここでは、そのときお話ししたトピックを一つご紹介しま...

1 - 52250の結果。