農薬をむやみに使わないお米がいい!

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

開発のジレンマ SDGsはいったい誰のため?

ブログインターン河津 純子 | 2017-06-30

こんにちは、インターンの河津です。 6月21日、Human Rights Now主催の勉強イベント 第1回 国際人権法と持続可能な開発目標(SDGs)に参加してきました。講師は、国際人権法と国際環境法を専門にするニューヨーク州弁護士、Christopher Cade Mosley先生。多様なキャリアをお持ちの参加者とともに、開発を「人権」という視点から学びました。 アメリカの大学で政治学を学んでいる私は、もともと途上国の開発支援に興味があり留学しました。社...

2017/06/30 Greenpeace Statement: TEPCO Criminal Trial a Step Toward Justice for...

プレスリリース|2017-06-30 8:00

Today, the trial of three former TEPCO executives charged with ‘criminal negligence resulting in death’ for their role in the Fukushima nuclear disaster will open. Prosecutors contend that former TEPCO Chairman Tsunehisa Katsumata and two...

2017/06/30 グリーンピース声明:「正義の道への歴史的一歩」東電元会長ら強制起訴ーー初公判に期待

プレスリリース|2017-06-30 8:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日6月30日、東電福島原発事故にかかかわる業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の元会長ら3人の初公判が東京地裁で開かれることを受けて、以下の声明を発表しました。勝俣恒久元会長、および武藤栄氏、武黒一郎氏の両元副社長の3名は、津波の襲来を予見していたにもかかわらず対策を怠り、事故により13名の東電関係者や自衛隊員にけがを負わせ、福島県双葉町大熊病院の入院患者ら44人を避難の間に死亡させたなどとして、起訴されました。

8000億円の価値が再稼働にある? 関電株主総会出席報告

ブログ城野千里 | 2017-06-28

こんにちは。エネルギーチームの広報担当、城野です。   関西電力の経営陣に直接声を届けるため、関西電力株主総会にきています(注1)。 グリーンピースは、関西電力(以下、関電)とその株主に対して「提案」をするために、関電の株式を最小単位で購入しています。グリーンピースの持ち株だけでは株主提案ができないため、長年にわたって関電に脱原発提案をしている「脱原発へ!関電株主行動の会」の一員として、株主提案しています。 ...

IT企業がスマホを「若死に」させる5つの方法

ブログ高田久代 | 2017-06-28

もし、パソコンやスマホが長く使えて、簡単に修理できたら。買い換える必要がなく、そのお金を節約できたら。 …残念ながら、現実は違います。だいたいの IT 企業はわたしたちのスマホやノート PC を修理しにくく、そして長持ちしにくくしているからです。 グリーンピースは、アメリカの企業 iFixit と一緒に、ここ 2 年の間に、世界で人気のスマホやタブレット、ノートパソコン、 44 機種の修理のしやすさや、スペアパーツなどがすぐに手に入るかを調査しま...

61 - 652874の結果。