国連人権理事会の勧告を受け入れて 原発事故被害者の暮らしをまもってください

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

街頭呼びかけとサイレントキャンドル

ブログIppei | 2005-06-12

今日は土曜日という事もあり、少しゆったりとした感じでテント待機しました。午後になっても特に動きがないので、辺野古外での街頭呼びかけやサイレントキャンドルなどの活動に参加してきました。キャンプシュワブの門前で訴えました。

オイルが流れていってます

ブログIppei | 2005-06-12

おはよーございます。今日は朝からまずはテント待機となりました。昨晩8時頃に海上保安庁の巡視船が現れました。辺野古の港にも重油が流れ着いたそうです。今朝はこちらから船を出し、オイルの流出具合を調べています。船からの情報によると水陸両用車沈没周辺の海に、オイル流出しているのを確認しました。写真やビデオで撮影していて、宜野座の方にもオイルが流れていってます。

米軍沈没車からオイル垂れ流し発生!

ブログIppei | 2005-06-11

今日の阻止行動は、早めに3時ほどで引き上げました。米軍沈没車事故現場へと向かう海上保安庁の船の写真です。水陸両用車の沈没現場周辺には垂れ流された燃料の臭いが酷いです。海上の船から臭う程で、米軍は中和剤をまいたそうです。しかし海上保安庁や防衛施設局は、オイル垂れ流しにに対して全く対応を取ってなく、抗議や問い合わせをしても回答もしません。辺野古沖の海洋汚染が進んでいます!ヤグラからも見える辺野古のイカや魚、サザエ、そしてジュゴンはこの海でどう生きろというのでしょうか。

辺野古の海で初泳ぎ

ブログIppei | 2005-06-11

今日の海上阻止は平穏でした。米軍はゴムボート調査のみで正午頃からは撤収しました。作業船も来ないので、泳いだり足場板の上で横になったりしながら、のんびり待機でした。午後になると日差しも強くなり、3番ヤグラ近くが浅瀬になるので綺麗な海で泳ぎました。

米軍調査の様子

ブログIppei | 2005-06-10

9時頃、米軍の海兵隊がゴムボートにのり、沈没した水陸両用車を調査している様子です。遠目で見にくいですが、写真の真ん中黒い点が、米軍ゴムボートです。 今日は韓国のテレビ局が取材に来ていて、米軍調査の様子も船で接近して撮影していました。

2811 - 28152953の結果。