農薬をむやみに使わないお米がいい!

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

辺野古で31日午後工事強行の構え

ブログOffice | 2005-03-31

抗議の声を上げましょう! SAVE THE DUGONG IN OKINAWA, STOP THE AIR BASE 本日、辺野古で工事が強行される可能性! 海上調査阻止のため今すぐご協力ください

3月30日の辺野古

ブログYuka Ozaki | 2005-03-31

事業者は、第一ヤグラが傾いているので補強作業を今日にも行いたい、と文章にして説明しにきた。しかし、この補強作業はボーリング作業をいつでも出来る状況にする、ということだ。到底、容認できない。 建設見直しのニュースが流れる一方で、現場では、作業を急遽進めようとする動きがある。いつ事業者が強行手段にでてくるか分からない。辺野古に来れる人は一日でも現場に来て欲しい。

3月29日の辺野古

ブログYuka Ozaki | 2005-03-29

第一ヤグラを目指す途中の朝日。今日は暖かくなりそう。海上の活動では、風の向きや満潮、干潮を一日中気にして、常に自然と向き合っている。

3月28日の辺野古

ブログYuka Ozaki | 2005-03-29

朝から港に降り続ける大雨。座り込みく組は陸で待機。沖で待機の海人にボートで会いに行くと、海は見たことの姿に変わっていた。雨と霧で真っ白な海原に。右も左も分からなくなって、一瞬帰り道を見失う。 午後、雨があがって、第一ヤグラで待機すると、作業船はヤグラ上のエンジンをおさえるワイヤーを補強しにきた。安全面を考慮し、作業を容認。 大雨と雷に見舞われた日だったが、平穏に一日が終る。最後のひと仕事、ボート撤収。

3月26日の辺野古

ブログYuka Ozaki | 2005-03-27

土曜の夜はキャンプシュワブ入口前でサイレントキャンドル。18:30、皆ゲート前に集まり、出入りする米兵に辺野古の海の貴重さを伝える。 満月の夜、浜辺で満月ピースコンサート。基地建設反対を訴えて皆が集まる。すべての武器を楽器に、と反戦フォークシンガーまよなかしんやさんなどが呼びかける。次の満月、4月26日は世界中で満月まつり。

2841 - 28452916の結果。