農薬をむやみに使わないお米がいい!

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

8000億円の価値が再稼働にある? 関電株主総会出席報告

ブログ城野千里 | 2017-06-28

こんにちは。エネルギーチームの広報担当、城野です。   関西電力の経営陣に直接声を届けるため、関西電力株主総会にきています(注1)。 グリーンピースは、関西電力(以下、関電)とその株主に対して「提案」をするために、関電の株式を最小単位で購入しています。グリーンピースの持ち株だけでは株主提案ができないため、長年にわたって関電に脱原発提案をしている「脱原発へ!関電株主行動の会」の一員として、株主提案しています。 ...

IT企業がスマホを「若死に」させる5つの方法

ブログ高田久代 | 2017-06-28

もし、パソコンやスマホが長く使えて、簡単に修理できたら。買い換える必要がなく、そのお金を節約できたら。 …残念ながら、現実は違います。だいたいの IT 企業はわたしたちのスマホやノート PC を修理しにくく、そして長持ちしにくくしているからです。 グリーンピースは、アメリカの企業 iFixit と一緒に、ここ 2 年の間に、世界で人気のスマホやタブレット、ノートパソコン、 44 機種の修理のしやすさや、スペアパーツなどがすぐに手に入るかを調査しま...

養蜂家も、研究者も「スルホキサフロルを許可しないで!」

ブログ食と農業 関根 | 2017-06-27

こんにちは、食と農業担当の関根です。 みなさんが厚生労働省に送った、新ネオニコ系農薬スルホキサフロルに関するパブリックコメントが、6月21日に開示されました。 暮らしや養蜂の立場からの切実な意見、専門家から、スルホキサフロルの危険性を警告する科学的な意見など386件(95%以上が反対意見)です。 前回のパブコメ534件とあわせると900件を超える真剣な意見が厚生労働省に届けられています。以下のリンクで全文公開していますが(*1)、その中から...

東電新会長に訴えました。東京電力 株主総会出席報告

ブログ高田久代 | 2017-06-23

こんにちは。エネルギーチームの高田です。 グリーンピースは、経営陣に直接、脱原発を働きかけるため東京電力、関西電力、日立の株主となっています。(※) 今日は、株主として、東京電力株主総会に参加しました。   原発で経営もメルトダウン 朝、東京電力株主総会会場前で、「原発で経営もメルトダウン」とアピールしました。 東電新会長だけでなく、まさに原発で経営もメルトダウンしてしまった東芝の社長、それでも原発推進を続ける安...

ミツバチだけでなく、蝶や鳥にも...ネオニコ系農薬の環境へのリスクが明らかに

ブログ食と農業 関根 | 2017-06-22

みなさんこんにちは、食と農業担当の関根です。 ミツバチへのリスクが高い、という理由で各国で規制が導入されてきたネオニコチノイド系農薬。 これまでに世界中でたくさんの研究が行われ、養蜂用のミツバチだけでなくの野生の生き物や、環境への悪影響など新たな事実が次々とわかってきました。  グリーンピースでは6月21日、イギリスのサセックス大学の専門家に委託して、2013年以降に出された世界の科学的知見をまとめたレポート「ネオニコチノイド系農薬...

41 - 451938の結果。