事務局長ブログ

グリーンピース・ジャパン事務局長 佐藤潤一のブログです。
事務局長としての意見の他、普段の活動報告では伝えきれないグリーンピースの考え方、活動の裏側をご紹介していきます。

  • 2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

    2015年は、広島・長崎に原爆が投下されてから70年という節目の年となります。

    「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」

    そう刻まれた、広島の原爆慰霊碑の言葉をもう一度口ずさんだときに、これまでとは全く違うリアリティーを感じるのは私だけでしょうか?

    集団的自衛権の解釈変更、秘密保護法の施行、憲法9条変更の動きなどが、慰霊碑の言葉の響きを変えているのでしょう。70年目の今年、平和を脅かす政治の動きに歯止めをかけていきましょう。

    グ... >詳細を読む

  • 2014年、年末のご挨拶にかえて

    投稿日 - 2014-12-27 9:00

    【佐藤潤一の事務局長ブログ】

    皆様からのあたたかいご支援、ご協力のおかげで、2014年もグリーンピース・ジャパンは皆さまとともに重大な環境問題に取り組むことができました。

    特に、今年から開始したミツバチなどの激減の原因とされるネオニコチノイド系農薬の国内規制を目指したキャンペーンや、原発の再稼働を止めるための活動には、多くの方にご参加いただきました。おかげさまで、ネオニコ系農薬の規制緩和、原発の再稼働の両方において、世論の高まりをうけてをその動きを遅らせることができています。

    スタッフ一同、... >詳細を読む

  • 【佐藤潤一の事務局長ブログ】

    第47回衆議院選挙が公示された。

    師走の駆け込み選挙となるが、今回の選挙で問われているものはとてつもなく大きい。

    現内閣の環境・平和政策は0点

    第二次安倍内閣が進めてきた数々の政策は、「環境保護」、「平和な社会の実現」という観点から考えると、きわめて0点に近い。むしろ状況を悪化させているという点でマイナスをつけるべきだろう。

    現内閣の政策と、環境保護、平和を重視する政策とを簡単に比較してみると以下のようになる。

    このように並べてみると、アベノミクスとい... >詳細を読む

  • 「もう勘弁してください」は誰が言うべきか。

    昨日の沖縄県知事選挙で、沖縄県辺野古への基地移設反対を訴えた翁長雄志氏が、現職候補に約10万票の差をつけて圧勝した。

    あの綺麗な海を泳ぐジュゴンやウミガメ、そして海底で物言わず棲み続けるサンゴたちもこの結果を喜んでいるにちがいない。

    当選確定後、翁長氏は「『もう勘弁してください』との(沖縄県民の)切実な思いが今回の選挙にはあったと思う」と語った。しかし、本来「もう勘弁してください」と素直に負けを認め、基地建設の方針を撤回すべきは安倍政権ではないだろ... >詳細を読む

  • こんにちは。グリーンピース事務局長の佐藤です。今回も、前回のブログの続きでダムの話題です。

    前回紹介したサンルダムの工事現場を訪れた後に、北海道沙流郡平取町にある二風谷(にぶたに)を訪れました。

    もともと私は米国とメキシコでネイティブアメリカンの文化や抑圧の歴史を学んできたこともあり、先住民族である北海道のアイヌ民族の歴史に興味があったことと、そこに建設されている「世界最悪のダム」(注1)と呼ばれる二風谷ダムを訪問するのが目的でした。

    水ではなく、土砂がたまる危険ダム

    二風谷に到着する... >詳細を読む

1 - 580の結果。