サムスン、気候変動を悪化させないで

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

高浜原発、設計も古すぎる--高浜美浜老朽原発廃炉裁判傍聴記

ブログ鈴木かずえ | 2017-12-07

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 神戸製鋼スキャンダルで再稼動が延期 九州の玄海原発、福井県の大飯原発の再稼動が延期になりましたね。 データ不正を行った神戸製鋼部品の調査に時間がかかるためです。 「調査してください、情報公開してください」と何千人もの方が 声 をあげ、国会議員やメディアに働きかけた結果、より時間をかけた調査を行うことになったのではと思います! 神戸製鋼の不正は40年以上続いていたということですから、...

オーガニックのお米作りで、地域も自然も自分もポジティブに

ブログ広報担当 土屋 | 2017-12-05

こんにちは。食と農業チームの土屋です。 みなさんは普段、おいしい、うれしいと感じる、心から満たされる食事をしていますか?忙しさに追われる毎日で、ゆっくり目の前の食事を味わうことや、心から満たされる食事について、考える余裕がなくなっているかもしれません。 千葉県佐倉市でオーガニックのお米作りをしている小川さんは、小学生の時に描いた夢である 「小さな生きものがたくさんいる田んぼ」 を実現しようとしています。 写真:千葉県佐倉市の農家、小川さん ...

海をまもるスーパーヒーローになろうよ!!WCPFC年次会合の開催地マニラより

ブログ海洋生態系担当 岡田幸子 | 2017-12-04

こんばんは。海洋生態系担当の岡田幸子です。 私はいま、マニラで12月3日から始まった中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次会合に、グリーンピース・東南アジアのスタッフと一緒にオブザーバーとして参加しています。 写真1(年次会合の様子) 中西部太平洋で世界のマグロ類の65%がとられている WCPFCとは中西部太平洋にいるマグロなどの魚に関して取り決めを行う国際会議ですが、世界のマグロの総漁獲量の65%は、この中...

あなたのスマホ、どのくらいグリーン?

ブログギャリー・クック 上級ITアナリスト(グリーンピース・アメリカ) | 2017-12-04

こんにちは。グリーンピース・アメリカ 上級 IT アナリストのギャリー・クックです。 いまこのブログを読むために使っているスマホやパソコン、タブレットがどのようにしてあなたの手元に届いたか、知っていますか? きっとおしゃれな箱に入っていたでしょうが、そのかっこいい IT 製品が作られた時までスクロールバックしてみると、「おしゃれな」姿とは程遠い景色が見えてきます。 サプライチェーン(原料から製品ができるまでの製造過程)は石炭や原発などの環境...

2017/12/4 グリーンピース声明「北極を守るための歴史的合意を称賛」

プレスリリース|2017-12-04 13:30

アメリカ・ワシントンで12月1日(コペンハーゲン現地時間)、すべての商業漁業から北極海中央部の公海を保護する協定の国際的な枠組みが合意されました。アメリカ、カナダ、ノルウェー、ロシア、デンマーク、アイスランド、日本、韓国、中国、そしてヨーロッパ連合(EU)は、地中海とほぼ同じ大きさにあたる280万平方キロメートルの公海における16 年間の商業漁業の禁止に合意しました。これを受け、国際環境NGOグリーンピースは以下の声明を発表しました。

6 - 102915の結果。