グリーンピースに寄付をする 遺言・相続財産からの寄付

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

やんばるの森の世界自然遺産登録を喜べない理由

ブログ沖縄プロジェクトアシスタント 山本真知子 | 2017-11-17

沖縄北部の森「やんばる」の森が、世界自然遺産の候補になっています。もし登録されれば、知床、白神山地、屋久島、小笠原諸島につづく国内の世界自然遺産になります。でも、素直に喜べない事情があります。(文:沖縄プロジェクトアシスタント山本)  1. やんばるの自然 やんばるの森 高江という集落は、「やんばる」と呼ばれる豊かな自然に囲まれた地域です。世界で唯一の湿潤な熱帯照葉樹林を棲み処として生息している動植物が数多くいます。そこには、教科書等でも...

神戸製鋼不正スキャンダル:原子力規制委が電力会社に調査を文書で指示しない理由

ブログ鈴木かずえ | 2017-11-16

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 神戸製鋼の品質管理データ改ざん問題が毎日、新聞・テレビを騒がせていますが、神戸製鋼は、原発にもあらゆる製品を提供しています。(下図および 神戸製鋼パンフレット 参照)   グリーンピースは、原子力規制委員会に、電力会社と神戸製鋼に対し、調査・検査を文書によって指示し、その結果を公開するよう求めています。 11 月 15 日、原子力規制委員会で、それぞれの原発で安全上重要な設備に神戸製鋼...

2017/11/14 国連人権理事会の対日人権審査で、福島原発事故被害者の人権問題に懸念 ーー日本政府は勧告の受け入れを

プレスリリース|2017-11-14 22:10

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、スイス・ジュネーブで本日14日午前(現地時間)に行われた国連人権理事会による日本の普遍的定期的審査(UPR)(注1)の作業部会で、東京電力福島第一原発事故をめぐる日本政府の対応に複数の国の政府代表者が人権侵害の是正勧告を行ったことを受けて、日本政府がこれらの勧告を受け入れることを求めます。

2017/11/14 UN Human Rights Council’s Review of Japan voices serious concerns for...

プレスリリース|2017-11-14 22:10

Geneva, 14 November 2017 – This morning in the Working Group for the United Nations Human Rights Council (OHCHR) Universal Periodic Review (1) of Japan multiple nations raised concerns for Fukushima survivors’ human rights in the face of the...

気候変動の脅威にさらされている4つの美しい場所

ブログエネルギーチーム | 2017-11-14

1.ベネチア ( Venice )   今後、私たちが気候変動や北極圏の石油採掘を止めない限り、ベニスを訪れるときは、シュノーケルが必要になるかもしれません。新しい研究によれば、気候変動が止まらず、洪水防止施設が設置されなければ、ベニスは一世紀以内に水面下に没するだろう、と言われています。   2. アマゾンの森林( Amazon forest ) 南米のほぼ 40 %をカバーするアマゾンは、地球上で最大の熱帯雨林。残念ながら...

16 - 202916の結果。