プラスチック・フリーの暮らしをつくろう

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

悪天候が続きます

ブログDaisuke | 2005-05-10

朝になっても強い雨は続き、雷注意報も出ているという。 危険なので、朝になって到着した交代要員ともども撤収することになった。 警戒船と交渉。危険なのでお互いに退去しようと申し出るが、なかなかうんとは言わない。とはいえこちらから先に離れるわけにもいかない。 数十分双方ねばった後、警戒船は退去。それを見届けた後、私たちもやぐらを去った。

今晩も5番やぐら

ブログDaisuke | 2005-05-10

今夜も5番やぐら。屋根のある2階部分の周囲をブルーシートで囲んで部屋にする。しかし隙間風が多く、身体も濡れているのでかなり寒い。それに身をかがめないと動けない高さで、ずっと続く雨がシートにたたきつけられうるさい。けっして居心地はよくないが、まぁ人の住むところとして作られていないので仕方ないか。怖いのは、風の強さでやぐら全体がきしむこと。そもそも2週間程度の工事の間だけもつように作られた簡易建造物。それが半年も経っているんだからどこか崩れてもおかしくはない。朝まで大丈夫...

やぐらでの整備作業

ブログDaisuke | 2005-05-09

作業員が、やぐらについている安全灯の整備を申し出てきた。 安全灯がちゃんとつかないと、夜間に船がぶつかる危険もある。私たちは話し合いを拒否しているわけではないので、仕方なく立ち入りを許可した。ただ、ボーリング調査を進めるための作業はさせない。 見たところ、丁寧に仕事をしている。 一通り作業が終わって写真を撮って作業船に戻っていった。 が、まだやぐらの周りで止まって様子を見ている。しばらく留まるようだ。 午後に入って雨。その後こう着状態が続いたが、...

作業船がやってきた

ブログDaisuke | 2005-05-09

5番やぐらには、作業船が2隻、警戒船が1隻やってきた。

作業船出ました

ブログDaisuke | 2005-05-09

8:00ころ、シュワブからの合州国国歌と君が代の放送の後、それに合わせたかのように作業船が港を出た。今のところ10隻。連休はもう終わりだ。

2861 - 28652986の結果。