#命の楽園を守って

グリーンピースは、世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。特定の政治家や候補者ではなく脱原発を目指す活動を応援します。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

海上座り込み初参加

ブログYuka Ozaki | 2005-02-07

朝5:30起床、車で辺野古へ向かう。朝から雨。 6:00をすぎると、辺野古には20名前後の人々が次々と到着してウェットスーツ姿に変わる。 それぞれがホワイトボードを見て、今日はどのやぐらへ行くかを確認。 辺野古沖に立つ4つのヤグラに約4-5名ずつ振り分けられる。 ヤグラは5つ立てられていたが、第4のヤグラは台風の影響で撤去されたという。 初めて座り込む今日は、第5のヤグラへ行くこととなった。 やっと日が昇り明るくなっってきた7:00頃、宜野座村の海人(...

海上パレードに参加

ブログYuka Ozaki | 2005-02-06

2004年4月から那覇防衛施設局が辺野古沖で進め始めたボーリング調査を止めてきている人々は、海上に出るための船を持っておらず、カヌーで海上に出て、沖に立てられたヤグラで座り込みを行ってきた。 基地建設目的の調査作業を進める”那覇防衛施設局”と”基地建設反対派”の常に緊迫した状況下で、2004年12月には、座り込みをしていた人々が防衛施設局が率いる作業船の上に突き落とされて、怪我人がでる事態が起きている。 こうした状況を「これ以上放っておけない、海のことは俺...

沖縄入り

ブログYuka Ozaki | 2005-02-05

羽田空港を6:50AMに発つ飛行機に乗り、那覇へと向かう。沖縄・辺野古で進められている海上基地建設を止めるため、今日から辺野古での生活を開始。 那覇から車で約1時間、沖縄本島東海岸に位置する辺野古に到着。 辺野古漁港前にある本部と呼ばれる事務所を訪問。

配布資料 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

記事|2000-05-01 0:30

2011年5月1日 記者会見 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

配布資料 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

記事|2000-05-01 0:30

2011年5月1日 記者会見 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

2861 - 28652870の結果。