こんにちは、広報担当の土屋です。日本ではまだまだ寒さに震える日々ですが、とても嬉しいニュースがアフリカから舞い込んできました! 1月30日、グリーンピース・アフリカの事務局長を務めるンジェリ・カベベリが、長年の人権活動への功績を認められ、ケニアで栄誉ある『2017年度ムニール・マツルイ生涯人権擁護功労賞』*1を受賞したのです!
グリーンピース アフリカ 人権 
写真:ケニア・ナイロビにあるオランダ王国大使館で開催された全国人権擁護者連合(NCHRD-K)主催による式典に出席したンジェリ
受賞を決定したケニア全国人権擁護者連合(NCHRD-K)は、人権擁護者の安全性を確保するために、アドボカシー、能力育成と保護を推進している全国組織です。オランダ王国大使館が議長を務める「人権擁護者の保護についての作業部会」(HRD)と連携して取り組んでいます。
受賞したンジェリは、身にあまる光栄と感謝しながら、次のように語りました。
「これまで数多くの国際的な賞*2をいただいてきましたが、母国ケニアでの表彰は初めてで、ことわざでにあるように預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだと言われていますので、今回の受賞は今までで最大の勝利であり、最も嬉しい賞になりました」。
ンジェリの人権活動家としてのキャリアは30年以上に及びます。1982年、まだ少女だった頃、彼女は政治犯とされた人々の母親や妻の支援を開始しました。

人権活動家として脚光を浴びたのはその十年後、ケニアの政治犯の釈放を求めるキャンペーンに参加するため、「もったいない」で知っている方も多いと思いますが、環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、故ワンガリ・マータイ博士の自宅に招かれたときでした。

グリーンピース アフリカ 人権 
写真:セネガルでのメディア取材に答えるンジェリ

 

自由を手に入れるには、恐怖に正面から立ち向かうこと

ンジェリは、人権活動について、次のように話します。

「人権保護の活動は孤独で、いつも感謝されるわけではありません。でも、集中力と忍耐力、そして打たれ強さがあれば、私たちはインパクトを起こせます。自由を手に入れるには、恐怖に正面から立ち向かうことを学んだときです。人々はそれを勇気といいます」。

グリーンピース アフリカ 人権 
写真:コンゴの熱帯雨林で違法伐採された木材

人権問題と気候変動は切り離せない

人権擁護者としての長年の経験を活かし、ンジェリは現在、グリーンピース・アフリカを率いて、アフリカの市民によるアフリカの市民ための、環境正義を求める新たなうねりを巻き起こそうとしています。
人権と統治をめぐる争いに勝利しても、地球をまもる活動に敗北すれば、わたしたちはすべてを失うでしょう」とンジェリはいいます。
人権問題と気候変動は切り離すことができないのです。

グリーンピース アフリカ 人権 
写真:コンゴ・ヴィルンガ国立公園のマウンテンゴリラの赤ちゃん

ンジェリが今目指しているのは、環境運動を大きく盛り上げ、アフリカの市民が自分たちの未来に責任ある行動をとるよう促すことです。それは、アフリカ大陸を緑化して自然を回復させると共に、世界全体で環境正義を追求し、気候変動による影響を軽減させることで達成できます。
グリーンピース・アフリカは、現在、南アフリカ共和国、コンゴ民主共和国、セネガルの3カ国で、気候変動、魚の取りすぎの問題、熱帯雨林の破壊といった、大陸全体に影響を与える課題を解決するためのキャンペーンを実施しています。*3

グリーンピース アフリカ 人権 
写真:世界海の日に、「公正な漁業」を世界に求めるアクションに集まったセネガルの子どもたち

署名用紙はこちらから。

昨年10月、グリーンピースは避難されている原発事故被害当事者の方とともに国連人権理事会加盟各国に現状を訴えました。11月には、4か国から日本政府に対し状況改善の勧告が出されました(末尾参照)。
現在、この勧告を受け入れるよう政府に求める署名を実施中です。
あなたの声を、届けてください。

「いますぐ署名する >

グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や生態系への影響を明らかにしています。寄付という形でも一緒にグリーンピースを応援していただけませんか?

寄付する 

こちらもオススメ
オリンピック選手にオーガニックを届けよう!

「弱者をまもる国であれ」 原発事故被害者の人権に関する国連人権理勧告受け入れを求める署名を外務省に提出

新潟県知事講演:原子力政策と地域の未来は?

ワークショップを開催!安全安心なオーガニックのお米や野菜、どうしたらもっと身近になる?

ウナギの未来を変える。1000人アンケートから見えたこととは?

参考情報
*1 the 2017 Munir Mazrui ‘Lifetime Achievement Human Rights Defenders Award’ ケニアの「人権擁護者プログラム(HRD)」が表彰する賞の一つとして、人権擁護活動者を称えるために2016年に設けられたものです。
*2 ンジェリがこれまで受賞した国際的な賞:
The ‘Humanity Award’ by the Chamber of Lawyers, Frankfurt am Main for ‘Commitment to Law and Justice’
The ‘Democracy Ribbon’ by the City of The Hague  for ‘Commitment to Peace and Democracy’
The ‘ILO Wedge Award 2010’ in recognition of her work to increase women rights in Kenya.
*3 グリーンピース・アフリカ ウェブサイト(英語)http://www.greenpeace.org/africa/en/

ライターについて

土屋亜紀子 Akiko Tsuchiya 広報担当。北極から南極まで、国内外のキャンペーン情報を発信します。自然とともにある暮らし、オーガニック食材・玄米菜食を中心とした食養を実践中!とにかく猫をはじめとする動物が好き。

広報 土屋

Comments

あなたの返答を残す

Discussion

Close