グリーンピース最新NEWS

グリーンピースの活動最新情報をお知らせするページです。

メールマガジンをご希望の方はこちらから登録してください >>

最新情報

 

沖縄を”ブロックの下敷き”にしてはいけない〜辺野古・県民集会に参加してきました

ブログ広報 関本幸 | 2015-03-03

広報の関本です。2月22日、沖縄県辺野古の新基地建設に反対する「止めよう辺野古基地建設! 県民集会」を取材・参加するため、グリーンピースのスタッフ4名とビデオグラファーさんとで名護市辺野古を訪れました。 県民集会の様子。ゲート奥はキャンプシュワブ(2015年2月22日撮影)   「沖縄が”コンクリートブロックの下敷き”に」   辺野古の大浦湾では、基地建設を進めようとする沖縄防衛局が海底に設置した巨大なコンクリートブロ...

虫たちの活躍するWin-Win な農業〜高知県の天敵農法の現地を訪ねました

ブログ食と農業問題 | 2015-03-03

こんにちは、関根です。 食と農業チームでは昨年、化学農薬の代わりに天敵昆虫の利用が全国一進んでいる高知県を訪ねました。 黒潮の海と山に囲まれたの高知県では、昔から施設園芸(温室での栽培)が盛んです。狭い平地面積を最大限活用して、全国一の生産を誇る野菜がいくつもあります。 ナス、米なす、みょうが、しょうが、ししとう、 にら。 この中にも、天敵となる昆虫を活用することにより、化学農薬をほとんど使わずに生産されている野菜があります。 ...

日本基準<世界基準 !?  グリーンピースが明らかにした『世界最高水準』の実態 〜マモさんの、はじめてでも分かる川内原発の火山灰問題(その2)〜

ブログ関口守 | 2015-03-03

こんにちは。マモさんこと、エネルギー担当 関口です。 気がつけばもう3月。早いものですね。3月14日はホワイトデー。昨年はどんなだったっけと思い振り返ると、朝日新聞が「川内原発、今夏にも再稼働」なんて報じてたんですね。 夏が秋へ、冬へとずれ込みまた春が巡る・・・このまま動かないでいて欲しいなと思う春。 てなわけで、今日は先週に引き続き、グリーンピース委託レポート『川内原発と火山灰のリスク』(執筆:ジョン・ラージ博士)の気になる内容についてお伝えします...

2015/2/26 「新規制基準≠世界最高水準」火山灰リスクへの対応不十分、鹿児島県は再稼働同意の見直しを 〜グリーンピース委託レポート『川内原発と火山灰のリスク』発表〜

プレスリリース|2015-02-26 14:10

国際環境NGOグリーンピースは、本日2月26日、委託レポート『川内原発と火山灰のリスク』を発表し、原子力規制委員会(規制委)の定めた「原子力発電所の火山影響評価ガイド」が国際原子力機関(IAEA)の定めた「火山安全ガイドライン」を満たしていないこと、そして九州電力が川内原発1,2号機(鹿児島県)の再稼働審査にあたって大規模火山噴火に伴う火山灰などの影響を過小評価していることを明らかにしました(注1)。また、規制委と九州電力による川内原発の火山灰への安全対策は、アメリカの原子力規制委員会に比...

2015/02/20 グリーンピース、オンライン署名 「Save the Dugongs沖縄・辺野古のジュゴンを守ってください」 新基地建設中止を求めて2月20...

プレスリリース|2015-02-20 17:00

国際環境 NGO グリーンピースは、「Save the Dugongs沖縄・辺野古のジュゴンを守ってください」オンライン署名を 2 月 20 日(金)よりグローバルに展開します。日米両政府が米軍普天間飛行場の代替として、海を埋め立てて新基地建設を計画している辺野古の海域は、絶滅が危惧されるジュゴンに象徴される生物多様性豊かな海です。本署名の提出先はキャロライン・ケネディ駐日米国大使で、辺野古の海の環境保護と新基地建設の反対を求めて、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジアのグリ...

1 - 5487の結果。