グリーンピース最新NEWS

グリーンピースの活動最新情報をお知らせするページです。

メールマガジンをご希望の方はこちらから登録してください >>

最新情報

 

2016/11/21 『お魚スーパーマーケットランキング6』発表

プレスリリース|2016-11-21 11:00

〜不動の1位は通算5回目のイオン、2位は初参加のコープネット事業連合に、回答のあった12社のうち9社(75%)が明文化された調達方針を持たず〜

鹿児島でうったえた 原発部品強度不足問題

ブログ鈴木かずえ | 2016-11-18

こんにちは!エネルギーチームの鈴木かずえです。  (フランスで問題が発覚したフラマンビル原発 2004年の抗議行動) 3分の1の原発が止まっているフランス 58基あるフランスの原発が、3分の1も止まっているのをご存知ですか? 重要な部品に、強度不足があったからです。 鋼材に含まれる炭素が多すぎるともろくなります。そうした部品を持つ原発が18基もありました。(これまでのお話は こちら ) フランスの原子力エネルギー利用の歴史におい...

「沈黙の秋 」-ミツバチだけじゃないネオニコの影響(院内学習会報告その2)

ブログ食と農業 関根 | 2016-11-16

こんにちは、食と農業担当の関根です。 前回 につづき、院内学習会「ミツバチ・食・生態系を守るために」の様子をお伝えします。 二人目のスピーカーは科学者のマイケル・ノートンさん。ネオニコ系農薬の生態系への影響レポートをまとめた欧州科学アカデミー諮問委員会の一人です。この委員会(以下EASACと略)は、独立の立場でEUの政策決定に科学に基づいた助言をする役割があります。     ネオニコの影響、論文300本で検証 ...

ミツバチは農業の大事なパートナー、真剣に守ってほしい!(院内学習会報告その1)

ブログ食と農業 関根 | 2016-11-10

みなさんこんにちは、食と農業担当の関根です。 北風が吹いて、虫たちの姿が見えなくなる今頃が、じつはミツバチたちがハウスのイチゴ栽培などで大活躍を始める時期なのだそうです。     11月9日、養蜂現場の声や最新の科学的情報を伝え、ミツバチや食を守る法規制をつくってもらうため、国会議員を対象とした院内学習会を開催しました。 今年、農林水産省は3年にわたる調査の結果、ミツバチの減少の原因がネオニコを含む農薬との関連をようやく認めま...

日本メーカー部品問題でフランスの原発に停止命令ーー日本は?

ブログ鈴木かずえ | 2016-11-02

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 フランスで、原発機器に強度不足というニュースご存知ですか? 原発が58基もある原発大国フランス。 そのフランスで欠陥のある部材が使われているとして、 12基が、検査のために再稼働できなかったり、動いているものに停止命令が出るなどの事態となっています。 欠陥部材が使われたトリカスタン原発(写真は過去の抗議行動) 欠陥のある部材は、原子炉圧力容器、蒸気発生器など。どちらも、壊れれば、メルトダウ...

1 - 5678の結果。