グリーンピース最新NEWS

グリーンピースの活動最新情報をお知らせするページです。

メールマガジンをご希望の方はこちらから登録してください >>

最新情報

 

一歩前進!ミツバチと子どもをまもる有機農業ー署名の一次提出をしました

ブログ食と農業問題 | 2015-08-28

みなさんこんにちは、食と農業問題担当の関根です。 「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」 へのご協力ありがとうございます。これまでにお寄せいただいた第一次集約分、10,118筆の署名をこのたび国会議員に提出しました。 今回の提出先は、有機農業に造詣の深い、超党派の有機農業推進議員連盟会長、宮腰光寛衆議院議員です(写真右から二人目)。     受粉で農業の実りをささえてくれるミツバチや、こどもに安全な食を守って欲しいというこ...

2015/8/28 共同声明 希少なアイスランド産ナガスクジラの鯨肉輸入を憂慮する(イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)

プレスリリース|2015-08-28 13:00

大阪港使用状況によると、今月30日にアイスランドからナガスクジラの肉1700トンを積んだ船(WINTER BAY)が大阪港に到着します。昨年、アイスランドで捕獲された137頭すべてです。ナガスクジラは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの絶滅危惧種に分類され、ワシントン条約では付属書Iに掲載をされているため商業取引を禁止されていますが、アイスランド国内では食習慣がなく、もっぱら日本向けに捕獲しており、アイスランドも日本も、「留保」という手段によって取引しています。

2015/08/27 グリーンピース声明、ミツバチに危険な農薬への規制強化を 欧州食品安全機関によるネオニコチノイド系農薬の最新リスク評価発表を受けて

プレスリリース|2015-08-27 18:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、現在ネオニコチノイド系農薬(注1)の使用規制が行われているヨーロッパで昨日、欧州食品安全委員会(EFSA)による同農薬の種子コーティングと粒剤以外の全用途に関するリスク評価(注2)が発表されたことを受け、下記の声明を発表しました。

行政が支えるオーガニック給食 サンパウロ市の挑戦!!

ブログ食と農業 石原 | 2015-08-21

こんにちは。食と農業担当の石原です。 今回は、アルゼンチン出身でグリーンピース・ジャパンにて短期ボランティアをしてくださっているレアンドロ・バルビエリさんからの寄稿をご紹介いたします。 尚、このブログは、バルビエリさんがブラジルの給食についてポルトガル語で調査したものを英語でまとめ、その文章を石原が日本語に訳しています。   ブラジルの都市、サンパウロ市で有機給食が実現! サンパウロ市は、1000万人以上の人口をかかえる南半球最...

ソーラー修行の旅その1 ソーラークッキングのプロに弟子入り

ブログエネルギーチーム 柏木愛 | 2015-08-20

「太陽って本当に、ありがたい。自然の恵みで生きています」 そうおっしゃるのは、日本ソーラークッキング協会の会長、鳥居ヤス子さん。 もっと自然エネルギーの可能性を知りたい!と思ったわたし柏木と、エネルギーチームのメンバーは、20年以上ソーラークッカーの普及活動を続けている鳥居さんに弟子入り(?)し、ソーラークッキングの魅力を体験してまいりました! 写真:ソーラークッカーで焼き芋をつくる鳥居さん。サングラスはソーラークッ...

1 - 5544の結果。