グリーンピース最新NEWS

グリーンピースの活動最新情報をお知らせするページです。

メールマガジンをご希望の方はこちらから登録してください >>

最新情報

 

2万3655人の願い「子どもや食の安全を守って!」厚生労働省に提出

ブログ食と農業 関根 | 2016-09-08

こんにちは、食と農業担当の関根です。 昨年の署名開始から皆さんから、たくさんのご意見とともに寄せられたメッセージ、 「子どもには安全なものを食べさせたい」、「残留農薬の基準が高くて心配」、「ミツバチを守って!」。「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」23655筆を、9月2日に厚生労働省に提出してきました(*1)。     提出は、グリーンピースのほか、ネオニコチノイド系農薬の問題を早くから警告してきた市民グループ...

2016/09/02 グリーンピース声明:太平洋クロマグロ資源保護先送りに強い懸念 日本政府提案の太平洋クロマグロ緊急漁獲規制、合意に至らず ーWCPFC(中西部太平洋マグ...

プレスリリース|2016-09-02 12:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、2016年8月28日(月)から9月2日(金)まで開催されていたWCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)第12回北小委員会の閉幕を受けて、本日声明を発表しました。本会議で議論の焦点とされた太平洋クロマグロの保護管理措置に関して、日本政府が提案する緊急漁獲規制は、他の参加国に受け入れられず合意に至りませんでした。また、長期回復計画も具体的な進展がないまま閉幕しました。

2016/08/29 絶滅に瀕する「太平洋クロマグロ」救済のため 共同声明をWCPFC北小委員会に提出 〜グリーンピースとピュー・チャリタブル・トラスト、2年間の漁獲停止を提言〜

プレスリリース|2016-08-29 9:20

国連の総合協議資格を有する国際環境NGOグリーンピースは、米民間助成団体のピュー・チャリタブル・トラストと共に、本日8月29日(月)より開催されるWCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)第12回北小委員会(注1)に対し、共同声明を発表しました。2014年に絶滅危惧種に指定された「太平洋クロマグロ」の乱獲を終わらせるため、全ての商業的漁獲を2年間停止する措置を直ちに実施するよう要請しました。

ネオニコで野生のハチもピンチ!

ブログ食と農業 関根 | 2016-08-23

残暑お見舞い申し上げます。 食と農業担当の関根です。 台風がまだ続いて来そうですね。こんなとき、野生のハチたちも巣をまもるために懸命なのだろう、と想像します。 そんな野生のミツバチたちも、畑や果樹園を訪れ、花粉を運んで実りを助けてくれる、私たちの心強い味方です。 ところが先週、気がかりなニュースが飛び込んできました。 野生のミツバチも、ネオニコチノイド系農薬が使われるようになってから数が減ってきたというのです。 ...

保育園 ☓有機農家 = オーガニック給食

ブログ食と農業 関根 | 2016-08-09

みなさんこんにちは。食と農業担当の関根です。  ©KayoSawaguchi/Greenpeace 育ち盛りの子どもたちに、おいしくて安全・安心のオーガニックを食べてもらいたい!そんな熱い思いの有機農家さんや保育・幼稚園関係者の集うセミナー「保育園・幼稚園に有機給食を!」が先月30日に都内で開かれました(注1)。 主催の方のお話によると、このセミナーは保育施設と有機農家をつなぎ、幼稚園の給食をオーガニックにするヒントを集めたグリーンピースの...

1 - 5649の結果。