プラスチックフリーの暮らしをつくろう

6月の大阪府北部地震、7月の豪雨に続き、台風21号、北海道地震と、全国で災害が続いております。お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災されました皆さまに心からお見舞い申し上げます。
被災者の救済と被災地の復興支援のためにご尽力されている方々に深く敬意を表します。 皆さまが安全に、1日も早く平穏な生活を取り戻されることをお祈り申し上げます。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

2018/11/12 グリーンピース声明:アイスランドから日本への絶滅危惧種ナガスクジラの違法取引に反対

プレスリリース|2018-11-12 14:00

【アムステルダム、11月12日(現地時間)】国際環境NGOグリーンピース・インターナショナルは、各国間において絶滅危惧種の鯨肉の輸出入に関するワシントン条約(絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に従わない国に対し、貿易制裁を制定するよう、各国に要請しています。アイスランドは今年捕獲した147頭のナガスクジラの肉1,500トンを現在日本へ海上輸送しており、これは、ワシントン条約の合意をないがしろにしていることになります。

【食品ロス編】ドイツの市民と一緒に、循環する暮らし方を考えたら、ワクワクする未来が見えてきた

ブログ広報 土屋 | 2018-11-12

皆さんこんにちは。広報担当の土屋です。 先日、エネルギー担当の石川とともに、ドイツにある自然エネルギー100%を供給する協同組合、グリーンピース・エナジー(GPエナジー)のイベントへ参加するため、ベルリンに行ってきました。 今回は、使うエネルギーと、家庭から排出するごみをいかに減らし、物を循環させていくかについてがテーマです。 GPエナジーは、エネルギーという分野を超えて、衣食住といった私たちの暮らしを、より良い消費行動に変えていくための...

海の温暖化、消える漁場、サンゴの死

ブログエネルギーチーム | 2018-11-09

こんにちは エネルギーチームです。 先日、ハワイの世界遺産の島がハリケーンで消滅してしまった、という驚きのニュースがありました 。豊かな生態系を育む海洋保護区の中で、希少な生物の生息地だったこの島。専門家は、近年 海面水位が上昇を続けていることから、水没した状態が続くとみているそうです[1]。 10月に発表されたIPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)の1.5℃特別報告書によると、温暖化が海に与える影響も計り知れません。 ...

エネルギー転換は私たちの手で

ブログエネルギー担当 石川 | 2018-11-09

こんにちは。エネルギー担当の石川です。 グリーンピース・エナジー社(GPエナジー)訪問記も残すところあとわずか。だんだんとGPエナジーファンが増えていればとっても嬉しいです! 今日は、GPエナジーが2年に1度開催している市民参加型の「エナジーコングレス(エネルギー会議)」のご報告です。 エナジーコングレスは、GPエナジーの顧客や組合員だけでなく誰でも参加できます。今年は約150人がベルリンにあつまり、ヴィーガン(動物性食品を一切使わない)ラ...

自然エネルギーを選んで、未来をつくる

ブログエネルギー担当 石川 | 2018-11-05

みなさん、こんにちは。エネルギー担当の石川です。 先月、九州電力管内での自然エネルギー出力抑制が話題になっていましたね *1 。自然エネルギーが盛んなドイツでは、自然エネルギーの電気を優先的に接続させ、電力需給の調整を図る柔軟な考え方を採用しています。あまった電気をガスにする「Power to Gas」の技術は、グリーンピース・エナジー社(GPエナジー)でも活用しています。 そんなドイツで自然エネルギー100%を供給する電力会社、GPエナジ...

1 - 53119の結果。