今朝、世界中の人々が目を覚まして、世界各地でかわいいペンギンたちの姿を目撃しています。ソウルやシドニー、ブエノス・アイレス、ロンドン、ヨハネスブルグまで、電車で旅するペンギン、国際空港に降り立ったペンギン、有名な観光地に到着したペンギンが次々発見されています。でもこのペンギンたち、一体どうして旅に出たのでしょう?

実はこのペンギンたちは、地球で一番大きなサンクチュアリ・南極海保護区をつくろうというグリーンピースのキャンペーンの協力者です。それは、南極海に180万㎢もの海洋保護区をつくることをめざす一大キャンペーン。このサンクチュアリができれば、ペンギン、クジラ、アザラシたちにとっての安住の地となります。南極の動物たちのいのちの糧・オキアミを奪い去る大規模漁業は禁止となります。さらに、保護された海は気候変動の影響も抑えてくれます。私たちの海全体を健やかに保ってくれるサンクチュアリです。

このサンクチュアリを実現するには、世界のリーダーに訴えて、すべての生きものの共通の宝である海を保護することに合意するよう、説得するしかありません。そのために、今年またとないチャンスがやってきます。この10月、南極の海洋生物資源の保存に関する委員会が集まって、地球で一番大きなサンクチュアリを南極につくるという提案について話し合うことになっているんです。

私たちも、ペンギンたちと一緒に立ち上がって、「南極にサンクチュアリを」という声を世界のリーダーが無視できないくらい大きくしなければいけません。南極をまもるグローバル・ムーブメントに、あなたも参加してください!

そして、もしあなたも私と同じくらいこのペンギンたちの姿を気に入ってくれたら、ぜひブログをシェアしてください!

シドニーに到着!フライト直後だって、シドニーのオペラ・ハウスを見るためならボートにも乗ります。

アルゼンチンのブエノスアイレスで、日差しの中バス待ち。日陰を見つけたら飛び込みます。

ロンドンのブラック・キャブで街を探索。タワー・ブリッジがよく見えた!

南アフリカ・ヨハネスブルグでは、コンスティチューション・ヒルのあたりをお散歩。

地球の反対側に行ったら、あれこっちも雪景色。スウェーデン・ストックホルムから北極を目指します。

韓国・ソウルでは光化門へ。観光客モードON

世界で一番大きな街の一つ、ベルリンへ。スーツケースのステッカーコレクションがまた一つ増えた。

ベルリンのブランデンブルグ門へ。ガイドツアーも悪くない。

ドイツ・ハンブルグのカモメたちと友達に。

アメリカ・ワシントンナショナル空港で、観光客のためにポーズ。

韓国・ソウルを東西に分ける漢江。サンセットに間に合った。

ハンブルグの有名なミニチュア・ワンダーランドで、通りすがりの人に道を聞く。

ブエノスアイレス、ラ・ボカのカラフルでかわいいカミニートの特等席。

南極をまもるグローバル・ムーブメントに、あなたも加わってください!

南極をまもるムーブメントに参加

グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や生態系への影響を明らかにしています。寄付という形でも一緒にグリーンピースを応援していただけませんか?

寄付する 

ライターについて

グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。世界中の300万人以上の人々からの寄付に支えられ、企業や政府、一般の人々により良い代替策を求める活動を行っています。ぜひ私たちと一緒に、行動してください。

グリーンピース・ジャパン

最新情報

Comments

あなたの返答を残す

Discussion

Close